◎・World News

2010年10月16日 (土)

ビル・ゲイツ氏のチャリティ資金集めは桁違い

**

※- ビル・ゲイツ氏のチャリティ資金集めは桁違い

ビル・ゲイツ氏、40人の大富豪たちに財産の大半を寄付させる…総額20兆円

ビル・ゲイツ氏と言えば資産の大半を寄付すると表明したことで有名ですが、投資家中の投資家として有名なウォーレン・バフェット氏もまた、莫大な財産を寄付していることで知られています。

そんな二人が夕食しているときに、ある壮大な計画を立てたそうです。

世界有数の資産家である二人の考えたことは、アメリカの他の億万長者たちにも、財産の多くを寄付をさせようということでした。

二人の資産を合わせると900億ドル(約7.7兆円)に達するというゲイツ氏とバフェット氏の説得で、なんとすでに38名のビリオネアたちがその誓約にサインを交わしているそうです。

そこに含まれる人の中には、

ニューヨーク市長のマイケル・ブルームバーグ氏
パラマウント映画・20世紀フォックスのバリー・ディラー氏
オラクル・コーポレーションの共同設立者のラリー・エリソン氏
石油王T.ブーン・ピッケンズ氏
メディア業界人テッド・ターナー氏
デイヴィッド・ロックフェラー氏
映画監督ジョージ・ルーカス氏
投資家ロナルド・ペレルマン氏

などがおり、そうそうたる顔ぶれがズラリと並んでいます。
http://labaq.com/archives/givingpledge.org

バフェット氏はなかなか良いスタートを切ったと伝えており、彼とゲイツ氏、そしてゲイツ氏の妻メリンダさんで、フォーブスに掲載されたアメリカの最も裕福な人々のリスト400人に順番に電話を掛けたと言います。

ほとんどの人は彼らに会ったこともない人々ばかりでしたが、この誓約に参加することを説得していったそうです。

現在まで70~80人にコンタクトをとってみましたが、連絡がついたのは40人ほどで、まだまだあきらめないと力を入れているようです。

175億ドル(1.5兆円)の資産を持つブルームバーグ氏は、「全ての財産を自分の子供に遺すことは、何か間違っている気がした」と言い、「財産によって子供たちの人生を台無しにしてしまいたくない、子供たちもが自分で何か成し遂げたと思ってほしい」と述べています。

アメリカには400人のビリオネア(億万長者)がおり、彼らの財産は世界の40%の富でもあり、もし全員がこの誓約を交わしたならば、6000億ドル(約51.5兆円)が寄付されることになると言います。

現在交わされた40名だけでも寄付金の額は総額2300億ドル(約20兆円)に達しており、その中のほとんどの人が資産の50%以上を手放すと約束しているようです。

ちなみにバフェット氏ですが、彼は99%の財産を寄付するとしています。

この誓約はモラル的なもので法律的な契約書ではありません。

共同資金を集める場所があるわけでも、特定の組織を支援するものでもなく、それぞれ個人が、どこの組織に自分の資産を分配するかを決めるのだそうです。

彼らの名前と誓約書はこちらのウェブサイトで見ることが出来、たとえば、ジョージ・ルーカス氏は自分の財産を教育の改革のために寄付するとあり、それぞれがゲイツ氏とバフェット氏からどんなモチベーションを受けたかを説明しています。

金額が大きすぎて一般人にはピンと来ませんが、同じく欧米のサイトにもいろんな意見がコメントとして上がっていました。

抜粋してご紹介します。

・これは世界の終わりで僕が気づいてないだけ?

・ビル・ゲイツがどんな風に財産を築き上げてきたかは好きに言えばいいが、彼はよい使い方をしている。

・あと何人くらいがこれに参加するんだろう。

・彼らの財産がチャリティに効果的に使われることを期待しよう。

・もっと注目を浴びるべきだ。彼ら40の行動は世界のためにとてもいいことだ。とても良い影響も与えている。我々は感謝として特に何かを彼らにあげられるわけではない。

・バフェット氏とゲイツ氏は自分たちのお金で偉大なことをしている。二人を称賛だ。

・僕に半分くれたら、チャリティにそのうち75%をあげるんだけどなぁ。

・おい、ココだよ、ココ! 5億ドルの寄付? 2万ドルさえくれれば僕はもう十分だ。

・アンドリュー・カーネギーのことがあまり知られていないな。彼は一銭もチャリティに出さなかったが、3億5000万ドルを図書館や学校につぎ込んだんだ。チャリティを信用するには賢すぎたんだ。

・ほとんどの人は死んでから寄付するんだと予測。それでもまぁ気前が良いのには違いない。あと相続して欲しくない親戚と敵対するのにいい方法だ。

大半を寄付することもそうですが、自分の子どもに遺産を残さないというのも、なかなか難しいように思います。

実際に資産を持ってみないと、わからない感覚かもしれません

*-*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 4日 (火)

「ノアの方舟」・アララト山頂で発見

**

※- 「ノアの方舟」・アララト山で発見 - AFP

 

ノアの方舟 :確率99.9%で発見と探検チーム、トルコ・アララト山頂

 

4月29日- AFP、 旧約聖書に登場する「ノアの方舟(はこぶね、Noah's Ark)」を探す中国とトルコの探検家チームが26日、方舟が漂着したといわれるトルコのアララト(Ararat)山の山頂付近で、方舟の木片を発見したと発表した。

 

トルコと中国の「キリスト教福音派」の考古学者ら15人からなる探検チーム「ノアズ・アーク・ミニストリーズ・インターナショナル(Noah's Ark Ministries International)」が発表したところによると、木片はトルコ東部にあるアララト山の標高およそ4000メートル地点で発見した構造物から採取したもの。

 

炭素年代測定を行ったところ、ノアの方舟がさまよったとされる今から4800年前と同時期のものであることが確認されたとして、方舟のものであることにほぼ間違いないとの見解を示した。

 

探検チームに参加する香港のドキュメンタリー映像作家、楊永祥(Yeung Wing-cheung)さんは、「100%とは言い切れないが、99.9%は確信している」とAFPに語った。

 

発見された構造物はいくつかの部屋らしきものに分かれ、木の梁(はり)があるが、これはノアが動物を乗せた船室ではないか、と楊さん。

 

探検チームではこの構造物について、普通の住居の残がいなどではあり得ないと結論付けたという。

 

標高3500メートル以上で人の住まいが発見されたことは過去にないからだ。

 

楊さんによると、発掘作業が完了するまで現場を保存するためユネスコ(UNESCO)に世界遺産指定を申請するよう、地元自治体がこれからトルコ政府に要請する。

 

旧約聖書の物語では、堕落した人類を大洪水で滅ぼそうとした神が、ノアに方舟を作ってあらゆる動物をつがいで乗せるように命じる。

 

洪水が引いた時、方舟がたどり着いた陸地がアララト山の山頂とされている。

 

アララト山は中東で最も標高の高い山で、同山こそが本当に方舟が乗り上げ、乗っていた人間や動物の子孫が船を降りた場所だと信じる人は多い

 

*-* トルコ・アララト山頂 ( 私が読んだ聖書には「アララテ山」と書かれてあった記憶がある ? )

    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月22日 (月)

米医療保険法案が成立へ

**

※- 米医療保険法案が成立へ・国民皆保険へ

 

歴史的転換-下院が賛成多数で可決

3月21日(米国時間)、米下院の本会議で、オバマ大統領が内政の最重要課題に掲げてきた医療保険改革法案を賛成多数で可決した。

 

上院は昨年12月に通過しており、3000万人以上が新たに保険に加入可能となる医療保険改革法が大統領の署名を経て成立する。

 

先進国で唯一なかった「国民皆保険」制度が事実上導入され、米国の医療保険制度は歴史的な転換を遂げる。

オバマ大統領は成立を受けて、ホワイトハウスでまもなく声明を発表する

 

*-*

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月26日 (月)

イラクで連続テロ・130人以上が死亡

**

※- イラクで連続テロ・130人以上が死亡

 

イラクの治安、尚、不透明

 

10月25日、イラクの首都バグダッド中心部の法務省庁舎などの近くで自動車爆弾が2件連続して爆発し、ロイター通信などによると、130人以上が死亡、600人近くが負傷した。

 

バグダッドでは8月にも首都中枢を狙った連続テロで約100人が死亡しているが、死者数でそれを上回り、今年で最悪規模の惨事となった。

 

地元治安当局によると、法務省や労働省近くの交差点で車が爆発。

 

首都行政庁舎の近くでも爆発があった。

 

周辺の建物の壁やガラスが崩れ落ちたほか、近くの車数十台も破壊、炎上し、死傷者が多数に上った。

 

ダッバーグ政府報道官は国際テロ組織アルカイダ系の武装勢力か、旧フセイン政権の支配政党バース党の残党が犯行に関与しているとの見方を示した

 

*-*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 7日 (火)

中国・新疆の暴動、死者140人に

**

※- 中国・新疆の暴動、死者140人に  -web news-

 

7月 5日、中国:新疆ウイグル自治区の区都ウルムチで5日夜に発生した暴動で、国営の新華社などは6日、少なくとも住民ら140人が死亡、828人が負傷したと報じた。

 

暴動は同市中心部で発生しており、多数の商店や車両が放火、破壊されるなどの被害が出た。

 


新華社は、亡命ウイグル人で組織する「世界ウイグル会議」(本部・ミュンヘン)がインターネットなどを使って「勇気を持て」などと暴動を扇動したと指摘した。


中国当局は国外からの指揮を受け、国内の組織が実行した暴力犯罪と判断。


中国は10月に建国60周年の記念式典を控えており、事態を重視した中国指導部は今後、同自治区を中心に国内の引き締めを一層強化するとみられる


*-*

    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月13日 (火)

イスラエル軍・ガザ人口密集地へ

**

※- イスラエル軍・ガザ人口密集地へ進行

 

1月11日、パレスチナ自治区ガザへ侵攻しているイスラエル軍は、10日夜から11日にかけ、北部にあるガザ市近郊など人口密集地域の一部へも地上部隊が進行した。

 

イスラム原理主義組織ハマスの戦闘員と激しく交戦した。

 

先月の空爆開始後のパレスチナ人の死者は880人を超えた。

 

イスラエルのオルメルト暫定首相は11日の閣議で「我々は目標に近づいているが、到達にはさらに忍耐が必要だ」と述べて軍事作戦継続の意向を表明した。

イスラエル軍は10日夜以降に戦車や歩兵部隊がガザ市の南東部や北西部などに侵攻。

対戦車ミサイルなどで応戦するハマスと激しい戦闘となった。

空爆ではガザ全域で60カ所以上を攻撃した

*-*

     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月31日 (水)

ウガンダ武装勢力が480人虐殺か

**

※- ウガンダ武装勢力が480人虐殺か  -web news-

 

キリスト教系国際慈善団体カリタス(本部バチカン)は30日、コンゴ民主共和国(旧ザイール)北部で先週のクリスマス期間中、ウガンダのキリスト教原理主義反政府勢力「神の抵抗軍(LRA)」が住民約480人を殺害したとする声明を出した。

 

声明によれば、スーダン国境沿いにあるファラジェで25、26の両日、教会などがLRA部隊に襲われ、約150人が死亡。

 

このほか、少なくとも4地域でも同様の襲撃があり、計336人が殺害された。

 

避難民は6500人に上り、拉致された子供もいるという

 

*-*

     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 5日 (水)

Barack Obama,勝利

** 
※- Barack Obama - It won.   -web news-


 

Barack Obama, a 47-year-old first-term senator from Illinois,

 

shattered more than 200 years of history Tuesday night by winning election as the first African-American president of the United States.


A crowd of 125,000 people jammed Grant Park in Chicago, where Obama addressed the nation for the first time as its president-elect at midnight ET.

Hundreds of thousands more — Mayor Richard Daley said he would not be surprised if a million Chicagoans jammed the streets — watched on a large television screen outside the park.

“If there is anyone out there who doubts that America is a place where anything is possible,

who still wonders if the dream of our founders is alive in our time,

who still questions the power of our democracy, tonight is your answer,”

Obama declared.

*-*

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメリカ大統領選・オバマ氏勝利


**

※- アメリカ大統領選挙・オバマ氏が勝利宣言

 

   

 

2008年11月 4日、アメリカ大統領選の投票が東部地区から始まり順次全米各州で行われた。

 

即日開票の結果、米国の「 Change = 変化 」を掲げた民主党のバラク・オバマ上院議員が当選を決めた。

 

共和党政権のジョン・マケイン上院議員は敗北宣言してオバマ氏へ、おめでとうのメッセージを送った。

 

米国史上、初のアフリカ系(黒人)の大統領が誕生する事になる。

 

副大統領には、オバマ氏が選挙戦を共に戦い、既に指名している民主党のジョセフ・バイデン上院議員が就任すると思われる。

11月  4日の深夜、地元シカゴで10万人近くの観衆を前にオバマ氏が演説した。

「米国民は今夜、我々は一つの合衆国なのだというメッセージを世界に発した。変化が米国に訪れた。この勝利はあなた方のものだ」と観衆に勝利宣言した!!

*-*

 2008年11月 5日 ”風の道草”

     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月31日 (木)

ジンバブエは極端なインフレ

**

※- 通貨単位を100億分の1へ ジンバブエ( 南部アフリカ )

 

極端なインフレが続く、アフリカ南部のジンバブエでは、中央銀行が経済の混乱に歯止めをかけようと、8月から通貨単位を100億分の1と大幅に切り下げる、デノミを実施すると発表した。




ジンバブエでは、ムガベ政権が白人の農地を強制的に収用したことで、農業生産が落ち込んだり欧米諸国から経済制裁を受けたりして経済が破たん。

物価は1年で2万倍を超える極端なインフレに陥り、7月には最高額の紙幣として1000億ジンバブエドル紙幣まで発行されています。

こうしたなか、ジンバブエの中央銀行は30日、経済の混乱に歯止めをかけようと、8月1日から、通貨単位を100億分の1に大幅に切り下げるデノミの実施を発表しました。

これによって、100億ジンバブエドルはゼロを10個取り払い、1ジンバブエドルになります。

しかし、国際社会からの本格的な支援は、独裁的なムガベ政権の下では望めそうになく、経済建て直しの見通しはまったく立っていないのが現状である


*-*

    

| | コメント (0) | トラックバック (0)