聖書、仏教、文化

2007年11月29日 (木)

釈迦・仏教・仏典


**

※- 釈迦・仏教・仏典 -※


  *-(R-78)  仏教.TXT
  ================== 1996.12- 4 GS
  *******************************************************
  * :::::::::::::::::::::::::::::::::::::  *** ※= 仏典 =※ ***  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: *
  *******************************************************
  ※-  しゃか 【 釈迦 】  -※
  =====================
  {梵}
  (1)紀元前七~六世紀頃、ヒマラヤ山麓ネパールに居住していた部族。
       釈迦 も釈迦族の出身。
 
  (2)仏教の開祖
  *- 姓はゴータマ、名はシッタルタ。
  *- 中部ネパールの釈迦族の中心地迦毘羅(カビラ)城に浄飯王(ジヨウボンノウ) の子として生まれる。
  *- 母は摩耶夫人(マヤブニン)。
  *- 29歳で出家、35歳で悟りを得た。
  *- 後、 鹿野園(ロクヤオン)で五人の修行者を教化し(仏教教団の成立)、以後八◯歳で入滅(ニユウメツ)するまで教化の旅を続けた。
 
 
  ※- 教説は 四諦(シタイ) ・八正道 ( ハツシヨウドウ ) ・十二縁起などでまとめられる。
  -----------------------------------------------------------
  *- 生没年は紀元前463 ~ 383年、同560 ~ 480年 など諸説ある。
 
  *- 釈迦牟尼 ( シヤカムニ )。釈尊。釈迦如来。
  
  
 
  ※- 四諦 [ シタイ ] ※- 八正道 [ ハッショウドウ ] 
  ========================================
  ※- 十二縁起 [ ジュウニエンギ ]

  ***- 安心立命 -*** ・・・・・・・・・・・・・・・ ***-初転法輪= 四聖諦-*** -・・・・・・*
 
  *-人生は苦であり 一切は無常である       この世は苦である 苦の原因は
     ---------------------------
    苦悩は自我に執着する迷妄から生ずる     世の無常と人間の執着にある
    -------------------------------
    この煩悩から解脱して無我の境地に立って  無常の世を越え、執着を絶つことが
    ----------------------------------
    安心立命せよ。                                  苦滅の悟りの世界である 滅諦に
    =============
                                                        至る為には八正道の正しい
  *-健康は最高の利得であり
    ---------------------                          修行法による
    満足は最高の宝であり
    ------------------
    信頼は最高の友であり                       ***-  八正道  -***
    ------------------
    安らぎは最高の楽しみである。              1-正見    ( 正しい見解 )
    -----------------------               2-正思惟 ( 正しい思い )
                                                    3-正語    ( 正しい言葉 )
  *-忍耐、 堪忍は最上の苦行である            4-正業    ( 正しい行為 )
    --------------------------             5-正命    ( 正しい生活 )
    安らぎ(ニルヴーナ)は最高のものである。   6-正精進 ( 正しい努力 )
    -------------------------------     7-正念    ( 正しいきずかい )
                                                              8-正定    ( 正しい精神統一 )
  
  
***- 十二因縁 [ じゅうに  いんねん ジフニインエン ] -***
  
〔仏〕迷いの世界の姿を
無明(ムミヨウ)・行・識・名色・六処・触・受・愛・取・有(ウ)・生(シヨウ)・老死
------------------------------------------------------
の 十二の因果関係から説いたもの。
        
無明と行を過去、識から有までを現在、生と老死を未来にあてる解釈と、
存在のあり方を説明しているとする解釈とがある。
        
十二因起。十二縁門。十二牽連。
        
*-無明 = 知恵がないこと。無知なこと
*-行    = 行い(性的行い)
*-識    = 子供を身ごもる
*-名色 = 胎児の成長
*-六処 = 胎児に感覚器官が出来る ( 耳 ・ 目 ・ 鼻 ・ 舌 ・ 身 ・ 意 )
*-触    = 生まれて成長し、 色々な事に接し体験する
*-受    = 体験した経験を認識する
*-愛    = 求愛 ・ 自分の好む物 ・ 自分本位 ・ 差別的なこと
*-取    = 娶る(結婚する) ・ 自分のものにする ・ 取得する 
*-有    = 懐妊する ・ 産み出す行い ・ もちもの ・ そこにある
*-生    = 生まれる
*-老死 = 年をとって死んでゆく
*-----------------------------------------------------------------------*
  
  
*- ぶっきょう 仏教
========================      
〔仏陀が説いた教えの意〕紀元前五世紀(一説に六世紀)に釈迦が開いた宗教。
インドにおこり、ほぼアジア全域に広まった。
  
*-この世を苦しみ・迷いの世界と見、苦行にも悦楽にも偏らない正しい実践によってそこから脱け出ること、さらには迷いに沈む生きとし生けるものを救うことを目ざす。

 

発展史的に原始仏教・部派仏教(小乗仏教)・大乗仏教、伝来の相違により 南伝(南方仏教)・北伝(北方仏教)などの区別が立てられるが、受容された地域の特殊性や社会変動によって多様な信仰に展開した。

 

*-*

 

         

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旧約聖書-2


**

※- 旧約聖書-2

                                                                                                           Route

 ※- (+3362年 ~ +3444年) :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-*
  ※-【**- バビロン捕囚 -**】*-歴代上 3-17(P-566) *-エレミヤ 52-28 (P-1139)
 
  *-捕虜となったエホヤキムの子孫 (*47-エコニア 、 *-ゼデキヤ ) (P-566)
 
  *-捕虜となったエコニアの子     (*48-ネダビヤ、    シャルエル、  マルキラム、)
                                 (    ペダヤ、      セナザル、    エカミヤ、  )
                                 (    ホシャマ、   )
 
  **- バヒロン捕囚 -** (P-1139)  *-エレミヤ書 第52章28節 ---------------------**
 
  *-ネブカデレザル の 治世 第 7年      3.023人  (+3362年 *-エホヤキムの時代)
                                      第18年        832人  (+3373年 *-ゼデキヤ  の時代)
                                      第23年        745人  (+3378年 *-70年間荒廃の時代)
  *-総数 4.600人             合計 4.600人
  ========                  ------
 
 
  ※- (+3374年) :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-*
  **- 南北王朝滅亡 -**
  ===================
   *- 北イスラエル王国の滅亡 ・・・ *+3239年 から 135年後 南ユダ王国滅亡
   *- 南ユダ王国の滅亡 ・・・・・・・・・ *+3374年
 
  ※- アブラハム  +3374年 (紀元前では 607年といわれる) = +3393年 差-19年
  ============
  ☆- ヤコブ      +3589年
 
 
  ※- (+3374年 ~ +3444年) :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-*
  ※-【**- 70年間の荒廃 -**】 *- 歴代下 36-21(P-650) =======================-*
 
  ※- アブラハム  +3444年
  ============
  ☆- ヤコブ      +3659年
  
  ※- (+3444年 ~ +3490年) :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-*
  -【**- 第一次の帰還 -**】-※(P-566)・(P-651) =============================-*
  **- 捕囚帰還 -** (P-653) *-エズラ記 2-64   *-ネヘミヤ記 7-66          -**
 
  *- 第1の帰還 -*(P-651) ---------------------------------------------------
  *-ゼルバベル  *-エシュア     *-ネヘミヤ    *-セラヤ      *-レエラヤ 
  *-モルデガイ  *-ビルシャン   *-ミスパル    *-ビグワイ    *-レホム   
  *-バアナ
  -------------------------------------------------------------------------
 
  *-帰還 会衆は ・・・・・ 合わせて  42.360人
  *-しもべ 、 はしため   合わせて   7.337人
  *-歌う男女    ・・・・・    合わせて     200人
                                     合計  49.897人
                                    -------
  *- 総数  49.897人
  =========
  *- 第一捕囚 帰還総数 
 
 
  *48-ネダビヤの子 ・・・ (*-ゼルバベル、 シメイ。)
 
  *49-ゼルバベルの子・・ (メシュラム、 *-ハナニヤ、 シロミテは姉妹。 と ハシュバ、)
                       (オヘル、 ベレキヤ、 ハサデヤ、 ユサブ・ヘセデ。・・・の 5人)
 
  *50-ハナニヤの子 ・・・ (ペラテヤ、 エシャヤ、 レバヤ、 アルナン、 オバデヤ、 )
                                  (*-シカニヤ。  )
 
  *51-シカニヤの子 ・・・ (*-シマヤ。)
 
  *52-シマヤの子 ・・・・・ (ハットシ、 イガル、 バリア、 *-ネアリア、 シャバテ。 )
 
  *53-ネアリアの子 ・・・ (*-エリオエナイ、 ヒゼキヤ、 アズリカム。  )
 
  *54-エリオエナイの子 (ホダヤ、 エリアシブ、 ペラヤ、 アックブ、 ヨハナン、 )
                       (デラヤ、 アナニ。                      ・・・ の 7人 )
  -----------------------------------------------------------------------
 
 
  ※- (+3444年 ~ +3490年) ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-*
  ※-【**- 主の宮 ・ 再建 -**】*- ヨハネ福音 2-20  46年間(P-138) ===============-*
   *- 神宮の完成 -* --------  *- エズラ記 ダリヨス王 治世 6年(+3490)(P-657)
 
  ※- アブラハム  +3490年 ・・・ ※- 聖書でわかる年代 [+=アダムからの年代]
  ============== =========
  ☆- ヤコブ       +3705年     (+=マークはアダムからの年代)
 
  *-----------------------------------------------------------------------*
  
  

  -【**- 第二次の帰還 -** 】-※(P-658 ~ P-660) *-アルタシャスタの7年 =========*
   *- エズラの帰国  アルタシャスタ王 7年 正月1日にバビロンを出て5月1日に
                    エルサレムに着く。(P-658)(エズラ 7- 7)
 
  *-エズラ は セラヤの子  ←・・・・・ $-祭司長アロン
    (*セラヤ、 ←*アザリヤ、 ←*ヒルキヤ、 ←*シャルム、 ←*ザドク (P-658)
 
  *-ゲルショム  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ( ピネハスの子孫 )
  *-ダニエル    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ( イタマルの子孫 )
  *-ハットシ は *-シカヤの子 ・・・・・・・・・ ( ダビデの子孫 )
  *-ゼカリヤ    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  ( パロシの子孫 )
  *-エリヨエナイ は *-ゼラヒヤの子 ・・・ ( パハテ・モアブの子孫 )
  *-シカニヤ は *-ヤハジェルの子 ・・・・ ( ザッツの子孫 )
  *-エベデ   は *-ヨナタンの子 ・・・・・・・  ( アデンの子孫 )
  *-エサヤ   は *-アタリヤの子 ・・・・・・・ ( エラムの子孫 )
  *-ゼバデヤ は *-ミカエルの子 ・・・・・・ ( シバテヤの子孫 )
  *-オバデヤ は *-エヒエルの子 ・・・・・・ ( ヨアブの子孫 )
  *-シロミテ は *-ヨシピアの子 ・・・・・・・  ( バニの子孫   )
  *-ゼカリヤ は *-ベバイの子 ・・・・・・・・・ ( ベバイの子孫 )
  *-ヨハナン は *-ハッカタンの子 ・・・・・  ( アズガデの子孫 )
  *-[*-エリベレテ、 *-ユエル、 *-シマヤ]  ( アドニカムの子孫 )
  *-[*-ウタイ、 *-ザックル、] ・・・・・・・・・・   ( ビグワイの子孫 )
  *-ヤレビヤ    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   ( マヘリの子孫 ) ← ・・・ $-レビ
  *-[*-ハシャビヤ、 *-エサヤ] ・・・・・・・・・  ( メラリの子孫 ) ← ・・・ $-レビ
 
 
  **- エズラによる アハワ川の集会 -** ========================================*
  **- ( 首長たる人々 ) -**
  *-エリエゼル
  *-アリエル  
  *-シマヤ    
  *-エルナタン
  *-ヤリブ    
  *-エルナタン(2)
  *-ナタン    
  *-ゼカリヤ  
  *-メシュラム
  *-ヨヤリブ   = ( 見識者 )
  *-エルナタン = ( 見識者 )
  
*---------------------------------------------------------------*
   
 ◎- クリスマス・イヴ へ 

 ◎- ≪  も く じ  ≫  へ 

 


  
  ◎--◎

 

*-*

 

     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旧約聖書-1





**

※- 聖書 聖書 聖書 ( せいしょ ) Bible Bible Bible ( バイブル )≪ も く じ

 

※- 創世記 -※:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-※

 

旧約聖書の一番最初に書かれています「 創世記

 

その文章は淡々と簡素に書かかれております。しかし、読み解くほどに神の御旨を感じます。

創造主である神の計画が秘められた深遠なる小冊、それが「創世記 」と言えるでしょう

  
######################################################################
##++++++++++++++++++++++++#*・ 創世記 ・*#+++++++++++++++++++++++++##
##+++++++++++++++++++++++::::: ・・・・・・・ :::::++++++++++++++++++++++++## 

*- 第一章 -*
===========

- 1 はじめに 神は 天と地とを創造された。
  
- 2 地は 形なく、むなしく、 やみが 淵のおもてにあり、 神の霊が 水のおもてを
      おおっていた。
  
- 3 神は 「光あれ」 と 言われた。 すると 光があった。
  
- 4 神は その光を見て、 良しとされた。 神は その光 と やみとを 分けられた。
  
- 5 神は 光を 昼と名づけ、 やみ を 夜と名づけられた。 また朝となった。
    - 第一日である。- 
○-   =============
  
- 6 神は また言われた、 「水の間に大空があって、水と 水とを分けよ」。
  
- 7 そのようになった。 神は おおぞらを造って、 おおぞらの下の水と
      おおぞらの上の水とを分けられた。
  
- 8 神は そのおおぞらを 天と名づけられた。 夕となり、 また朝となった。
    - 第二日である。-
○-   ============
  
 - 9 神は また言われた、「天の下の水は一つ所に集まり、 かわいた地が現れよ」。
      そのようになった。
  
-10 神は そのかわいた地を、陸と名づけ、 水の集まった所を海と名づけられた。
      神は 見て、 良しとされた。
  
-11 神は また言われた、「地は青草と、種をもつく草と、種類にしたがって 種のある
      実を 結ぶ果樹とを地の上にはえさせよ」。 そのようになった。
  
-12 地は青草と、種類にしたがって種をもつ草と、種類にしたがって種のある実を
      結ぶ木とをはえさせた。 神は見て、良しとされた。
  
-13 夕となり、 また朝となった。
    - 第三日である。-
○-   =============
  
-14 神は また言われた、「天のおおぞらに 光があって 昼と夜とを分け、
      しるしのため、季節のため、日のため、年のためになり、
  
-15 天のおおぞらにあって地を照らすあかりとなれ」。そのようになった。
  
-16 神は二つの大きな光を造り大きい光に昼をつかさどらせ、小さい光に
      夜をつかさどらせ、 また星を造られた。
  
-17 神はこれらを 天のおおぞらに置いて地を照らさせ、
  
-18 昼と夜とをつかさどらせ、光とやみとを分けさせられた。 神は見て、
      良しとされた。
  
-19 夕となり、また朝となった。
    - 第四日である。-*
○-   ============
  
-20 神はまた言われた、「水は生き物の群れで満ち、鳥は地の上、天のおおぞらを
      飛べ」。
  
-21 神は海の大いなる獣と、水に群がるすべての動く生き物とを、種類にしたがって
      創造し、また翼のあるすべての鳥を、種類にしたがって創造された。
      神は見て良しとされた。
  
-22 神はこれらを祝福して言われた、「生めよ、ふえよ、海の水に満ちよ、
                                                また鳥は地にふえよ」。
  
-23 夕となり、また朝となった。
    - 第五日である。-
○-   =============
  
-24 神はまた言われた、「地は生き物を種類にしたがっていだせ。家畜と、這うものと、
      地の獣とを種類にしたがっていだせ」。そのようになった 
  
-25 神は地の獣を種類にしたがい、家畜を種類にしたがい、また地に這うすべての
      物を 種類にしたがって造られた。 神は見て、良しとされた。
  
-26 神はまた言われた、「われわれのかたちに、われわれにかたどって人を
      造り、これに海の魚と、空の鳥と、家畜と、地のすべての獣と、地のすべての
      這うものとを治めさせよう」。
  
-27 神は自分のかたちに人を創造された。 すなわち、 神のかたちに創造し
      男と女とに創造された。                            ==================
      ==================
  
-28 神は彼らを祝福して言われた、  「生めよ、ふえよ、地に満ちよ、地を従わせ 
      ======================= 
      よ。 また海の魚と、空の鳥と、地に動くすべての生き物とを治めよ」。 
 
-29 神はまた言われた、「わたしは全地のおもてにある種をもつすべての草
      と、種のある実を結ぶすべて木とをあなたがたに与える。これは
      あなたがたの食物となるであろう。
  
-30 また地のすべての獣、空のすべての鳥、地に這うすべてのもの、すなわち
      命あるものには、食物と仕手すべての青草を与える」。そのようになった
  
-31-※- 神が造ったすべての物を見られたところ、  それは、はなはだ良かった。
      夕となり、また朝となった。                        =====================
   - 第六日である。-
○-   ============
  
:
*- 第二章 -* 
===========

- 1 こうして天と地と、その万象とが完成した。 
  
- 2 **- 神は第七日にその作業を終えられた。-** すなわち、そのすべての作業を
      終えられた。 すなわち、そのすべての作業を終わって,
 
      *- 第七日に休まれた。-*
      ====================
  
- 3 神はその第七日を祝福して、これを聖別された。 神がこの日に、
      そのすべての創造のわざを終って休まれたからである。 
  
- 4 これが *-天地創造の由来である-*
        ======================

 

○--○

  

※- 創世記 ( 6章 ~ 10章 ) -※
*********************************************
※- ::::::::::::: -※- ( ノア 方舟 ) -※- :::::::::::::::::: -※
*-------------------------------------------*
* 600歳(+1656年)  2/10・・・ 2/17・・・(150日間)・・・ 7/17・・・ 10/1・・・(40日間)・・>
    11/10 烏 & 鳩(帰る)  ・・・ 7日後鳩(オリブの若葉)   ・・・7日後帰らず
  
* ノア601歳(+1657年) 1月1日 水が涸れた ・・・2月27日 方舟を出る     
  
*ノア600歳 2/10・・・・・ 601歳1月1日   2月27日(方舟を出る)・・・・950歳=(+2006年)
----------------------------------------------------------------
  
*ノア 600才
      2月10日      ・・・ 方舟に入る
      (七日後)
      2月17日      ・・・ 40日・40夜、雨が降り、地は洪水となる
                          ---------     
        150日      ・・・ 水は百五十日の間地上にみなぎった。
 
      7月17日      ・・・ 水が減り始め方舟は七月十七日アララテ山に止まる
 
     10月 1日      ・・・ 山々の頂が見え始めた
 
         40日(烏)  ・・・ 烏を放ったところ、烏は地の上から水が乾ききる迄、あちら
                             こちらへ飛び回った。
         同日(鳩)  ・・・ 水が退いたかを見るため、鳩を放ったが、止まるところが 
                             無く方舟の中の彼のもとに引き入れた。
       7日後
                (鳩)  ・・・ 鳩は夕方になって、彼の基に帰ってきた。 くちばしに
      (オリブの若葉)   オリブの若葉があった。(水が退くのを知る)
 
        7日後(鳩)  ・・・ 鳩は彼のもとへ帰って来なかった  
  
* ノア 601才
      1月 1日      ・・・ 地のうえの水は涸れた。   
 
      2月27日      ・・・ 地は全く乾いた、方舟を出る
  
* ノアはその後350年生き 950歳で死んだ
  
○ーー○


* 600歳 - ( 6000年か )
  方舟に入る(2月10日)・・・・・・・・・・・・・・・・・・2000年2月10日 (6.000年)
 
  7日後雨が降る( ノアの600歳の2月17日・・・災害の始まり )
 
   2月17日から40日間、 昼夜、雨が降る・・・・・水は150日の間地上にみなぎった。
 
   7月17日アララテ山にたどり着く
 
  10月 1日山々の頂が現れる     
 
  40日後 (11月 9日) 烏を放つ(サタン) 。 鳩を放すが帰ってくる・        ・ ( アダム )
 
  7日後 (11月16日) 鳩を放つ オリーブの若葉、 帰ってくる ※キリスト ・ ( 福音 )
                                       --------------
  7日後 (11月23日) 鳩を放つ 帰って来なかった ・          ※千年王国 ・ ( 再臨 )
                                                                                 ★ ・ サタン獄へ     
* 601歳
  1月 1日 地の上の水は枯れた・・・・・ 1月  1日 ・・・・・・・・・・・・★ ・ サタンの世の終
  1月27日 ノア箱船を出る                                 ※- 神と共に ・ ( 成就 )

 
・≪ [ ノア箱舟 ]
は 秘められた・神の計画  ≫ 

 

○-○*============================================================*

 

*-* 

 


 

・≪ 神の御旨とは ≫  

 

・≪ 聖書 Bible 神の計画 ≫      

 




 

*-*

 

ブログの目次

 

*-*

 

 2007年 7月21日 ”風の道草”

 

 

  *(R-250) *-聖書年表.TXT
  ======================= 1998.12- 9 GS
  ※※※#############################################################※※※
  ※※※:::::::::::::::::::::::::::::::::: *** =☆= 聖書の年代 =☆= *** :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::※※※
  *= 縦歴年表 =*-(JP-917) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ (JP-1227)-*= 横歴年表 =*
  =============                                                           ==============
 
  ※-創世記 第 5章 1節  *-アダムの系図は次のとおりである。
 
     *-生れた年代     *-名前          *-子が産た歳   *-没年齢 *-没年代
     ============   ==========    ============  ======== ========
  ※ 1-始祖・ 誕生    *- アダム         130才の子   -930才没   + 930年
      2-( +130年生)   *- セツ             105才の子   -912才没   +1042年
      3-( +235年生)   *- エノス            90才の子   -905才没   +1140年
      4-( +325年生)   *- カイナン         70才の子   -910才没   +1235年
      5-( +395年生)   *- マハラレル     65才の子   -895才没   +1290年
      6-( +460年生)   *- ヤレド          162才の子   -962才没   +1422年
      7-( +622年生)   *- エノク            65才の子   -365才没   + 987年
      8-( +687年生)   *- メトセラ        187才の子   -969才没   +1656年
      9-( +874年生)   *- レメク          182才の子   -777才没   +1651年
  ※10-(+1056年生) *- ノア             500才の子   -950才没   +2006年
 
  **- ノアの洪水  -**- ノア 600才の時  洪水 1656年~1657年 -**  
  ==============================  
 
  +      0年  始祖   ※- アダム の誕生 ----- *+ 930年 没年
  +1056年  第10代 ※- ノア  の誕生 ----- *+2006年 没年
  ※-:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-※
  ○-始祖アダム      ~ 1056年間   ~  ○-10代 ノアの誕生 ( 10世代 )
 
 
 
  ※-創世記 第10章 1節  *-ノアの子 セム(黄色人)、  ハム(黒人)、  ヤペテ(白人)  
       の系図は次のとおりである。
 
  *-セム  の子孫・(*-エラム、 *-アシュル、 *-ルデ、   *-アラム、  *-アルパクサデ )
 
  *-ハム  の子孫・(*-クシ、    *-プテ、       *-カナン、 *-ミツライム[エジプト]    )
 
  *-ヤペテの子孫・(*-ゴメル、 *-マゴク、    *-マダイ、 *-ヤワン、  *-トバル、  )
                        ・(*-メセク、 *-テラス )。
 
 
  *- 系図 に付いては (*-びと.txt) のファイルを参照。
  =========================================
 
  *- 第11章 1節 ~ 9節
      シナルの地の平野に町と塔を建てて、 その頂を天に届かせよう。(ハベルの塔
      の話し) 主がそこで全地の言葉を乱され、 彼らを全地の表に散らされた。  
 
  ※-創世記 第11章10節  *-セムの系図は次のとおりである。 ------------------*
 
     *-生れた年代    *-名前           *-子が産た歳   *-没年齢 *-没年代
     ============   ==========    ============  ======== ========
  * 11-(+1556年生)  *- セム   A+    102才の子     -602才没   +2158年
    12-(+1658年生)  *- アルパクサデ 35才の子     -438才没   +2096年
    13-(+1699年生)  *- シラ   A+       30才の子     -433才没   +2132年
    14-(+1723年生)  *- エベル A+      34才の子    -464才没   +2187年
    15-(+1757年生)  *- ペレグ           30才の子    -239才没   +1996年
    16-(+1787年生)  *- リウ              32才の子    -239才没   +2026年
    17-(+1819年生)  *- セルグ           30才の子   -230才没   +2049年
    18-(+1849年生)  *- ナホル           29才の子   -148才没   +1997年
    19-(+1878年生)  *- テラ               70才の子   -205才没   +2083年
                          ( A+ 3名はアブラハム没 +2123年後も生存 )
  +1556年  第11代 ※- セム の誕生 ----- *+2158年 没年
  +1878年  第19代 ※- テラ の誕生 ----- *+2083年 没年
  ※-::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-※
  ○-11代セム        ~   322年間   ~  ○-19代 テラの誕生 ( 9世代 )
 
 
 
  ※-創世記 第11章27節  *-テラの系図(P-12) ----------------------------*
 
     *-生れた年代     *-名前          *-子が産た歳   *-没年齢  *-没年代
     ============   ==========    ============  ======== ========
  ※20-(+1948年生)  *- アブラハム -100才の子     -175才没  +2123年
  #21-(+2048年生)  *- イサク       - 60才の子      -180才没  +2228年
  ☆22-(+2108年生)  *- ヤコブ       - 91才の子      -147才没  +2255年
  *23-(+2199年生)  *- ヨセフ    31~37才の子      -110才没  +2309年
  *24-(+2230年生?) *- マナセ(P-58)
 
  ※---(+1958年生)  *- サラ(アブラハムの妻)・・・  -127才没  +2085年
                                  - 90才+2048イサクを産む(P-23) 
  *21-(+2034年生)  *- イシマエル        ・・・・・  -137才没  +2171年
                                  - 13才で割礼(P-19)
  *-23代 ヨセフ 30才で司(P-58) 39才の時 父ヤコブと再会(P-65)・(P-67)
         ヨセフの年齢の出し方 創世45- 6 飢饉の2年目(7年の豊作と7年の飢饉)
  *-10代ノアから 19代テラまで全員が アブラハムが生まれた+1948年まで
     は生存していた事になる。
 
  *-また、 第11代 セム    (+2158年)没、
              第13代 シラ    (+2132年)没、
              第14代 エベル(+2187年)没、
    3名は 第20代-アブラハム没後 +2123年没も生存していた。
 
  +1948年  第20代 ※- アブラハムの誕生 ----- *+2123年 没年
  +2048年  第21代 #- イサク    の誕生 ------  *+2228年 没年
  +2108年  第22代 ☆- ヤコブ    の誕生 ------  *+2255年 没年
  ※-:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-※
  ○-20代アブラハム  ~  160年間   ~  ○-23代 ヤコブの誕生 ( 3世代 )
 
 
 
  ※-創世記 第11章27節   ◎-テラの系図 (P-12)
 
  ※-テラ  の子 *=  (※1-アブラム、 *2-ナホル、    *3-ハラン、) (P-12)
 
  *- 3 ハランの子=  (  1-ロト、         2-ミルカ(娘)、   3-イスカ、)
 
  *- 2 ナホル 妻ミルカ(ハランの子)の子(P-26)
               (1-ウゾ、      2-ブズ、      3-ケムエル、   4-ケセデ、  5-ハゾ、)
               (6-ピルダシ、  7-エデラフ、  8-ベトエル、)
 
  *- 2 ナホルと仕え女 ルマとの子  (1-テバ、 2-ガハム、 3-タハシ、 4-マアカ。)
 
  *- 8ペトエルの子  (1-リベカ(娘)
 
 
  ※-創世記 第11章31節 *- テラ ( 4名。 カルデヤの *-ウル から *-ハラン)
       ================
     テラはその子アブラムと、 ハランの子である孫ロトと、 子アブラムの妻である
     嫁サライとを連れて、 カナンの地へ行こうとカルデヤのウルを出たが、 ハラン
     に着いてそこに住んだ。
 
 
  ※-創世記 第12章 4節 ※-アブラム ( 3名。 *-ハラン から *-カナン) 
       ================
     アブラムは主が言われたようにいで立った。 ロトも彼と共に行った。
     アブラムはハランを出た時 75才であった。
 
    - 5節 アブラムは妻サライと、 弟の子ロトと、 集めた全ての財産と、 ハランで
      獲た人々とを携えてカナンに行こうとしていで立ち、 カナンの地に来た。
 
  *-----------------------------------------------------------------*
 
 
  ◎--◎
 
 
  ※- 出エジプト 記 -※
  =================
  第 1章 1節 さて、 ヤコブと共に、 おのおのその家族を伴って、 エジプトへ行った
      イスラエルの子らの名は次のとおりである
  - 2 すなわち
      *-ルベン、     *-シメオン、    *-レビ、      *-ユダ、
  - 3 *-イッサカル、 *-ゼブルン、    *-ベニヤミン、      
  - 4 *-ダン、       *-ナフタリ、    *-ガド、      *-アセル であった。
 
  - 5 ヤコブの腰から出た者は、 合わせて70人。 *-ヨセフはすでにエジプトにいた。
  - 6 そして、 ヨセフは死に、 兄弟たちも、 その時代の人々もみな死んだ。
 
  ※- エジプトへ行った ☆-ヤコブの家族 = 70人
  =====================
  
  
  ※- (+2023年 ~ +2453年) ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-*
  ※-【**- エジプト住 -**】 (*- 430年間 P-91 -*) =========================*
  **- エジプトへ      -**
   *- (+2023年)   ※- アブラハム 75才の時  (P-13)  ~  +2453年 (出エジプト)
   *- (+2228年)   ☆- ヤコブ     130才の時  (P-67)  ~  +2668年  差=*215年間
   *- (+2216年)   *- ヨセフ        17才の時  (P-52) 兄弟がイシマエル人に売る 

  エジプトに住んだ期間
  ○-430年間 ( ※- アブラハムの時代を基準。 )
  ======( ☆- ヤコブの時代からだと年数が合わなく成ってくる )
  
  
  
  ※- (+2453年 ~ +2493年) :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-*
  ※-【**- 出エジプト -**】 (*- 40年間 P-74  -*) *+2453~ 40年間 ~ +2493年
   *- (+2373年生)  *- モーセ 80才(P-82)+2453年  -120才没  +2493  モアブの地
   *- (+2370年生)  *- アロン 83才の時出エジプト -(P-217) ------- ホル山で没
  $-23-レビの子孫   →  *24-コハテ →  *25-アムラムの子(P-81)
   *-26 アロン(兄)、  *-26 モーセ(弟)。
 
   *- アビブの月 14日 ラメセス を出発して スコテ に向かった。
      女、子供を除いて 60万人。 (P-92)
   *- 過ぎ越し   正月-14日の夕方 ~ 21日の夕方迄 (P-90)
      (*-印として、 目の間に置いて覚えとする)
 
 
  ※= 民数 記 =※
  ============= (P-181)
 
  *-第1章 1節 エジプトの国を出た次の年の2月1日、 主はシナイの荒野の会見の幕屋
    において、 モーセに「イスラエルの全会衆を氏族とその父祖の家によって 20才以
    上の男子の名の数をだし、その総数を得なさい 」
    *-ルベン      = 4万6千5百人         *-シメオン  = 5万9千3百人
    *-ガド          = 4万5千6百50人     *-ユダ       = 7万4千6百人
    *-イッサカル  = 5万4千4百人        *-ゼブルン = 5万7千4百人
    *-ヨセフ        = 4万   5百人          *-マナセ    = 3万2千2百人
    *-ベニヤミン  = 3万5千4百人        *-ダン       = 6万2千7百人
    *-アセル       = 4万1千5百人        *-ナフタリ  = 5万3千4百人
 
  合計  60万3千5百50人
  ===========
  
  
  *-第26章 1節  疫病の後、主はモーセと祭司エレアザルに2回目の20才以上の男子の
    数を数えたさせた。
    *-ルベン      = 43.730人            *-シメオン    = 22.200人
    *-ガド          = 40.500人            *-ユダ        = 76.500人
    *-イッサカル  = 64.300人            *-ゼブルン  = 60.500人
    *-ヨセフ        = 52.700人            *-エフライム= 32.500人 (マナセ)
    *-ベニヤミン  = 45.600人            *-ダン        = 64.400人
    *-アセル       = 53.400人            *-ナフタリ   = 45.400人
   
    合計  60万1千7百30人  *-エリコに近いヨルダンのほとりにある
    =========== モアブの平野で数えたイスラエルの人々です 
                                シナイの荒野で 1回目に数えた人々は、一人  
                                もいなかった。
                                (カレブとヨシュアを除いて)(P-228)(民数26-65)
                                主がかって「彼らは必ず荒野で死ぬであろう」と
                                言われたからである」。(P-206.)
 
 
  ※- (+2493年 ~ ?=+2533年) ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-*
  ※-【**- ヨシュア記 -**】(*- 40年間 ? P-301*)?=*+2493 ~( 40年間 )+2533年
   *- (+2423年生 ? )    *- ヨシュア (P-293)         -110才没                 +2533年
   *- ヨシュア(ヌンの子 *ホセアをモーセがヨシュアと改名) (P-203)
 
  *- ヨシュア   ← *- ヌン、  ← *- エリシャマ、 ← *- アミホデ、 ← *- ラダン、
   (歴代上7-20) ← *- タハン、← *- テラ、       ← *- レセフ、   ← *- レパ、 
   (P-573)      ← *- ベリア、 < *- エフライム、  < *- ヨセフ、  ≪ ☆- ヤコブ
 
 
  ※- (?=+2533年 ~ +2849年) ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-*
  ※-【**- 士師記 -**】(*- 316年間 ? P-338)   ?=*+2533~(316年間)~ +2849年
   *- ヨシュア(110才没)の年代不明(?=+2533年) ?= +ヨシュア没年   ~     +サウル
 

  :: ※-    士師記   -※:: ・・・・・*+2493年 ~ 356年間 ~+2849年*    
  =================                  +モーセ没年          +サウル王位 
  *- ヨシュア(110才没)の年代不明 ------          ------
 
  *-    8年間    メソポタミヤ王 クシャン・リシャタイム (P-341)
  ☆-  40        オテニエル(ケナズの子) (P-341)
  *-   18        モアブの王 エグロン (P-341)
  ☆-  80        エホデ (ベンジャミンびと、ゲラの子) (P-342)
  *-   20        カナンの王 ヤビン  (P-343)
  ☆-  40        デボラ(女預言者)ラピドテの妻 とバラク  (P-346)
  *-    7        ミデアンびと  (P-346)
  ☆-  40        ギデオン (別名エルバアル、 ヨアシの子)  (P-352)
  ☆-   3        アビメルク (ギデオンの子)  (P-354)
  ☆-  23        トラ (プワの子、ドドの子、 イッサカルの人)   (P-355)
  ☆-  22        ヤイル (ギレアデびと)  (P-356)
  *-   18        ペリシテびと、アンモンびと  (P-356)
  ☆-   6        エフタ (ギレアデびと)  (P-359)
  ☆-   7        イブザン (ベツレヘムの)  (P-360)
  ☆-  10        エロン (ゼブルンびと)  (P-360)
  ☆-   8        アブドン (ヒレルの子、 ピラトンびと)  (P-360)
  *-   40        ペリシテびと   (P-360)
  ☆-  -- (20年) サムソン (マノアの子、 ダンびと)  (P-364)
  ☆-  40        祭司 エリ (98才没)  サム記上  (P-388)
  *-     7ケ月   ペリシテびと (主の箱)  (P-389)
  ☆-  20        エレアザル(アビナダブの子) (主の箱)  (P-390)

合計 450年間7ケ月
================
○- 450年間
  
*-士師記の時代は年数を合計すると多くなるので、 どの時代からか良く分からない
 
  *-新約 使徒行伝 13-18 ~ -21
  -18 そして約40年に渡って、 荒野で彼らをはぐくみ
  -19 カナンの地では7つの異民族を打ち滅ぼし、 その地を彼らに譲り与えられた。 
  -20 それらの事が450年の年月に渡った。 その後、 神は裁き人たちをお使わしに 
      ----------------
      なり、 預言者サムエルの時に及んだ。
 
  -21 その時、 人々が王を要求したので、 神はベニヤミン族の人、 キスの子サウロを
       40年間、 彼らにお使わしになった。 
 
 
  *-士師記 21-25  そのころ、 イスラエルには王がなかったので、
                  おのおの自分の目に正しいと見るところをおこなった。
 
  *-サムエル記上 
       8- 4~-22  主はサムエルに言われた、 「彼らの声に聞き従い、
                  彼らのために王を立てよ」。
 
  ※-モーセ没年   +2493年 ~ 356年間 ~ +2849年 *-サウルが王に成った時
 
 
  ※- (+2849年 ~ +2969年) ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-*
  ※-【**- 統一王朝 -**】 (*-120年間 P-392、P-396) *+2849~ 120年間 ~+2969
 
     *-生れた年代     *-名前         *-子が産た歳   *-没年齢   *-没年代
     ============   ==========   ============  ========  ========
      -(+2819年生)    *- サウル                                  70才    +2889年
      -(+2859年生)    *- ダビデ                                   70才    +2929年
      -(+29・・年生)     *- ソロモン                         ( ? 約63才)   +2969年
 
 
  *- 王位の期間  -* ・・・・・ *- 3人とも40年間 治める  合計120年間 統一王国
  ===============          ===============================================
  *+2849年~+2889年 使13-21※-サウル   (P-398) +2819年生 ~ 70才没 *+2889年
  *+2889年~+2929年 (P578)   ※-ダビデ   (P-603) +2859年生 ~ 70才没 *+2929年
  *+2929年~+2969年 (P604)   ※-ソロモン (P-615) + ??? 年生 ~  ??? 没 *+2969年
 
  * +2933年 ・・・ *- 神宮(P-484) (エジプトの地を出てから 480年の時
  =======     * ソロモン王 治世 第4年 ジフの月(2月)
  ○- 480年間
 
  ※+2453年 出エジプトから*-主の宮を建て始めるまで480年間 :::::::+2933年
    +========================= 480年間 ===================== +2933年
                  |================== 356年間 ==|
    +2453年  +2493年   +2533年~ 316年間  == +2849年  +2889年  +2929年   +2969年
    +-------+--------+===================+-------+-------+--------+南北王朝 
    +モーセ   +ヨシュア   + *- 士師記時代  -*     +サウル   +ダビデ   +ソロモン  +レハベアム
                                                                                                           +ヤラベアム
  *-サウルの治世  (P-398) サムエル記上 13- 1 30才で王位 2年イスラエルを治める
  ==============新(P-203) 使徒行伝     13-21 キスの子サウロを40年間、 彼らに 
                                                                    お使わしになった。
 
  *-サウルの子 *-イシボセテ(41才)は全イスラエルの王なり2年間治めた。
    その時 ユダの家は *-ダビデに従った。(P-434) サム下 2- 8
 
  ※- ルツ記 -※
  ============
  *-第 4章13節 ボアズはルツを妻とした 子供ができオペテが生まれた。
    オペテからエッサイ、 エッサイから ☆-ダビデ(P-381)
 
  *-ベレゾの子孫  > *-ヘゾロン  > *-ラム     > *-アミナダブ   > *-ナション
    > *-サルモン  > *-ボアズ    > *-オペテ   > *-エッサイ     > ☆-ダビデ
 
  *-サムエル記 上16-10 エッサイは7人の子にサムエルの前を通らせたが、 ・・・
  *-ダビデはエッサイの 第 8子である(P-406) *-(サムエル記上 16-11)
                                ------文面上では第 8子と受け取れるが
  *-歴代志 2-15 では 第 7 に ダビデ を生んだ。 と書かれている
  
  *-ダビデはヘブロンで 7年6ヶ月間、 エルサレムで 33年間、
     王となり国を治めた(P-434) ・(P-438)
 
  *-ダビデの妻は7人、 その外、 そばめがあった。(P-566) 歴代志 3- 8
  妻-7 =バテシュア ( ヘテびと *-ウリヤの妻であった)ダビデは策をしてウリヤを
  =============== ( 戦死させた(P-447)。 [バテシバ](P-474) アンミエルの娘 )
  *(1-シメア(第 7子)、  2-ショバブ(第 8子)、
   (3-ナタン(第 9子)、  4-ソロモン(第10子)。 実際にはソロモンが第10子とは
                              --------  書いていない。(P-566)
  *-ソロモンは ダビデがエルサレムに移って(+2896年)その後に生まれた
  *-バテシュア(アンミエルの娘)の4番目として生まれる(P-566) ・(P-448)
  *-(+2896年エルサレム移転) 10年後に生まれたと計算して 63才没

  **- サムエル記下 -**
  *-第24章  主は再びイスラエルに向かって怒りを発し、 ・・・
            (*イスラエルには剣を抜く勇士 80万人、)
            (*ユダの人々は 50万人。)
 
  *-ソロモンの妻は 700人 そば女 300人(P-495)
 
  ※- 列王記上 -※
  ==============
  *-第 6章 1節  ※イスラエルの人々がエジプトの地を出て後480年、 ソロモンが
    イスラエルの王と成って第 4年 ジフの月、 即ち2月に、 ソロモンは主の為に宮を
    建てる事を始めた。 ・・・ 宮の説明・・・ 。 
   -38 第11年のブルの月、 即ち8月に、 宮は設計どおり完成した。 完成に7年要した。
 
  *-第 7章 1節  またソロモンは自分の家を建てたが、 13年かかって全部を建て終わ
     った。 彼はレバノンの森の家を建てた。
 
 
  ※- (+2969年 ~ +3374年) ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-*
  ※-【 南北王朝時代 ・ 歴代王の年代表 】
 
  *- NO- 1 -*
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-*
  ☆- 南ユダ王国 -☆ (*- 405年間 -*)+2969年 ~ 405年間 ~ +3374年 ========*
  ================== (列王上11-43 下全)(歴代志下 9-31 ~ 36-23) 
  **- 南北王朝初年 = +2969年
 
     *-生れた年代   *-名前       *-子が産た歳  *-没年齢  *-没年代
     ============   ==========   ============  ========  ========
     1-(+2928年生)  *- レハベアム                             58才    +2986年
     2-(+ ?  )          *- アビヤ                                     ( ? )    +2989年
     3-(+ ?  )          *- アサ                                        ( ? )    +3030年
     4-(+2996年生)  *- ヨシャパテ                               60才    +3056年
     5-(+3022年生)  *- ヨラム                                   40才 -1 +3061年
     6-(+3019年生)  *- アハジャ                                43才 -1 +3061年
     7-(+ ?  )          *- アタリア(アハジャの母)                ( ? )    +3067年
     8-(+3061年生)  *- ヨアシ                                   47才 -1 +3107年
     9-(+3082年生)  *- アマジャ                                 54才    +3136年
    10-(+3133年生)  *- ウジャ                                   68才    +3201年
    11-(+3177年生)  *- ヨタム                                  41才 -1 +3217年
    12-(+3197年生)  *- アハズ                                  36才    +3233年
    13-(+3208年生)  *- ヒゼキヤ                                54才    +3262年
    14-(+3251年生)  *- マナセ                                   67才    +3318年
    15-(+3297年生)  *- アモン                                   24才    +3321年
    16-(+3313年生)  *- ヨシヤ                                   39才    +3352年
    17-(+3329年生)  *- エホアハズ (エジプト捕虜)       ( ? )王位+3352年迄
    18-(+3327年生)  *- エホヤキム                            36才    +3363年
    19-(+3345年生)  *- エホヤキン (バビロン捕囚)       ( ? )王位+3363年迄
    20-(+3342年生)  *- ゼデキヤ   (バビロン捕囚)       ( ? )王位+3374年迄
                                                  
  ※・・合計  405年間
 =================
 
 
  *- NO-1 -* 1997. 3-13 GS
  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-*
  ☆-  南ユダ王国  -☆  ( 列王紀上 11-43 ~ 列王紀下 全 )
  ====================
  *-+2969年 ~ +3374年
 
  *- 名前 -*    *-王位の期間-*   *-生まれ -*   *-王位年齢-*  ~*-   治世年代-*
  ==========   ==============   =+=========  =========+==============+======
   1 レハベアム  *-17年間             +2928年生・・・ 41才王位+2969~(58才没) +2986年
                        (P-497)・(P-502)・(P-615)・(P-618)
 
   2 アビヤ        *- 3                                                     +2987~(??? 没)  +2989年
                        (P-503)・(P-618)
 
   3 アサ           *-41                                                    +2989~(??? 没)  +3030年
                        (P-503)・(P-621)
 
   4 ヨシャパテ   *-25                    +2996年生・・・ 35才王位+3031~(60才没) +3056年
                      *-(ダブり-2年)  (P-504)・(P-518)・(P-622)・(P-627)
 
   5 ヨラム        *- 8                     +3022年生・・・ 32才王位+3054~(40才没) +3061年
                                                  (P-532)・(P-629)                       - 1 =  (+3062年)
 
   6 アハジャ     *- 1                    +3019年生・・・ 42才王位+3061~(43才没)  +3061年
                        (P-533)は12年  ・(P-535)は11年+3061)                   - 1 =  (+3062年)
 
   7 アタリア       *- 6 (アハジャの母)                  +3061~ ・・・・・・・+3067年
                         (P-538)・(P-629)
 
   8 ヨアシ         *-40                   +3061年生・・・  7才王位+3068~(47才没)  +3107年
                        (P-539)・(P-632)                                                - 1 =  (+3108年)
 
   9 アマジャ      *-29                   +3082年生・・・ 25才王位+3107~(54才没) +3136年
    *-(飛び13年)  (P-541)・(P-543)・(P-634)
 
  10 ウジャ        *-52                   +3133年生・・・ 16才王位+3149~(68才没) +3201年
                        (P-543)・(P-634)
 
  11 ヨタム        *-16                   +3177年生・・・ 25才王位+3202~(41才没) +3217年
  預言者イザヤ +3218年(P-545)・(P-635)   11代ヨタム~14代マナセ 歴下26-22 
 
  12 アハズ       *-16                   +3197年生・・・ 20才王位+3217~(36才没) +3233年
                        (P-545)・(P-636)
 
  13 ヒゼキヤ    *-29                   +3208年生・・・ 25才王位+3233~(54才没) +3262年
  預言者ミカ    (P-548)・(P-637)   13代ヒゼキヤ~14代マナセ         
 
  14 マナセ       *-55                   +3251年生・・・ 12才王位+3263~(67才没) +3318年
                        (P-554)・(P-644)
 
  15 アモン       *- 2                    +3297年生・・・ 22才王位+3319~(24才没) +3321年
                        (P-555)・(P-645)
 
  16 ヨシヤ       *-31                   +3313年生・・・  8才王位+3321~(39才没)  +3352年
  預言者エレミヤ      (P-556)・(P-645)   16代ヨシヤ~20代ゼデキヤ         
 
  17 エホアハズ   *3ケ月(P-559)・  +3329年生・・・ 23才王位+3352~(??? 没)  +3352年
    (16代ヨシヤの子) (エジプト捕虜)   *エジプト王が連行(P-559)エジプトで死す
 
*18 エホヤキム *-11                   +3327年生・・・ 25才王位+3352~(36才没) +3363年
    (16代ヨシヤの子)    (P-559)・(P-649)    *ネブカドネザル王と交戦して敗れる
 
*19 エホヤキン   *3ケ月10日       +3345年生・・・ 18才王位+3363~(??? 没)   +3363年
    (18代エホヤキムの子)(バビロン捕囚)*エビルメロダク-バビロン王の時(37年後)
 
*20 ゼデキヤ    *-11   (P-560)・  +3342年生・・・ 21才王位 +3363~(??? 没)   +3374年
    (16代ヨシヤの子)    (バビロン捕囚)*ネブカドネザル治世19年(P-561)(P-1138)
  預言者エゼキエル(+3368年 ネブカドネザル) 19代エホヤキン~20代ゼデキヤ   

 

( * ) マーク (18~20) は ユダとエルサレムの王

 

  ※ ・・・ 治世合計 393年間 6ケ月10日
  ===============================
  年代 +2969年 ~ 405年間 ~+3374年
 
 
  - +3374年 = アブラハム
  =============
  - +3589年 = ヤコブ   
 
  *-----------------------------------------------------------------------*
 ◎- 聖書-2 」 へ つづく          

 

  ◎--◎ ◎--◎ ◎--◎

*-*

            

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ノアの方船=神の計画



**

※- ノアの方船 =箱舟( 秘められた神の計画 )

 

 

* ( R-78 ・ ノア方舟 .BAK ) 2001. 12-16 GS                       Route
*-========================================================================-* 
- ノアの方舟 -※    *- 創世記 6章14節 -* ( P-7 )
===================
                       
--|------------------------------------------------------------------------=|--
  #|=========================================================================|#
  #|===============-※  [ ノア の 方舟 ]  ※ -=====================================|#
  ############################################################################
 
*- 創世記

6-17 わたしは地の上に洪水を送って、 命の息のある肉なるものを、 みな天の下から滅ぼし去る。

     地にあるものは、 みな死に絶えるであろう。
  
  -18 ただし、 わたしはあなたと契約を結ぼう。 あなたは子らと、 妻と、子らの妻たちと共に箱舟に入りなさい。
  
  -19 またすべての生き物、 全ての肉なる物の中から、 それぞれ 2つずつを箱舟に入れて、 あなたと共にその命を保たせなさい。 それらは 雄と雌とでなければならない 
  
  -20 すなわち、 鳥はその種類にしたがい、 獣はその種類にしたがい、 また地の全ての這うものも、 その種類にしたがって、 それぞれ 2つずつ、 あなたの所に入れて、 命を保たせなさい。 
  
  -21 また、 全ての食物となる物を取って、 あなたの所に蓄え、 あなたとこれらのものとの食物としなさい」。   
  
  -22 ノアは全て神の命じられたようにした。
  
7- 1 主はノアに言われた、 「あなたと家族とは皆 箱舟に入りなさい。 あなたが この時代の人々の中で、 わたしの前に正しい人であるとわたしは認めたからである。
  
  - 2 あなたは全ての清い獣の中から雄と雌とを七つずつ取り、 清くない獣の中から雄と雌とを二つずつ取り、  
  
  - 3 また空の鳥の中から雄と雌とを七つずつ取って、 その種類が全地の表に生き残る様にしなさい。
  
  - 4 七日の後、 わたしは 四十日 四十夜、 地に雨を降らせて、 わたしの造った全ての生き物を、 地の表からぬぐい去ります。
  
  - 5 ノアは全て主が命じられたようした。
  
*--*
  
*ノア 600才      ・・・ +1656     
     2月10日      ・・・ 方舟に入る
    ( 七日後 )
      2月17日      ・・・ 40日・40夜、雨が降り、地は洪水となる
                       ///////////// 
         150日      ・・・ 水は百五十日の間地上にみなぎった。
  
      7月17日      ・・・ 水が減り始め方舟は七月十七日アララテ山に止まる
 
     10月 1日      ・・・ 山々の頂が見え始めた
     それから
         40日( 烏 )  ・・・ 烏を放ったところ、烏は地の上から水が乾ききる迄、あちらこ
    ( 11月10日 )         ちらへ飛び回った。  
         同日( 鳩 )  ・・・ 水が退いたかを見るため、鳩を放ったが、止まるところが無く
                              方舟の中の彼のもとに引き入れた。
       7日後
 ( 11月17日 )( 鳩 ) ・・・ 鳩は夕方になって、彼の基に帰ってきた。 くちばしに
     ( オリブの若葉 )     オリブの若葉があった。( 水が退くのを知る )
 
        7日後( 鳩 )  ・・・ 鳩は彼のもとへ帰って来なかった
    ( 11月24日 )

* ノア 601才     ・・・ +1657年
     1月 1日      ・・・ 地のうえの水は涸れた。    
  
     2月27日      ・・・ 地は全く乾いた、方舟を出る
  
* ノアはその後 350年生き 950歳で死んだ  +2006年 
  
*-2月10日 ・2月17日 ・150日 ・7月17日 ・10月1日 ・40日 ・7日 ・7日 ・1月1日 ・2月27日
*- 1ヵ月 30日の計算
     ----------------
( *- 洪水が地を覆った ( 洗礼 ) = 福音が全世界を満たす [ 告げられる ] )
( 同様に *- 悪も満ちている ( 烏 = サタン )


*-----------------------------------------------------------*
  
  *- いとすぎの木で箱舟を造り、 中に部屋を設け、 アスファルトで内と外を塗る
 
  *- 箱船の長さ = 300 キュビト
                  幅 =   50 キュビト
                高さ =   30 キュビト
      箱船に屋根 =     1 キュビト
 
  *- 戸口は横に設け 1階と 2階と 3階 のある箱舟を造りなさい ------------------*
  
  
   _______________________________________________________________________________________________________________________
  #:========|=========|===========|=========|=========|=========|=========|=====:#
  #:========|=========|===========|::   戸口  :::|=========|=========|=========|=====:#
  #:========================================================================#
  +← -------------------  長さ (300 キュビト)  ------------------------------- →+
 
  _____________________  1    屋根  (  1 キュビト) ______   

  #===========#  +     3 階  ( 10 キュビト )  ↑  
  #===========#  30   2 階  ( 10 キュビト )  31 = 高さ合計
  #===========#  +     1 階  ( 10 キュビト )  ↓   
  +---  50 ----+  →      幅  ( 50 キュビト)       

 

  ○- 屋根空間 = *-千年王国  1千年   *-新天地

  ○- 3 階 = *-キリスト     から 2千年   *-再臨主  
  ○- 2 階 = *-アブラハム から 2千年   *-キリスト

  ○- 1 階 = *-アダム       から 2千年   *-アブラハム
  
  *-合計 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 7千年

  ※- 神は第七日にその作業を終えられた。 すなわち、 その全ての作業を終わって
         第七日に休まれた。 神はその第七日を祝福して、 これを聖別された
。        
*-----------------------------------------------------------------------*
  
  
*=======================================================================*
※- ノアの物語は 神の計画を示す   -*
*===============================*
  *-ノア 600歳
     ・2月10日( 方舟に入る ) →                       
      ・2月17日( 40日40夜洪水 ) → 3月27日             
                                          ・150日後水が減る
                                          ・7月17日( アララテ山 ) → 
                                                          +10月1日( 山々が現れる ) →          
                                                                 +烏と鳩( 11月10日 )・40日後( 烏と鳩を放つ ) 鳩は 帰る
                                                                   +鳩( オリブの若葉 )( 11月17日 ) 7日後鳩  
                                                                     +鳩-帰らず( 11月24日 ) 7日後帰らず 
         |+2月10日箱舟に入る                                      
         | +2月17日洪水               
         |                                  +7月17日アララテ山                          
         |         +3月27日                      
  *---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+
         //40//:::::::::::::::::::::::::::::::::::::+::::::::::::::::::::::::::+::::::::+:+:+    
  1     2     3     4     5     6     7     8     9    10    11   12  
  *---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+
  |           +2月27日箱舟を出る
  +1月1日(水が涸れる)    
 
 
  * ノア 601歳 1月1日 水が涸れた ・・・ 2月27日 方舟を出る
 
  *- ノア 600歳 2月10日 → ・ 601歳 1月1日 ★水が涸れた。 → 2月27日( 方舟を出る )
  ==========================================================================
  
*-*
  
  -------------------------------------------------------------------------
  (*-雨 = *-洗礼)
   // /// / / /// / // /// *- [ 40日 40夜 ] -* //// ///// ////// /////// //
 
  ( *-箱舟 = *-神の計画 ( 人間 ・動植物 ・地球 )
 
  ----------------------------------
  ○- 第一の鳩  ・・・・・・・・ ( アダム ) 
  ○- からす    ・・・・・・・・・・ ( サタン ) 
 
  ○- 第二の鳩 ・・・・・・・・・ ( キリスト )
      オリブの若葉   ・・・・・ ( 福音 )   
 
  ○- 第三の鳩 ・・・・・・・・・ ( 再臨主 ) 
 
  ○- 地が全く乾く  ・・・・・・ ( 悪が滅びる )
 
  ○- ノアが箱舟を出る ・・ ( 新天地 ) 
 
  ※- 創世記 第 8章14節 ~ 19節    
 
  -14 二月二十七日になって、 地は全くかわいた。
  
  -15 この時、 神はノアに言われた。
        ========================
 
  -16 「あなたは妻と、 子らと、 子らの妻たちと共に箱舟を出なさい。
 
  -17 あなたは、 共にいる肉なる全ての生き物、 すなわち鳥と家畜と、 地の全ての
      這うものとを連れて出て、 これらのものが地に群がり、 地の上に増え広がる
      ようにしなさい」 
 
  -18 ノアは共にいた子らと、 妻と、 子らの妻たちとを連れて出た。
 
  -19 また全ての獣、 全ての這うもの、 全ての鳥、 全て地の上に動くものは皆、 種類に
      従って箱舟を出た。
 
  -20 ノアは主に祭壇を築いて、 全ての清い獣と、 全ての清い鳥との内から取って、
       ------------------------------------------------------------
      燔祭を祭壇の上にささげた。
      ---------------------
  -21 主はその香ばしいかおりをかいで、 心に言われた、 「わたしは二度と人のゆえに

      地を呪わない。 人が心に思い図(はかる)る事は、 幼い時から悪いからである。

      わたしは、 このたびしたように、 もう二度と、 全ての生き物を滅ぼさない。
  
  -22 地のある限り、 種まきの時も、 刈り入れの時も、 暑さ寒さも、 夏冬も、 昼夜も

      やむことは無いであろう

 

 

※- 神は第七日にその作業を終えられた。 すなわち、 その全ての作業を終わって
      第七日に休まれた。 神はその第七日を祝福して、 これを聖別された
。        
*-------------------------------------------------------------------------*

 

  イエスキリスト  の ページ へ

 

 ・≪ クリスマス・イヴ   へ 

 

*-*

 

2007年 7月22日 ”風の道草”

 

            

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アダム から イエス・キリスト


**

 

※- 聖書 : アダム から イエス・キリスト 迄  
                                                                                                     Route  ############################################################※
***-  縦歴表  -***
※##############※
  
※※※::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::※※※

☆*-ルカによる福音書 第 3章23節では アダムから キリストまで 77代 ( P-88 )
  
1 - アダム                    130子 - 930才 没  

2 -  (+130年) セツ         105子 - 912才 没
3 -  (+235年) エノス        90子 - 905才 没  

4 -  (+325年) カイナン     70子 - 910才 没
5 -  (+395年) マハラレル 65子 - 895才 没   

6 -  (+460年) ヤレド      162子 - 962才 没
7 -  (+622年) エノク        65子 - 365才 没   

8 -  (+687年) メトセラ    187子 - 969才 没
9 -  (+874年) レメク      182子 - 777才 没  

10 ( +1056年) ノア        500子 - 950才 没

 

  ※- ノア 600才の時  洪水 +1656年~+1657年
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
*--------------------------------------------------------------*
  
11 - (+1556) セム           102子 - 602才 没 

12 - (+1658) アルパクサデ 35子 - 438才 没
13 - (+1699) シラ:             30子 - 433才 没 

14 - (+1723) エベル          34子 - 464才 没
15 - (+1757) ペレグ          30子 - 239才 没  

16 - (+1787) リウ              32子 - 239才 没
17 - (+1819) セルグ          30子 - 230才 没 

18 - (+1849) ナホル          29子 - 148才 没
19 - (+1878) テラ              70子 - 205才 没
  
13(カイナン ?) *-12代アルパクサデ の次に 13代カイナンが書かれている   
14代-( シラ = サラとは同じ人と思う ) ・・・ ( 新約 P-89 ) 
 

( 13代カイナンを入れていないので 14代はシラとなるが24代ユダから1代加えた。 )

*--------------------------------------------------------------*
  
20-(+1948年) アブラハム100子   -175才 没 
21-(+2048年) イサク        60子   -180才 没 
22-(+2108年) ヤコブ:                 -147才 没 
  
24-ユダ        25-パレス         26-エスロン        27-アラム 
=======          (ペレゾ)           (ヘゾロン)           (ラム) 
?28-アデミン  29-アミナダブ    30-ナアソン        31-サラ(サルモン)
    (???)                                (ナション)           (サルマ)
32-ボアズ       33-オペテ        34-エッサイ        35-ダビデ(第7子)
                        (オベデ)                                     -----------      
36-ナタン        37-マタタ          38-メナ             39-メレヤ      
40-エリヤキム  41-ヨナム         42-ヨセフ           43-ユダ        
44-シメオン     45-レビ             46-マタテ          47-ヨリム      
48-エリエゼル  49-ヨシュア        50-エル            51-エルマダム  
52-ユサム       53-アデイ          54-メルキ         55-ネリ        
56-サラテル     57-ゾロバベル    58-レサ           59-ヨハナン    
60-ヨダ           61-ヨセク           62-シメイ          63-マタテヤ    
64-マハテ       65-ナンガイ        66-エスリ          67-ナホム      
68-アモス        69-マタテヤ       70-ヨセフ           71-ヤンナイ    
72-メルキ        73-レビ             74-マタテ          75-ヘリ        
76-ヨセフ    ・77-イエス・キリスト 
  
  (   ) は、歴代志上 第 1章(P-563) ~ 第 3章全(P-567)呼び名

*--------------------------------------------------------------*
  
※※※::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::※※※

☆- マタイによる福音書 第 1章 1節では アダム から キリスト迄 60代 ( P- 1 )
 ・                                                  ( 歴代の番号は アダムより  P-12 )
 ・
20-アブラハム       21-イサク            22-ヤコブ           23-ユダ    
24-パレス            25-エスロン          26-アラム           27-アミナダブ
28-ナアソン          29ーサルモン        30-ラハブ           31-オペテ    
32-エッサイ          33-ダビデ     
  
14代  * アブラハム から ダビデ
============================
  
  
33-ダビデ(第 7子)   34-ソロモン(第10子)  35-レハベアム    36-アビヤ  
37-アサ                 38-ヨサパテ             39-ヨラム          40-ウジャ  
41-ヨタム               42-アハズ               43-ヒゼキヤ       44-マナセ  
45-アモン               46-ヨシヤ               
  
14代  * ダビデ から バビロン へ移される迄
=================================== 
  
  
47-エコニヤ         48-サラテル          49-ゾロバベル       50-アビウデ
51-エリアキム      52-アゾル             53-ザドク              54-アキム  
55-エリウデ         56-エレアザル        57-マタン             58-ヤコブ  
59-ヨセフ          + 60-イエス・キリスト     
  
14代  * バビロン へ移されてから キリスト
====================================
  
*--------------------------------------------------------------*
  
  
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
※$- レビ部族  アロン 。 モーセ  (歴代志上第 6章 1節)(P-570)
==========================
  
20※-アブラハム       21#-イサク          22☆-ヤコブ               23-レビ    
24-ゲルション*コハテ 25-アムラム          26-アロンモーセ        27-エレアザル
28-ピネハス             29-アビシュア        30-ブッキ                  31-ウジ      
32-ゼラシャ              33-メラヨテ            34-アマリヤ              35-アヒトブ  
36-ザドク                 37-アヒマアズ        38-アザリヤ              39-ヨハナン  
40-アガリヤ              41-アマリヤ           42-アヒトブ               43-ザドク    
44-シャルム             45-ヒルキヤ           46-アザリヤ              47-セラヤ    
48-ヨザダク              49-エシュア(P-653) 50-ヨアキム (P-681)  51-エリアシブ
52-ヨイアダ              53-ヨナタン             54-ヤドア
---------------------------------------------------------------
48$-エズラ系図 (P-658)  アルタシャスタ王治世 第 7年にエルサレムに上る
    *- ネヘミヤ    (P-675)  アルタシャスタ王治世 第20年城壁完成(P-672)   
50*- ヨザバデ    (P-661)、 マアセヤ(P-664)
  
  
$-レビ部族 (P-81)(P-570)(P-678~683) ==================================* 
*-23 レビ          (137才没) 子 = ( ゲルション、 *-コハテ、 メラリ )
*-24 コハテ       (133才没) 子 = ( *-アムラム、 イゾハル、 ヘブロン、   ウジエル )
*-25 アムラム    (137才没) 子 = ( *-アロン、   モーセ )
*-26 アロン       (   ?      ) 子 = ( ナタブ、     アビウ、 *-エレアザル、 イタマル )
*-27 エレアザル (   ?     )  子 = ( ピネハス、(P-372) )  
---------------------------------------------------------------------
26- モーセ   (120才没) 妻 = チッポラ との子(P-76)
27- モーセの長男        子 = ゲルショム
27- モーセの第 2         子 = エリエゼル
  
*--------------------------------------------------------------*

  
◎--◎

*-* 

 ・≪ クリスマス・イヴ ≫ へ 戻る 

 イエスキリスト  の ページへ

 

*-*

     

     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神の御旨 ・ 安心立命



**

※- 神の御旨 ・ 安心立命 ( Spiritual peace )

 

  

  ※- 信仰 と 希望 と 愛 -※                                            Route
  ===================================================================
  ☆- コリントへの第一の手紙 第13章 1節 ~ 13節
 
  - 2 たといまた、 私に預言する力があり、 あらゆる奥義とあらゆる知識とに
      通じていても、 また、 山を動かすほどの強い信仰があっても
もし愛が
      なければ、 私は無に等しい
。 
 
   
  
  - 3 たとい又、 私が自分の全財産を人に施しても、 また、 自分の体を焼かれる
      為に渡しても、 もし愛がなければ、 一切は無益である。
 
   
  
  - 4 愛は寛容であり、 愛は情け深い。 また、 妬(ねたぬ)む事をしない。  
       ------------   -----------           -------------------
      愛は高ぶらない、  誇(ほこ)らない、
      -------------   -----------

 
  - 5 不作法をしない、 自分の利益を求めない、 いらだたない、 恨みを抱かない。
       ------------   ------------------   ----------   -------------

  - 6 不義を喜ばないで  真理を喜ぶ。
       --------------   ---------
  
  - 7 そして、 すべてを忍び、 すべてを信じ、 すべてを望み、 すべてを 耐える。 
                   ----------   ----------   ----------   -------------  

 

  - 8 愛は いつまでも絶えることがない。  しかし、 預言はすたれ、異言はやみ、 
       --------------------------- 

      知識はすたれるであろう
 
  - 9 なぜなら、 私たちの知るところは一部分であり、 預言するところも 一部分
   
      にすぎない。
 
  -10 全きものが来るときには、 部分的なものはすたれる。
 
  -11 わたしたちが 幼な子であった時には、 幼な子らしく語り、  
      幼な子らしく感じ、 また、幼な子らしく考えていた。 しかし、
      大人になった今は、 幼な子らしい 事を捨ててしまった。
 
  -12 わたしたちは、 今は、 鏡に映してみるようにおぼろげに見ている。 しかし 
      その時には、 顔と顔とを合わせて、 見るであろう。 わたしの知るところは、
      今は一部分にすぎない。 しかしその時には、 わたしたちが完全に知られて 
      いるように、 完全に知るであろう。
 
  -13 このように、 いつまでも存続するものは、  信仰希望 と  と、
        -------------------------------   ----    ----    ---

      この三つである。 このうちで最も大いなるものは、 である
       ---------------                    -------------------   ---------
  
  
  ※- 新しい戒め -※
  ====================
  ※- ヨハネによる福音書 第13章34節
 
  -34 わたしは、 新しい戒めをあなたがたに与える、 互いに愛し合いなさい。
  
      わたしがあなたがたを愛したように。 あなたがたも互いに愛し合いな
      さい。
 
  -35 互いに愛し合うならば、 それによって、 あなたがたがわたしの弟子で
        あることを、 すべての者が認めるであろう」 。

 
  *-----------------------------------------------------------------------*
  
  

  ※- 聖書 [ 神の御旨 ] -※
  =====================

  
  ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
  佛佛佛  ******** - SPIRITUAL PEACE ・・・   安心立命 - ********  佛佛佛
  ***::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::***
  ***                                                                                                      ***
  ***                      ※- 安心立命 ( あんじん りつめい ) -※                          :***
  ***                                                                                                      ***
  ***                                                                                                      ***
  ***              信仰によって天命を知り、   ・・・  天命 = 神の御旨                      ***
  ***                                                                                                      ***
  ***                 心を安んじ、反問もなく、   ・・・  心を静め、自我もなく                 ***
  ***                                                                                                      ***
  ***               生死・安危・利害の外に     ・・・  この世の諸々にとらわれず        ***
  ***                                                                                                      ***
  ***                       超越していること。    ・・・  信仰  ・  希望  ・  愛                 ***
  ***                                                                                                      ***
  ***                                                                              *- 仏典 -*         ***
  ***::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::***
  *************** ※- SPIRITUAL PEACE ・・・   安心立命 -※ *****************
  **********************************************************************
 
  ※-[ 神の御旨(みむね)]-※
  ===========================
  * コロサイ人への手紙 第 1章 9節 ~10節  
  
      そういうわけで、 これらの事を耳にして以来、 わたしたちも絶えず
     あなたがたのために 祈り求めているのは、 あなたがたが あらゆる
     霊的な知恵と理解力とをもって、  神の御旨を深く知り
、 
   
  
  -10 主の御心にかなった生活をして 真に主を喜ばせ、 あらゆる良い業を
        -----------------------------------------------------
      行って実を結び、 神を知る知識を いよいよ増し加えるに至ることで
      ----------------------------------------------------
      ある。 
      ----

  
  
  * ローマ人への手紙 第12章 1節 ~2節  
  
      兄弟たちよ。 そうゆうわけで、 神のあわれみによって あなたがたに勧 

      める。 あなたがたの身体を、 神に喜ばれる、 生きた、 聖なる供え物とし 

 

      てささげなさい。 それが、 あなたがたのなすべき 霊的な礼拝である。  
 

  - 2 あなたがたは、 この世と妥協してはならない。 むしろ、 心を新たにする 
  
      ことによって、 造りかえられ、 何が神の御旨であるか、 何が善であって、

      神に喜ばれ、  かつ全きことであるかを、 わきまえ 知るべきである。    
    
  
  
  * エペソ人への手紙 第 1章 8節 ~11節  
  
      神はその恵みをさらに増し加えて、 あらゆる知恵と悟りとをわたしたち
      に賜り、
 
  - 9 御旨の奥義を、 自らあらかじめ定められた計画に従って、 わたしたちに
  
      示して下さったのである。
    
  -10 それは、 時の満ちるに及んで実現される ご計画に他ならない。 それに 
   
      よって、 神は天にあるもの 地にあるものを、 ことごとく、 キリストに 
   
      あって一つに帰せしめようと されたのである。
   
  
  -11 わたしたちは、 御旨の欲するままに 全ての事をなさるかたの目的の下 
    
      (もと)に、 キリストにあってあらかじめ定められ、 神の民として選ばれ
   
      たのである。
   
  
  
  * ペテロの第一の手紙 第 4章 1節 ~11節  

  
  -2 それは、 肉における残りの生涯を、 もはや人間の欲情によらず、
    
      神の御旨によって過ごす為である。
   
  
  - 7 万物の終わりが近ずいている。 だから、 心を確かにし、 身を慎んで、
    
      努めて祈りなさい。
   

*-*

 

※- 聖書 [ 神の予告 ]-※ ・・・ ( 重複掲載ですのでパスしてください )
=====================
  
 
  ***::::::::::::::::::::::::::::::::::: ※- SPIRITUAL PEACE ・・・   安心立命 -※ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::***
  ################ ====================================== #################

 

  # ☆☆☆ * エペソ人への手紙 第 1章 8節 ~ 11節                                    * ☆☆☆ 
  # 
  #     神はその恵みをさらに増し加えて、 あらゆる知恵と悟りとをわたしたち 
  #     に賜り、 
  #  
  # - 9 御旨の奥義を、 自らあらかじめ定められた計画に従って、 わたしたちに 
  #     ============================================================ 

  #     示して下さったのである。  
  #     ====================  
  #   
  # -10 それは、 時の満ちるに及んで実現される ご計画に他ならない。 それに 

  #    
  #     よって、 神は天にあるもの 地にあるものを、 ことごとく、 キリストに   
  #   
  #     あって一つに帰せしめようと されたのである。  
  #       
  # -11 わたしたちは、 御旨の欲するままに 全ての事をなさるかたの目的の下(もと)に
  #

  #      、 キリストにあってあらかじめ定められ、 神の民として選ばれたのである。  
  #  
  # 
  #########################################################################
  #

  #

  # ※- 神の予告 -※   

  # ==================   
  #

  # *イザヤ 42- 9 見よ、 さきに預言した事は起こった。 わたしは新しい事を告 
  #               げよう。 その事がまだ起こらない前に、 わたしはまず、  
  #               あなたがたに知らせよう

  #

  # *イザヤ 46-10 わたしは終わりの事を初めから告げ、 まだ成されない事を   
  #               昔から告げて言う、 「わたしの計り事は必ず成り、 わが目的   
  #               ことごとく成し遂げる」。 と 
  #  

  # *アモス  3- 7 まことに 主なる神は そのしもべである預言者に その隠れた
  #               事を示さないでは、 何事をもなされない。 
  #

  # *ヨハネ福音 14-29  今わたしは、 そのことが起こらない先にあなたがたに語った。 
  #               それは、 事が起こった時に あなたがたが信じるためである。  
  #  
  # *黙示録 22- 6 彼はまた、 私に言った、 「これらの言葉は信ずべきであり、 

  #               まことである。 預言者たちの魂の神なる主は、 すぐにも起こるべきことを 
  #               その僕たちに示そうとして、 御使を使わされたのである。  

  #                  
  #########################################################################
  ※---------------------------------------------------------------------※
  # ※- 世の終わり と 前兆に付いて -※  

  # ===============================  
  # ※- マタイによる福音書 第24章 *-全節 -※  
  #  
  # - 3 またオリブ山で座っておられると、 弟子たちが、 密かに身もとに来て 
  #     言った、 「どうぞお話ください。 いつ、 そんな事が起こるのでしょうか。  
  #     あなたが またおいでになる時や、 世の終わりには、 どんな前兆があり 

  #     ますか 」 。                               ------------------------------
  #    -------
  #

  # - 4 そこで イエスは答えて言われた、 「人に惑わされないように 気を付け 
  #     なさい。  
  #  
  # - 5 多くの者がわたしの名を 名のって現れ、 自分が キリストだと言って、 
  #     多くの人を惑わすであろう。 
  # 
  # - 6 また、 戦争と戦争の噂とを聞くであろう。 注意していなさい、あわてては 

  #     いけない。 それは起こらねばならないが、 まだ終わりでわない。    
  #  
  # - 7 民は民に、 国は国に敵対して立ち上がるであろう。またあちこちに、 飢饉 
  #     が起こり、 また地震があるであろう。  
  #  
  # - 8 しかし、 すべてこれらは 産みの苦しみの初めである。 
  #  
  # - 9 そのとき人々は、 あなたがたを苦しみにあわせ、 また殺すであろう。 
  #     またあなたがたは、 わたしの名のゆえにすべての民に憎まれるであろう。 
  #  
  # -10 その時、 多くの人がつまずき、 また互いに裏切り、 憎しみ合うであろう。 
  #  

  # -11 また多くの にせ預言者が起って、 多くの人を惑わすであろう。
  #  
  # -12 また不法がはびこるので、 多くの人の愛が冷えるであろう。 
  #  
  # -13 しかし、 最後まで耐え忍ぶ者は救われる。 
  #  
  # -14 そして この御国の福音は、 すべての民に対して証をするために、全世界  
  #     に 宣べ伝えられるあろう。 そしてそれから最後が来るのである。 
  #  
  # -15 預言者 ダニエルによって言われた 荒らす憎むべき者ガ、 聖なる場所に 
  #     立つのを見たならば  ( 読者よ、 悟れ )。  
  #  
  # *** - 常供の燔祭が取り除かれ、 荒らす憎むべきものが 立てられる時から、  
  #         ----------------------------------------------------------  
  #     1290日(3年半) が定められている。 待っていて1335日(45日後=1ケ月半後)
  #     -------------------------------------------------------------  
  #     に至る者はさいわいです。                         ・ダニエル書 第12章11節    
  #     -------------------------------------------------------------  

  #  
  # -16 そのとき、 ユダヤにいる人々は山に逃げよ。   
  #  
  # -17 屋上に居る者は、 家から物を取り出そうとして下におりるな。   

  # 
  # -18 畑にいる者は、 上着を取りにあとへもどるな。 
  #  
  # -19 その日には、 身重の女と乳飲み子を持つ女とは、 不幸である。  
  #  
  # -20 あなたがたの逃げるのが、 冬または安息日にならないように祈れ。  
  #  
  # -21 その時には、 世の初めから現代に至るまで、 かつてなく今後もない  
  #     -------------------------------------------------------- 
  #     ような 大きな患難が起こるからである。  

  #     --------------------------------  
  # 
  # -22 もしその期間が縮められないなら、 救われる者は一人もないであろう。  
  #     しかし、 選民のためには、 その期間が縮められるであろう。  
  #  
  # -23 そのとき、 だれかがあなたがたに 「見よ、 ここにキリストがいる」、 
  #     また、 「あそこにいる」 と言っても、 それを信じるな。 
  #   
  # -24 にせキリストたちや、 にせ預言者たちが起って、 大いなるしるしと 

  #     奇跡とを行い、 できれば、 選民をも惑わそうとするであろう。  
  #  
  # -25 見よ、 あなたがたに前もって言っておく。  
  #  
  # -26 だから、 人々が 「見よ、 彼は荒野にいる」 と言っても、 出ていくな。  
  #     また、 「部屋の中にいる」 と言っても信じるな。  
  #  
  # -27 ちょうど、 稲妻が東から西にひらめき渡るように、 人の子も現れるで  
  #     あろう。   

  #  
  # -28 死体のあるところには、 はげたかが集まるものである。  

  #  
  # -29 しかし、 その時起こる患難の後、 たちまち日は暗くなり、 月はその光を 
  #     放つことをやめ、 星は空から落ち、 天体は揺り動かされるであろう。  
  #  
  # -30 そのとき、 人の子のしるしが天に現れるであろう。 またそのとき、地の 
  #                    --------------------------------  
  #     すべての民族は嘆き、 そして力と大いなる栄光とをもって、 人の子が  
  #     天の雲に乗ってくるのを、 人々は見るであろう。 
  #   
  # -31 また、 彼は大いなるラッパの音と共に御使たちをつかわして、 天のはて 
  #     から はてに至るまで、 四方からその選民を呼び集めるであろう。  

  #  
  # -32 無花果の木からこの譬を学びなさい。 その枝が柔らかになり、 葉が出る 
  #     ようになると、 夏の近いことがわかる。 
  #   
  # -33 そのように、 すべてこれらのことを見たならば、 人の子が戸口まで近 
  #                        ---------------------------  
  #     づいていると知りなさい。 
  #  
  # -34 よく聞いておきなさい。 これらの事が、 ことごとく起こるまでは、 この 
  #     時代は滅びることはない。  
  #  
  # -35 天地は滅びるであろう。 しかし わたしの言葉は滅びることはない。  
  # 
  # -36 その日、 その時は、 だれも知らない。 天の御使達も、 また子も知らない  
  #     、 ただ 父だけが知っておられる。   

  #       =========================  

  # -37 人の子の現れるのも、 ちょうどノアの時のようであろう。  
  #       ---------------------------------------------  

  #*-*  
  #  
  # ※- 世の終わり と 前兆に付いて -※  

  # ===============================  
  # ※- ルカによる福音書 第21章10節 ~ 36節  
  #  
  #*-10 それから彼らに言われた、 「民は民に、 国は国に敵対して 立ち上がるで  
  #     あろう。 
  #

  # -11 また 大地震があり、 あちこちに疫病や 飢饉が起こり いろいろ恐ろしい 
  #     ことや 天からの物凄い前兆があるであろう。
  #

  # -12 しかし、 これらのあらゆる出来事のある前に、 人々はあなたがたに手を  
  #     かけて迫害をし、 会堂や獄に引渡し、わたしの名のゆえに 王や総督の前  
  #     に ひっぱって行くでしょう。  
  #

  # -13 それは、 あなたがたが 証をする機会と成るであろう。  
  #

  # -14 だから、どう答弁しようかと、前もって考えておかないことに心を決め   
  #     なさい。  → ・ ・ ・ ・  
  #

  # -19 あなたがたは耐え忍ぶことによって、 自分の魂を勝ち取るであろう。
  #

  # -20 エルサレムが軍隊に包囲されるのを見たならば、 その時は、滅亡が近づ 
  #     いたと覚りなさい。 
  #

  # -21 そのとき、ユダヤにいる人々に山へ逃げよ。 市中にいる者は、 そこから 
  #     出てゆくがよい。 また、田舎にいる者は市内に入ってはいけない。 
  #

  # -22 それは、 聖書に記された全ての事が実現する 刑罰の日であるからだ。 
  #      → ・ ・ ・ ・ ・  
  #

  # -25 また日と月と星に、 しるしが現れるであろう。 そして、 地上では、諸国   
  #     民が悩み、 海と大波との とどろきにおじ惑い、 
  #

  # -26 人々は世界に起ころうとする事を思い、 恐怖と不安で気絶するであろう  
  #     諸々の天体が揺り動かされるからである。  
  #

  # -27 その時、 大いなる力と栄光とを持って、 人の子が雲に乗って来るのを、 
  #     人々は見るであろう。 
  #

  # -28 これらの事が起こり始めたら、 身をお越し頭をもたげなさい。 あなた  
  #     がたの救いが 近ずいているのだから」。  -29 ・ -30 ・ -31 ・ -32 ・ -33  
  #     ・ -34  ・ ・ ・  → 。  
  #

  # -35 その日は 地の全面に住む 全ての人に臨むのであるから。
  #

  # -36 これらの おころうとしている すべての事から のがれて人の子の前に  
  #     立つことが出来るように絶えず目を覚まして祈っていなさい 」 。 
  #   
  #########################################################################

 

 

*-------------------------------------------------------------------------*

 


◎--◎
 


  ・≪ クリスマス・イヴ ≫ へ 戻る 

 

**

           

 

 ”風の道草” -景趣-

 

 

*-*

    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月26日 (月)

聖書 と 歴史


**

※- 聖書 聖書 と 歴史

 

  
*-(R-78) *聖書歴史.TXT                                                                        Route    
======================  2001.12-16 GS  ====================================
    
* 紀元前 8千年    メソポタミヤ ・・・・・・・・・   初期の 農耕、牧畜 
* 紀元前 7千年    パレスチナ 、エリコ ・・・   都の 始まり      
* 紀元前 6千年    エジプト・・・・・・・・・・・・・・   初期の 農耕 、牧畜
* 紀元前 4千年    シュメル ・・・・・・・・・・・・・   青銅期時代 に入る
  
***************************************************************************
*** --------- ※  += マーク ( アダムからの年代 ) と紀元前・後  ※ ------------ ***
###########################################################################
*-+1.500年[ ノアの子。 ノアの洪水 ]     紀元前 2.500年( JP-   73 )    
*-+2.000年[ エジプト住む   ]               紀元前 2.000年( JP- 117 )
*-+2.500年[ 士師記         ]                紀元前 1.500年( JP- 220 )
*-+3.000年[ 南北王朝時代   ]             紀元前 1.000年( JP- 301 )
*-+3.500年[ バビロンからの帰還 ]       紀元前    500年( JP- 417 )
*-+4.000年[ イエス・キリスト] ++ 0 ++    紀元        元年( JP- 494 )  - - - - -    + + +
*-+4.500年[ ユスチニアヌス法典 ]        紀元      500年( JP- 532 )
*-+5.000年[ カトリック分裂ギリシャ ]     紀元    1.000年( JP- 551 )
*-+5.500年[ ルター・宗教改革 ]           紀元    1.500年( JP- 588 )
**-----------------------------------------------------------**
 
 

 ※- 創世記 -※ 


◎- 紀元前 4000年 (  )← は ・ アダムからの年代 :::::::::::::::::-☆

+アダム BC4000年頃   ( + 0 誕生 ~ + 930才没 )
  
*-A-1 :///////////////////////////////////////////////////////-*

※-創世記 第 5章 1節  アダムの系図は次のとおりである。

     *-生れた年代   *-名前         *-子が産た歳   *-没年齢  *-没年代
     ============   ==========   ============  ========  ======== 
※ 1-始祖 生・       *- アダム       130子 ・・・・・     -930才没    + 930年 
* 2-( +130年生)     *- セツ          105子 ・・・・・     -912才      +1042年 
* 3-( +235年生)     *- エノス         90子 ・・・・・      -905才      +1140年 
* 4-( +325年生)     *- カイナン      70子 ・・・・・      -910才      +1235年 
* 5-( +395年生)     *- マハラレル   65子 ・・・・・     -895才      +1290年 

* 6-( +460年生)     *- ヤレド        162子 ・・・・・     -962才      +1422年 
*--------------------------------------------------------------*
 
◎- 紀元前 3500年  + 500年 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::-☆ 
  
* 日本   3千500年 縄文時代初期
* 紀元前 3千300年 シュメル都市文明 ・・・・・   楔形文字 
* 紀元前 3千100年 エジプト初期王朝 ・・・・・   象形文字 
  
*-A-2 :///////////////////////////////////////////////////////-*
* 7-( +622年生 )  *- エノク        65子 ・・・・・  -365才    + 987年 
* 8-( +687年生 )  *- メトセラ    187子 ・・・・・  -969才    +1656年 
* 9-( +874年生 )  *- レメク      182子 ・・・・・  -777才    +1651年 
*--------------------------------------------------------------*

* 紀元前 3千年    インダス文明 
* 紀元前 3千年    中国文明    
 
◎- 紀元前 3000年  +1.000年 :::::::::::::::::::::::::::::::::::-☆

 

※- ノア はアダムから +1056年後に生れた
  
+ ノア BC3000年 ( +1056年 ~ +2006年 アブラハムの時代まで )  
  
*-A-3 :///////////////////////////////////////////////////////-*

※10-(+1056年生)  *- ノア        500子 ・・・・・  -950才    +2006年 

※-創世記 第10章 1節
*-ノアの子 セム( 黄色人 )、 ハム( 黒人 )、 ヤペテ( 白人 )の系図は次のとおりである。
  
*-セム  の子孫  ・ ( *-エラム、 *-アシュル、 *-ルデ、   *-アラム、  *-アルパクサデ )
*-ハム  の子孫  ・ ( *-クシ、    *-プテ、       *-カナン、 *-ミツライム[エジプト]        )
*-ヤペテの子孫 ・ ( *-ゴメル、 *-マゴク、    *-マダイ、 *-ヤワン、  *-トバル、         )
                       ・ ( *-メセク、 *-テラス )。
*--------------------------------------------------------------*

* 紀元前 2千700年 エジプト古王朝時代 ・・・   ピラミット
 
◎- 紀元前 2500年 +1.500年  :::::::::::::::::::::::::::::::::::-☆
  
* 紀元前 2千500年 ウル第一王朝 
* 紀元前 2千350年 マッカド王朝 
  
*-B-1 :///////////////////////////////////////////////////////-*
*11-(+1556年生)  *- セム        102子 ・・・・・  -602才没  +2158年 

*--------------------------------------------------------------*

+- ノアの洪水 -  BC2341年 ( +1656年~1657年 ) ・( P-8 )
    ///////////   =========   ---------------
  
*-B-2 :///////////////////////////////////////////////////////-*
*12-(+1658年生)  *- アルパクサデ 35子 ・・・・・  -438才    +2096年 
*13-(+1699年生)  *- シラ              30子 ・・・・・  -433才    +2132年 
*14-(+1723年生)  *- エベル          34子 ・・・・・  -464才    +2187年 
*15-(+1757年生)  *- ペレグ          30子 ・・・・・  -239才    +1996年 
*16-(+1787年生)  *- リウ             32子 ・・・・・  -239才     +2026年 
*17-(+1819年生)  *- セルグ         30子 ・・・・・  -230才     +2049年 
*18-(+1849年生)  *- ナホル         29子 ・・・・・  -148才     +1997年 
*19-(+1878年生)  *- テラ             70子 ・・・・・  -205才     +2083年 
  
※-創世記 第11章31節 *- テラ ( 4名。 カルデヤの *-ウル から *-ハラン )

テラはその子アブラムと、 ハランの子である孫ロトと、 子アブラムの妻である
嫁サライとを連れて、 カナンの地へ行こうとカルデヤのウルを出たが、 ハラン
に着いてそこに住んだ。
*--------------------------------------------------------------*

* 紀元前 2千112年 ウル第三王朝    *ヒッタイト人 アナトリアに侵入
* 紀元前 2千年    メソポタミアにアモリ人侵入 ( 王朝創立-1700年頃 )
  
※アブラハム BC2000年 ( +1948年 ~+2123年 )
  
*-C-1 :///////////////////////////////////////////////////////-*

※20- ( +1948年生 )   *- アブラハム -100子 ・・・・・  -175才没  +2123年 
*---  ( +1958年生 )    *= サラ(アブラハムの妻)・・・  -127才没  +2085年
                                  - 90才 +2048イサクを産む ( P-23 )   
*---  ( +2034年生 )   *= イシマエル           ・・・・  ・  -137才没  +2171年
                                  - 13才で割礼( P-19 )
*--------------------------------------------------------------*

* 紀元前 2千年    アーリア人西北インドに入る
 
◎- 紀元前 2000年 +2.000年  ::::::::::::::::::::::::::::::::::-☆

 

☆- アブラハムは、アダムから +1948年後に誕生
  
* 紀元前 1千894年 バビロン第一王朝 ( アモリ人による )
  
※- (+2023年 ~ +2453年)-**-////////////////////////////-**
※-【**- エジプト住 -**】( *- 430年間 P-91 -* ) ----------------**
**- エジプトへ       -**
*- ( +2023年 )   ※- アブラハム 75才の時  ( P-13 )         +2453年          
*- ( +2228年 )   ☆- ヤコブ     130才の時  ( P-67 )         +2668 差=*215年間
*- ( +2216年 )   *- ヨセフ       17才の時  (P-52) 兄弟がイシマエル人に売る 
※-創世記 第12章 4節 ※-アブラム ( 3名。 *-ハラン から *-カナンへ)
                                ---------------------------------------
アブラムは主が言われたようにいで立った。 ロトも彼と共に行った。
アブラムはハランを出た時 75才であった。
- 5 アブラムは妻サライと、 弟の子ロトと、 集めた全ての財産と、 
     ハランで 獲た人々とを携えてカナンに行こうとしていで立ち、
     カナンの地に来た。
*--------------------------------------------------------------*

※- アブラハム 
BC1977年 ( +2023 )   ※- エジプトへ 在住430年間 ( P-13 )
  
#- イサク ( +2048年 ~+2228年 )( P-23 )。 エジプトに下ってはならない( P-32 )
  
☆- ヤコブ ( +2108年 ~+2255年 )( P-67 )
BC1762年 ( +2238年 )☆エジプトへ 在住430年間 ( P-91 )
  
*-C-2 :///////////////////////////////////////////////////////-*
☆21-( +2048年生 )  *- イサク      - 60子 ・・・・・  -180才没  +2228年 
☆22-( +2108年生 )  *- ヤコブ      - 91子 ・・・・・  -147才没  +2255年 
☆23-( +2199年生 )  *- ヨセフ   31~37子 ・・・・・  -110才没  +2309年 
☆24-( +2230年生? ) *- マナセ( P-58 )
*-*

 
※- 出エジプト 記 -※ 

第 1章 1節 さて、 ヤコブと共に、 おのおのその家族を伴って、 エジプトへ行った
イスラエルの子らの名は次のとおりである
- 2 すなわち
*-ルベン、           *-シメオン、     *-レビ、      *-ユダ、
- 3 *-イッサカル、 *-ゼブルン、    *-ベニヤミン、       
- 4 *-ダン、         *-ナフタリ、      *-ガド、      *-アセル であった。
  
- 5 ヤコブの腰から出た者は、 合わせて70人。 *-ヨセフはすでにエジプトにいた。
- 6 そして、 ヨセフは死に、 兄弟たちも、 その時代の人々もみな死んだ。
  
※- エジプトへ行った ☆-ヤコブの家族 = 70人

*--------------------------------------------------------------*

※- ハムラビ王( 紀元前 1792-1750 )  ※- ハムラビ法典 ( バビロン第一王朝 )
× 紀元前 1千600年 バビロン第一王朝滅ぶ --- ヒッタイトにより
  
※- (+2453年 ~ +2493年 ) -**-///////////////////////////-**
※-【**- 出エジプト -**】 ( *- 40年間 P-74 -* ) ----------------**
*- ( +2373年生 )  *- モーセ 80才( P-82 )+2453年  -120才没  +2493  モアブの地
*- ( +2370年生 )  *- アロン 83才の時出エジプト -( P-217 ) ------- ホル山で没

$-23-レビの子孫 →  *24-コハテ →  *25-アムラムの子( P-81 )
*-26 アロン( 兄 )、 

*-26 モーセ( 弟 )。
$-26 モーセ BC1290年 ( +2453年 ) エジプトを出る ( P-82 )
  

※- 民数 記 -※ ( P-181 )

第 1章 1節 エジプトの国を出た次の年の2月1日、 主はシナイの荒野の会見の幕屋
    において、 モーセに「イスラエルの全会衆を氏族とその父祖の家によって 20才以
    上の男子の名の数をだし、その総数を得なさい 」 
*-ルベン       = 4万6千5百人         *-シメオン  = 5万9千3百人
*-ガド           = 4万5千6百50人      *-ユダ      = 7万4千6百人
*-イッサカル  = 5万4千4百人         *-ゼブルン = 5万7千4百人
*-ヨセフ        = 4万     5百人         *-マナセ    = 3万2千2百人
*-ベニヤミン  = 3万5千4百人         *-ダン       = 6万2千7百人
*-アセル       = 4万1千5百人         *-ナフタリ   = 5万3千4百人
   
     合計  60万3千5百50人
  
第26章 1節  疫病の後、主はモーセと祭司エレアザルに2回目の20才以上の男子の
数を数えたさせた。
*-ルベン      = 43.730人            *-シメオン    = 22.200人
*-ガド          = 40.500人            *-ユダ         = 76.500人
*-イッサカル = 64.300人            *-ゼブルン   = 60.500人
*-ヨセフ       = 52.700人            *-エフライム = 32.500人 ( マナセ )
*-ベニヤミン = 45.600人            *-ダン         = 64.400人
*-アセル      = 53.400人            *-ナフタリ     = 45.400人
    
合計  60万1千7百30人 

 

*-エリコに近いヨルダンのほとりにあるモアブの平野で数えたイスラエルの人々です  
シナイの荒野で 1回目に数えた人々は、一人もいなかった。( カレブとヨシュアを除いて )( P-228 )
主がかって「彼らは必ず荒野で死ぬであろう」 と言われたからである」。( P-206 .)
*--------------------------------------------------------------*

 

※- ヨシュア記 -※


※- (+2493年 ~ ?=+2533年 ) -**-/////////////////////////-**
※-【**- ヨシュア記 -**】( *- 40年間 ? P-301* )  ----------------**
*- ( +2423年生 ? ) *- ヨシュア ( P-293 ) -110才没         +2533年
*- ヨシュア( ヌンの子 *ホセアをモーセがヨシュアと改名 )( P-203 )
*- ヨシュア  ← *- ヌン、  ← *- エリシャマ、 ← *- アミホデ、 ← *- ラダン、
( 歴代上7-20 ) ← *- タハン、← *- テラ、       ← *- レセフ、   ← *- レパ、  
( P-573 )      ← *- ベリア、 < *- エフライム、  < *- ヨセフ、  ≪ ☆- ヤコブ 
*--------------------------------------------------------------*

 

◎- 紀元前 1500年 +2.500年  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::-☆
  
* 紀元前 1千354年 エジプト ( ツタンカーメン ~ 1345年 )
  
※- (?=+2533年 ~ +2849年 ) -**-////////////////////////-**
※-【**- 士師記 -**】( *- 316年間 ? P-338 ) --------------------**
*- ヨシュア ( 110才没 ) の年代不明 ( ?=+2533年没年 ) + ~( 316年間 )~ + サウル
*- モーセ没年             *+2493年 ~ ・・・・・・ + ~( 356年間 )~ +2849年

*--------------------------------------------------------------* 

 

※-    士師記   -※

 

*- ヨシュア ( 110才没 ) の年代不明
  
*-    8年間    メソポタミヤ王 クシャン・リシャタイム       ( P-341 )
☆- 40         オテニエル ( ケナズの子 )                     ( P-341 )
*-  18         モアブの王 エグロン                             ( P-341 )
☆- 80         エホデ ( ベンジャミンびと、ゲラの子 )       ( P-342 )
*-   20        カナンの王 ヤビン                                ( P-343 )
☆- 40        デボラ(女預言者)ラピドテの妻 とバラク     ( P-346 )
*-    7        ミデアンびと                                    ( P-346 )
☆-  40      ギデオン (別名エルバアル、 ヨアシの子)     ( P-352 )
☆-   3        アビメルク (ギデオンの子)                      ( P-354 )
☆-  23        トラ (プワの子、ドドの子、 イッサカルの人) ( P-355 )
☆-  22        ヤイル (ギレアデびと)                           ( P-356 )
*-   18        ペリシテびと、アンモンびと                      ( P-356 )
☆-   6        エフタ (ギレアデびと)                            ( P-359 )
☆-   7        イブザン (ベツレヘムの)                        ( P-360 )
☆-  10        エロン (ゼブルンびと)                           ( P-360 )
☆-   8        アブドン (ヒレルの子、 ピラトンびと)          ( P-360 )
*-   40        ペリシテびと                                        ( P-360 )
☆-  -- ( 20年 ) サムソン (マノアの子、 ダンびと)         ( P-364 )
☆-  40        祭司 エリ (98才没)  サム記上                ( P-388 )
*-     7ケ月   ペリシテびと (主の箱)                          ( P-389 )
☆-  20        エレアザル(アビナダブの子) (主の箱)      ( P-390 )
 
合計 450年間7ケ月
================
*-この450年間を時代の中にそのまま入れると計算が合わなくなる。
※-新約 - 使徒13-19~20(P-203)
-19 カナンの地では七つの異民族を打ち滅ぼし、 その地を彼らに譲り与えられた。
-20 それらの事が 約450年 の年月にわたった。 その後、 神は裁き人たちをおつかわしになり、

 預言者サムエルの時に及んだ。
  
※+2453年 出エジプトから*-主の宮を建て始めるまで480年間 +2933年
    +========================= 480年間 ===================+2933年
            |================= 356年間 ==|
    +2453年 +2493年  +2533年~ 316年間 ==+2849年 +2889年 +2929年  +2969年
    +-------+--------+===================+-------+-------+--------+南北王朝 
    +モーセ +ヨシュア+ *- 士師記時代  -* +サウル +ダビデ +ソロモン+レハベアム

※-  統一王朝時代  -※

 

☆ サウル ・ダビデ ・ソロモン BC1100年 (+2900年)(P-392)
  
※- (+2849年 ~ +2969年 ) -**-///////////////////////////-**
※-【**- 統一王朝 -**】 ( *- 120年間 -* ( P-392、P-396 )
      *- 王位の期間 -* ・・・・・ *- 3人とも40年間 治める  合計120年間 統一王国
     ================        ==========================================
*     +2849年~+2889年使13-21  ※-サウル  ( P-398 ) +2819年生~70才没 *+2889年
* 33 +2889年~+2929年( P578 )  ※-ダビデ  ( P-603 )  +2859年生~70才没 *+2929年
* 34 +2929年~+2969年( P604 )  ※-ソロモン( P-615 )  +???  年生~ ??? 没 *+2969年
  
* +2933年 ・・・ *- 神宮( P-484 ) エジプトの地を出てから 480年の時
============     *-ソロモン王 治世 第4年 ジフの月( 2月 )
○- 480年間
*--------------------------------------------------------------*

※- (+2969年 ~ +3374年) -**-D-1 ://////////////////////-**
※-[ 南北王朝時代 ・年代表 ]☆南ユダ王朝 405年間 --------------**
================= (列王上11-43 下全)(歴代志下 9-31 ~ 36-23)

 

※- 南北王朝時代 -※

 

*- NO- 1 -*
☆- 南ユダ王国 -☆ ( *- 405年間 -* ) +2969年 ~ 405年間 ~ +3374年
  
*-生れた年代   *-名前        *-子が産た歳   *-没年齢  *-没年代 
============   ==========   ============  ========  ======== 
* 35-(+2928年生)  *- 1 レハベアム                 58才      +2986年 
* 36-(+ ?  )      *- 2 アビヤ                            ( ? )       +2989年 
* 37-(+ ?  )      *- 3 アサ                               ( ? )       +3030年 
*38-(+2996年生)  *- 4 ヨシャパテ                   60才       +3056年 
*--------------------------------------------------------------*
 
◎- 紀元前 1000年 +3.000年  :::::::::::::::::::::::::::::::::::-☆

  
*-D-2 :///////////////////////////////////////////////////////-*
* 39-(+3022年生)  *- 5 ヨラム                   40才 -1   +3061年 
*  -(+3019年生)    *- 6 アハジャ                 43才 -1  +3061年 
*  -(+ ?  )      *- 7 アタリア ( アハジャの母 )  ( ? )       +3067年 
*  -(+3061年生)    *- 8 ヨアシ                    47才 -1  +3107年 
*  -(+3082年生)    *- 9 アマジャ                 54才      +3136年 
* 40-(+3133年生)  *-10 ウジャ                   68才      +3201年 
*--------------------------------------------------------------*

※紀元前    900年 バラモン教 ( カースト制 ) 
×紀元前    853年 アッシリアが シリアを征服 
* 紀元前    776年 第一回オリンピック        
  
‡ イザヤ  BC747年 イザヤ書 ( P-551 ) ( +3202年 ~+3318年の時代の内 )
                    ( 第11代 ヨタム ~ 第14代 マナセの時代 )
*-D-3 :///////////////////////////////////////////////////////-*
* 41-( +3177年生 )  *-11 ヨタム                      41才 -1 +3217年 
* 42-( +3197年生 )  *-12 アハズ                     36才     +3233年 
* 43-( +3208年生 )  *-13 ヒゼキヤ                  54才     +3262年 
* 44-( +3251年生 )  *-14 マナセ                     67才     +3318年 
* 45-( +3297年生 )  *-15 アモン                     24才     +3321年 
*--------------------------------------------------------------*

☆ 移住      722年 アッシリア サルゴン二世 イスラエル人をアッシリアに移住
  
× 紀元前   671年 アッシリア エジプトを征服 
※ 紀元前   660年 ゾロアスター生まれる ・・・・・・・ ※-ゾロアスター教 
* 紀元前     625年 新バビロニア独立
*               620年 イソップ = ------------------ * 古代ギリシャ作家
×紀元前    612年 アッシリア滅亡( 主都ニネベ破壊される ) < 新バビロニアによって
  
☆ヨシヤ ( +3313年 ~+3352年 )
                  609年 エジプトのパロ・ネコによって メキドで敗死 ( ユダ王国16代 )
×紀元前     605年 バビロニア王ネブカトネザル( ~562 )、 ネコをカルケミンに破る
  
*-D-4 :///////////////////////////////////////////////////////-*
* 46-( +3313年生 )  *-16 ヨシヤ                            39才       +3352年 
*    -( +3329年生 )  *-17 エホアハズ( エジプト捕虜 )( ? )王位  +3352年迄
*    -( +3327年生 )  *-18 エホヤキム               36才             +3363年 
*    -( +3345年生 )  *-19 エホヤキン( バビロン捕囚 )( ? )王位 +3363年迄
*    -( +3342年生 )  *-20 ゼデキヤ  ( バビロン捕囚 )( ? )王位 +3374年迄
 
                                                                        ※・・合計  405年間
                                                                       =================
*--------------------------------------------------------------*

※- (+3362年 ) -**-//////////////////////////////////////-**
**- バビロン捕囚 -** *-歴代上 3-17 ( P-566 )  *-エレミヤ 52-28 ( P-1139 )
*-捕虜となったエホヤキムの子孫 ( *47-エコニア 、 *-ゼデキヤ ) ( P- 566 )
*-捕虜となったエコニアの子     ( *48-ネダビヤ、    シャルエル、  マルキラム、)
                                           ( ペダヤ、 セナザル、 エカミヤ、  )
                                           ( ホシャマ、                               )
*--------------------------------------------------------------*

×紀元前    587年 バビロニア、 シリア・パレスチナ全地方を征服
  
☆南ユダの滅亡 +3374年 第20代ゼデキヤ バビロン王ネブカドネザルに敗れる
  
※- (+3374年) -**-//////////////////////////////////////-**
**- 南北王朝滅亡   -** (紀元前では 607年といわれる)= +3393年 差-19年
====================
*- 北イスラエル王国の滅亡 ・・・ *+3239年
*- 南ユダ王国の滅亡 ・・・・・・・・・ *+3374年
※- アブラハム = +3374年 
*--------------------------------------------------------------*

**- バヒロン捕囚 -** ( P-1139 )  *-エレミヤ書 第52章28節 -/////-**
*-ネブカデレザル の 治世 第 7年    3.023人  ( +3362年 *-エホヤキムの時代 )
                                    第18年      832人  ( +3373年 *-ゼデキヤ   の時代 )
                                    第23年      745人  ( +3378年 *-70年間荒廃の時代 )
*-総数 4.600人            合計 4.600人
========                ------
*--------------------------------------------------------------*

☆* エルサレム荒廃  BC607年 ( +3374年 ) ・・・・・・・・ 70年間荒廃 ( +3444年 )
  
※- (+3374年 ~ +3444年 ) -**-///////////////////////////-**
※-【**- 70年間の荒廃 -**】 *- 歴代下 36-21 ( P-650 ) ---------**
 

※- アダムアブラハム統一王朝南北朝エルサレム荒廃+3444年
*----------------------------------------------------------------*

×紀元前    573年 ツロ市、 バビロニアに屈服 
※紀元前    563年 釈迦生まれる ・・・・・・・・・・・・・・・ ※-仏教  
* 紀元前    559年 ペルシャ王 クロス即位    
※紀元前    552年 孔子生まれる ・・・・・・・・・・・・・・・ ※-儒教  
×紀元前    539年 クロス王、 バビロニアとフェニキアを征服
  
☆ 捕囚釈放 538年 クロス王、ユダの捕囚民釈放布告
  
☆第1次帰還537年 ゼルバベルの指導により第1次帰還
  
※- (+3444年 ~ +3490年 ) -**-E-1 ://////////////////////-**
※- 第1の帰還 -※( P-566 )・( P-651 ) -----------------------------**
**- 捕囚帰還 -** ( P-653 ) *-エズラ記 2-64   *-ネヘミヤ記 7-66 -**
*- 第1の帰還 -*( P-651 ) ----------------------------------------------
*-ゼルバベル  *-エシュア     *-ネヘミヤ    *-セラヤ      *-レエラヤ  
*-モルデガイ  *-ビルシャン   *-ミスパル    *-ビグワイ    *-レホム    
*-バアナ
---------------------------------------------------------------------

*-帰還 会衆は ・・・・・ 合わせて  42.360人
*-しもべ 、 はしため   合わせて   7.337人
*-歌う男女    ・・・・・    合わせて     200人
                                   合計  49.897人
                                 -------
*- 総数  49.897人
==================

*- 第一捕囚 帰還総数  
*--------------------------------------------------------------*

☆エルサレム536年 第二神殿の定礎 ハガイ。 ゼカリアの活動
  
*  ギリ       530年 ピタゴラス= ------------*哲学者  数学者 
* 紀元前    522年 ペルシャ王 ダリヨス ~ 紀元前 486年    
 
◎- 紀元前  500年 +3.500年 :::::::::::::::::::::::::::::::::::-☆
  
×紀元前    492年 ペルシャ戦争始まる ~ 紀元前 448年 
  
☆ネヘミヤ  445年 エルサレム城壁修理完成 ネヘミヤ一時帰国 
  
☆エズラ    428年 学者エズラ帰国 新法典の発布 ( 432 & 398 説有り )
  
*-E-2 ://////////////////////////////////////////////////////-*
※- 第2の帰還 -※(P-658 ~ P-660) *-アルタシャスタの7年 
*-エズラ は セラヤの子  ←・・・・・ $-祭司長アロン
   ( *セラヤ、 ←*アザリヤ、 ←*ヒルキヤ、 ←*シャルム、 ←*ザドク( P-658 )
  
*-ゲルショム  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ( ピネハスの子孫 )
*-ダニエル    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ( イタマルの子孫 )
*-ハットシ は *-シカヤの子 ・・・・・・・・・ ( ダビデの子孫 )
*-ゼカリヤ    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ( パロシの子孫 )
*-エリヨエナイ は *-ゼラヒヤの子 ・・・ ( パハテ・モアブの子孫 )
*-シカニヤ は *-ヤハジェルの子 ・・・・・ ( ザッツの子孫 )
*-エベデ   は *-ヨナタンの子 ・・・・・・・ ( アデンの子孫 )
*-エサヤ   は *-アタリヤの子 ・・・・・・・ ( エラムの子孫 )
*-ゼバデヤ は *-ミカエルの子 ・・・・・・・ ( シバテヤの子孫 )
*-オバデヤ は *-エヒエルの子 ・・・・・・・ ( ヨアブの子孫 )
*-シロミテ は *-ヨシピアの子 ・・・・・・・ ( バニの子孫   )
*-ゼカリヤ は *-ベバイの子 ・・・・・・・・・ ( ベバイの子孫 )
*-ヨハナン は *-ハッカタンの子 ・・・・・ ( アズガデの子孫 )
*-[*-エリベレテ、 *-ユエル、 *-シマヤ] ( アドニカムの子孫 )
*-[*-ウタイ、 *-ザックル、] ・・・・・・・・・・ ( ビグワイの子孫 )
*-ヤレビヤ    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ( マヘリの子孫 ) ← ・・・ $-レビ
*-[*-ハシャビヤ、 *-エサヤ] ・・・・・・・・・ ( メラリの子孫 ) ← ・・・ $-レビ
*--------------------------------------------------------------*

* ギリシャ    470年 ソクラテス= 哲人  ~ 399 * 獄中毒杯をあおいで死す
  
※ユダヤ教  400年 ユダヤ教成立 
  
×紀元前    334年 アレキサンダー軍 ペルシャに遠征 
×紀元前    333年 アレクサンドロス、 ペルシャを破る ( イッソスの戦い ) 
  
☆エルサレム332年 アレクサンドロス エルサレムを占領   
  
* 紀元前    330年 ペルシャ帝国滅亡  
* 紀元前    323年 プレトサイオス王朝 --- 紀元前  30年 
  
☆ユダヤ    320年 ユダヤ  プトレマイオスによってエジプトに編入 
  
* 日本       300年 弥生時代初期  農耕稲作定住始まる 
* 紀元前    247年 アルサケス朝  ペルシャ( セレコウス朝)から独立
* 紀元前    246年 秦の始皇帝即位
  
☆エルサレム170年 シリア  エルサレムを占領 
  
☆ユダヤ    142年 ユダヤ  シリアより独立を認められる 
  
☆ユダヤ      63年 ユダヤ  ローマの属領と成る (ポンペイウス エルサレム占領)
  
☆ユダヤ王   40年 ヘロデ大王 元老院の承認により ユダヤ王となる
  
*               30年 クレオパトラ自殺 
  
☆ヘロデ王没  4年 3子=アケラオ、 アンチパス、 ピリポによって領土3分割される
                    *-アケラオ    後 6年 ( ユダヤ、 サマリア、 イドマヤ  の領主 )
                    *-ヘロデ・アンチパス 後39年 ( ガリラヤ、 ペレヤ    の領主 )
                    *-ピリポ                  後34年 ( イツリヤ、 テラコニテの領主 )
  
*-**********************************************************************-*
*-47 エコニヤ ( バビロン捕囚 )               *-48 サラテル
*-49 ゾロバベル (バビロンからの帰還)    *-50 アビウデ
*-51 エリアキム                                    *-52 アゾル  
*-53 ザドク                                          *-54 アキム  
*-55 エリウデ                                       *-56 エレアザル
*-57 マタン                                          *-58 ヤコブ  
*-59 ヨセフ                                         60 イエス・キリスト
 

 

 

*- 60  イエス・キリストの誕生   ( ユダヤの地 ベツレヘムで生れる ) ※

*-******************************************************************-*
 *-( 紀元前 4年 ) ? ヘロデ王時代にキリストが生まれる マタイ福音 第 2章 1節
 

- 紀元 始  +4.000年  ・始祖アダムから、4千年後 ・ イエス・キリストが誕生する
========================   *-----------------------------------------------*
イエス・キリストが宣教始めたのは、年およそ 30才の時であった

 
イエス・キリスト 33年・ 春、 過越しの祭り前に キリストは十字架に掛けられる
  
☆ ユダヤ王国  44年 再びローマの属領となる      
  
‡ 聖パウロ       47年 パウロの伝道始まる  ~ 64年 
  
* 日本             57年 邪馬台国 ( 金印 ) 
  
☆ 神殿完成     63年 エルサレム神殿完成 
  
‡ 聖パウロ       64年 パウロとペテロ 殉教-( 64年7月 )
‡聖ペテロ        同年
  
離散の民    70年 ローマ軍 エルサレムを破壊   ※- ユダヤ人 ・ 離散の民となる
  
‡+ ヨハネ       95年 ヨハネの黙示録 
  
☆ 再建         135年 エルサレム再建  ( アエリヤ・カピトリナと改名 )
  
*  西暦          160年 ゲルマン民族の移動 ~ 310年       
*  西暦          226年 サザン朝ペルシャ ~ 651年         
*  日本          239年 大和朝廷 女王卑弥呼 魏(ぎ)に遺使  
  
† 教              325年 コンスタン・チヌス ( キリスト教世界 )
  
* 西暦           330年 ローマ帝国 ( コンスタンチノーブル ) 
  
† 教              392年 アウグスチヌス ( 神口論 )           
  
† 聖書正典    397年 カルタゴ会議 新約 = 27巻、  旧約 = 44巻、 合計 = 71巻
  
* 西暦          395年 ローマ帝国 東西に分裂 
* 西暦          476年 西ローマ帝国滅ぶ                 
 
◎- 西暦  500年 +4.500年 
  
† 教             529年 ユスチニアヌス (法典) 
  
* 日本          593年 聖徳太子 摂政(セッショウ)  
* 西暦          610年 マホメット ◇ 啓示を受ける   ※-イスラム教
* 中国          628年 唐 全国を統一     
* 西暦          711年 イスラム帝国最盛期
  
☆エルサレム 637年 イスラム教徒 エルサレムを占領
  
* 日本          710年 平城京 七代 70年間 --- ( 和銅3年 )--* 元明天皇 から 
* 日本          794年 平安京   約400年間 ----------------* 桓武天皇 から 
* 西暦          800年 チャールズ大帝 ローマ法王と結ぶ
* 日本          806年 空海( 774~835 ) 別名 弘法大師 = 真言宗 
* 西暦          870年 独 ・ 仏 ・ 伊 に分かれる
* 日本          894年 遣唐使を廃止 
* 西暦          962年 神聖ローマ帝国成立 ~ ( 844年間 ) ~ 1806年
 
◎- 西暦 1000年  +5.000年 
  
* 西暦        1054年 ギリシャ正教 ローマカトリックと分裂
* 西暦        1066年 ノルマンジー公 イングランドを征服  
  
† 十字軍     1096年 十字軍始まる
  
☆エルサレム1099年 十字軍 エルサレム占領
  
* 西暦 英     1170年 オックスフォード大学創立 
* 日本         1175年 法然 =  浄土宗を開く
* 日本         1185年 平氏滅亡  
  
☆エルサレム1187年 サラジン エルサレム王国を滅ぼす
  
* 日本         1192年 鎌倉幕府 約145年間 --------------* 源頼朝 

* 日本         1200年 親鸞(1173~1262) =  浄土真宗
* 西暦 蒙古 1206年 蒙古を統一  
* 西暦 蒙古 1219年 ジンギスカン 西へ拡大始める 
* 日本        1253年 日蓮 ( 1222~1282 ) = 日蓮宗
* 西暦 中国 1260年 元 (フビライ汗 即位)   
* 西暦  伊   1265年 ダンテ= 詩人
  
† 十字軍     1291年 アクル陥落 十字軍の終結
  
* 西暦 トルコ1299年 オスマン帝国おこる ~ 1923年
  
‡ 教皇捕囚  1309年 教皇のバビロン捕囚始まる ~ 1377年
  
* 日本        1338年 室町幕府   *足利尊氏( 北朝 ) ------* 光明天皇
×西暦 英仏1339年 英仏百年戦争 ~ 1453年 
×西暦 朝鮮1392年 高麗滅び 李氏朝鮮建国  
* 西暦  伊   1452年 レオナルド・ダビンチ=---* 科学者  絵画-彫刻 
* 西暦       1453年 東ローマ帝国滅ぶ
* 西暦 ポー 1473年 コペルニクス=----------* 天文学者  聖職者  
* 西暦       1492年 コロンブス アメリカ大陸発見
 
◎- 西暦 1500年 +5.500年 
  
‡+ ルター   1517年 宗教改革
  
*                1519年 マゼラン世界一周始まる
×西暦       1533年 インカ帝国滅ぶ
*                1563年 ノストラ・ダムス = * 医者  預言者 
* 西暦  英   1564年 シェークスピア  = * 劇作家  詩人 
* 西暦  伊   1564年 ガリレイ          = * 物理学者     
×日本    1600年 関が原の戦い
* 日本     1603年 江戸幕府        = * 徳川家康 
* 西暦 仏    1604年 フランスのカナダ植民始まる
* 西暦 米    1620年 清教徒 北アメリカに移住   
*        英    1642年 ニュートン = * 物理学者 
*  ♪   独    1685年 バッハ = * 作曲家
* 西暦 ロシ 1689年 ピーター大帝即位
* 西暦        1748年 モンテスキュー  ( 法の精神 ) 
*  ♪  オー  1756年 モーツアルト = * 作曲家
* 西暦 英    1764年 イギリス産業革命

*  ♪   独    1770年 ベ-トーベン = * 作曲家
* 西暦 米    1776年 アメリカ独立宣言
*  ♪   オー 1797年 シューベルト = * 作曲家
* 西暦 仏    1804年 ナポレオン 皇帝 
*        仏    1840年 ロダン = * 彫刻家
×中国       1840年 アヘン戦争
* 日本        1867年 大政奉還 = * 徳川慶喜 ( 15代 )
×日本       1871年 日清戦争  
×西暦       1914年 第1次世界大戦  
* 西暦       1920年  国際連盟  
×日本       1939年 第2次世界大戦  
* 西暦        1945年 国際連合  
  
☆イスラエル1948年 イスラエル共和国建国
 
◎- 西暦 2000年 +6.000年 
  
  
*-----------------------------------------------------------------------*

 ◎--◎

 

  ≪ クリスマス・イヴ ≫ へ 戻る
 

*-*

           

               

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イエス・キリスト Jesus Christ


**

※- イエス・キリスト Jesus Christ     Route

                

 

☆- イエスキリスト = 色々と多くの分析・所論があります

 

イエス・キリストに付いて、キリスト教に於いて三位一体の教義の元に、神の子である救世主として信仰の対象となっており、

 

イスラム教においてはマルヤムの子イーサ(マリヤの子イエス)として、ムハンマドに先立つ、偉大な預言者の一人とされる。

 

しかし、聖書中にはイエスによるキリスト教という宗教創始に関する記述はない。

 

12月25日はクリスマス(降誕祭)として、多くの教派で行われる祭りである。

 

毎年世界各地でその降誕を記念し、それに関連して色々な行事・風習が行われている。

 

しかし聖書にはその行事としての明確な記述はない。

 

*-*

 

キリスト教での概説

 

様々なイエス・キリストの把握がある。この項目では、イエス・キリストを、救世主にして、三位一体の神自身ともみなすキリスト教における把握と、それに関連して、歴史的なイエス・キリストの把握像を概観する。

 

イスラム教やユダヤ教における位置付けや把握は、それらの宗教での説明に譲る(キリスト教でも、三位一体教義を認めない宗派があるが、これらも、ここでは広義のキリスト教と考える)。

 

*-*

 

イエス という 呼称

 

イエスとは、ギリシア語「Ιησους(イエースース)」の慣用的日本語表記である。

 

元の語は、アラム語イェーシュア(ישוע Yeshua')=ヘブライ語のヨシュア(イェホーシューア יהושע Yehoshua')。

 

「ヤハウェは救い」を意味する。旧約聖書中のヨシュア記に見られるように、当時のユダヤ社会では普通に見られた名前であり、東地中海地方ではその後も「イーサー」「イースス」の形でよく用いられる。

 

かつての日本のカトリック教会ではロマンス語の発音からイエズスという語を用いていたが、現在ではエキュメニズムの流れに沿ってイエスに統一されている。

 

ただ、本来の『新約聖書』でのギリシア語記述は、上に述べるように「イエースース」であり、ラテン語の「Iesus(イエスス)」が、本来の名前に近い表音表記である。

 

日本ハリストス正教会がもちいる「イイスス」は、この「イエースース」の中世ギリシア語形に端を発している。

 

ただし、これらのギリシア語、ラテン語表記の語尾は主格形であり、目的語として使われる対格などでは異なる語尾に変化する。

 

日本語の慣例表記のイエスは、日本語にない固有名詞の格変化語尾を省き、名詞幹のみとしたものである。

 

英語表記ではイエスは「ジーザス」となり、『ジーザス・クライスト・スーパースター』などに現れる、日本語表記としては一般的とはいえない。

 

他に、賛美歌・聖歌などに用いられる表記には「エス(さま)」「イェス(さま)」がある。

 

*-*


「 キリストという呼称
 

キリストとは、ギリシア語「クリストス(Χριστος)」の日本語表記である。ヘブライ語メシアのギリシア語訳であり、「香油を注がれた者」を意味する。


イエスキリスト

 

「イエス・キリスト」とは「メシアとしてのイエースース」「香油を注がれ・聖化された者たるイエースース」を意味する。

 

キリスト教における救世主キリスト・イエスを必ずしも意味しない。

 

「香油を注がれた者(メシア)」とは、ユダヤ民族の歴史において、伝統的に、「聖化された王」の称号である。

 

イスラエルとユダの両王国が滅亡してより後、ユダヤ民族はディアスポラの民となり、かつての榮光ある「統一イスラエル」の成立と神権王国の再現を夢見た。

 

このようにして「統一神権王国」を再現する者としての「メシア」への期待が、ユダヤ民族の歴史において、徐々に大きくなって行ったのであり、イエスをメシアと考える者は、「メシア・イエス」と彼を呼び、これをギリシア語に訳して、「イエースース・クリストス」とした。

 

「メシア」すなわち「キリスト」を「救世主」と訳すのは、キリスト教における慣習であって、本来、このような意味はなかったことに注意せねばならない。

 

「イスラエルを救う聖なる王」という観念は、当時のユダヤ人にはあったが、それは「救世者・救世主」の意味ではないのである。

 

『新約聖書・福音書』を読めば分かる通り、イエスは、民族を越えた、父なる神の愛を説いてはいるが、その帰依者たち、弟子たちは、イエスをイスラエルを救う聖なる王と見做している。

 

イエスの処刑後、弟子たち・信徒たちは、ナザレ派としてユダヤ教の一派に留まり、エルサレムの神殿に通っていたのは、いまだ世界宗教としてのキリスト教は成立していなかったためである。

 

*-*

 

「 救世主イエスキリスト

 

しかし、やがて原始キリスト教会が成立するのであり、そのときイエースースは、更に、「ソーテール(σωτηρ)」の称号で呼ばれることになる。

 

「イエースース・クリストス・ソーテール(Ιησους Χριστος Σωτηρ)」は、「救世主イエス・キリスト」に相当する。

 

また、「神の子(字義通りには「神の息子」)」を意味する「テウー・ヒュイオス(Θεου Υιος)」の称号が加わるが、この名称は、『福音書』において、イエスを指すと共に、救済される人々をも指している。

 

イエスは、人は、父なる神の「子(τεκνον)」であり、また「息子(υιος)」であるとも述べている。それ故にこそ、「天の父」人々を「我が子」として愛してくださるのであるとも。

 

初期クリスチャンにとってイエスは優れて神の子であった。

 

1世紀末頃のヨハネ福音書にはイエスを「子」、すなわちそれ自体神性をもった存在とする見方が登場する。

 

イエスの神性は以後次第に大きな問題となり、325年の第1ニカイア公会議における論争において、イエスが神であるという教理が正統であると宣言される。

 

「神の子(テウー・ヒュイオス、字義通りには「神の息子」)」がキリストの称号として確立するのである。

 

*-*

 

「 ナザレの イエス イエス

 

歴史学等では、歴史上の人間としてのイエスを指す場合、「ナザレのイエス」と呼ぶことがある。

 

これは、『福音書』において、イエスが「ナザレ人」と呼ばれているためである。

 

しかし、史的イエスの実像を探求する場合には、イエスがナザレ人であったという『福音書』の記述もまた、歴史学的に吟味されねばならないのであり、このような場合、単に「イエス」と呼ぶ。

 

西ヨーロッパの宗教画やキリスト彫像は北方ヨーロッパ系の白人の痩せた男性のイメージで作られるのが一般である。

 

しかし、現在ではコーカソイドではあるが中近東から地中海沿岸一帯にかけて分布する、いわゆる地中海人種であったと想定されており、北方ヨーロッパ系の形質の身体であったとは考えにくい。

 

*-*

 

イスラム教 における イエス

 

イスラム教においても、ユダヤ教の預言者とともにイエスを預言者(ナビー)のひとりとして受け入れている。

 

イスラム教では、「マルヤムの子イーサー」 عيسى ابن مريم ‘Īsā ibn Maryam (マリアの子イエス)と呼ばれるが、聖クルアーンの記述によれば神の奇蹟によってマリアの体内に創造された特殊な出自であるが、他の預言者同様アーダムの子=人類のひとりであって、決して「神の子キリスト」とは認められていない。

 

聖クルアーンはイーサー(イエス)をたびたび記載しており、死者蘇生や誕生直後に口を効いたといった奇蹟の数々が明言されている。

 

一方でアッラーは人類を含め一切の被造物を超越した存在でありかつ創造主であり、アッラー自身が「子を産みもしなければ産まれもしない」ために、イエスが「神」であることも「神の子」であることも明確に否定している。

 

さらに、イスラム教では、イーサー(イエス)は十字架にかかっておらず(別人が十字架で磔にされたので)、預言者としての使命を果たして生涯を全うしたとされる。

 

しかしながら、イーサーは救世主・メシア(マスィーフ)であることは認められており、最後の審判に先立って出現する反キリストであるダッジャールを討伐するため地上に再臨するとされているため、「神(アッラー)の救世主イーサー」 عيسى المسيح الله ‘Īsā al-Masīḥ Allāh という尊称も一般的である。

 

また、預言者ムハンマドは、昇天の旅であるミウラージュの奇蹟において天使ジブリール(ガブリエル)の導きにより天上でムーサー(モーセ)とイーサー(イエス)の2大預言者に会っている。

 

イーサーは神の啓示を受けた通常の預言者(ナビー)であるのみならず、使徒(ラスール)としても聖クルアーンやハディースなどでは重視して言及されており、イスラム教においてもイエスは大変に重要な地位を占めている

 

*-*

 

 

  ・ ≪ クリスマス・イヴ ≫ へ 戻る

 

 

*-*

 

    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月30日 (火)

聖書 と チェルノブイリ事故



**

※- 聖書 と チェルノブイリ ( チェルノブイリ事故から・20年 ) Route

 

こんにちは My Space へ ようこそ 風の道草です

 

*-*

Blog・( チェルノブイリ・原子力発電事故から 20年 )

 

1986年 4月26日、チェルノブイリ原子力発電所で事故が起こった。その当時、ウクライナはソビエト連邦に属していた。

 

原子力発電所事故から、きょう 4月26日で、20年となる。まだまだ、問題が山積しているのが・チェルノブイリ原子力発電所を持つ地域周辺である。

 

原子力発電所・事故から20年が過ぎ、事故に付いて世界の関心が薄れつつある、こんにち。

 

ウクライナ政府は国連と共に世界に訴え、原子力発電所を覆う老朽化した「 石棺 」と言われるコンクリートの建造物の修復に資金援助を訴えた結果、来年度から修復作業に取り掛かるめどがたった事から計画通り修復作業が出来そうとの事である。

 

高い放射能によって「石棺」崩壊の危機が叫ばれていましたが、何とか計画通り進められそうである。

 

問題は原子力発電所だけでなく、その周辺地域では放射能に汚染された土壌改良が現在行われていて、国家プロジェクトとして農産物の生産計画が進行している。果たして、安全性は大丈夫なのか、専門家の間から批判の声が出ていると言われている。

 

また、事故周辺地域に住民が戻りつつある問題もあり、健康への影響が心配されている。

 

この様な現実が今の、ウクライナ・チェルノブイリ地区と言えるようだ。

 

*-*

 

 

*--------------------------------------------------------------------*

 

・- チェルノブイリ聖書


「 チェルノブイリ 」 が 「 ニガヨモギ 」 と 翻訳されることがある( この翻訳が正しいかどうかは議論の余地があるが ) このことから、英語圏のキリスト教徒の間で、チェルノブイリ事故は聖書の中に記されている、ヨハネの黙示録の一節に符合する、その様な伝説が生まれた。

 

※- 黙示録第8章 「 ニガヨモギ 」 という章があり、燃える巨星が落ちて多くの人が死んだという記述があります。

 

この話の発祥( 少なくとも西側に広まることになった最初の起源 )は、ウクライナ語で「 ニガヨモギ 」を 「 チェルノブイリ 」というのだという氏名不詳の「著名なロシア人作家」の主張を引用した、サージ・シュメマン(Serge Schmemann)による、ニューヨーク・タイムズ紙の記事だとされている。

 

 この都市の名前はウクライナ語で、mugwort(Artemisia vulgaris)を意味する チョルノブイリ"chornobyl"から来ている。

 

この語は、チョールヌイ(chornyi、黒い ) と ブイリヤ ( byllia、草の葉または茎 )を組み合わせたものであるから、直訳すれば黒い草、または黒い茎という意味になる

 

** 

 

チェルノブイリ原子力発電所は、ウクライナ(当時はソビエト連邦)のチェルノブイリ近郊にあった原子力発電所。

 

1971年に着工され、1978年5月に1号炉が営業運転を開始した。

 

1986年4月26日1時23分(モスクワ時間)に4号炉が爆発。

 

その後も1号炉~3号炉の運転は続けられたが、2000年に稼動が停止されている。

 

1986年当時建設中だった5号炉と6号炉は、建設が中止された。

 

4号炉爆発事故当時の正式名称はV・I・レーニン共産主義記念チェルノブイリ原子力発電所 

 

( Wikipedia から = 多少文章を加工してあります )

 

**

 

*-*

 

 2005年 4月26日 ”風の道草”

 

           

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月26日 (金)

聖書の預言は神の計画

**

※- 聖書の預言は神の計画

   
  #  ワイドライト

  # ※-  =☆= 神の予告 と 計画預言=☆=  -※

  #

  #  ========================================================

  #   ・ イザヤ書 42 - 9

  #         見よ、 さきに預言した事は起こった。 わたしは新しい事を告  
  #         げよう。 その事がまだ起こらない前に、 わたしはまず、  
  #          あなたがたに知らせよう。  
  #  
  #   ・ イザヤ書 46 - 10

  #         わたしは終わりの事を初めから告げ、 まだ成されない事を  
  #         昔から告げて言う、 「わたしの計り事は必ず成り、 わが目的   
  #         ことごとく成し遂げる」。 と  
  #  
  #   ・ アモス書 3 - 7

  #         まことに 主なる神は そのしもべである預言者に その隠れた  
  #         事を示さないでは、 何事をもなされない。   
  #

  #   ・ ヨハネ福音 14-29

  #        今わたしは、 そのことが起こらない先にあなたがたに語った。 
  #        それは、 事が起こった時に あなたがたが信じるためである。  
  #

  #   ・ 黙示録 22- 6

  #        彼はまた、 私に言った、 「これらの言葉は信ずべきであり、 

  #        まことである。 預言者たちの魂の神なる主は、 すぐにも起こるべきことを 
  #        その僕たちに示そうとして、 御使を使わされたのである。  

  #   
  #  
  # ※- 世の終わり と 前兆に付いて -※   
  # =================================  
  # ※- マタイによる福音書 第24章 *- 全節  -※  

  #  
  # - 3 またオリブ山で座っておられると、 弟子たちが、 密かに身もとに来て  
  #     言った、 「どうぞお話ください。 いつ、 そんな事が起こるのでしょうか。  
  #     あなたが またおいでになる時や、 世の終わりには、 どんな前兆があり  
  #     ますか 」 。  
  #  
  # - 4 そこで イエスは答えて言われた、 「人に惑わされないように 気を付け  
  #     なさい。  
  #  
  # - 5 多くの者がわたしの名を 名のって現れ、 自分が キリストだと言って、  
  #     多くの人を惑わすであろう。 
  #  
  # - 6 また、 戦争と戦争の噂とを聞くであろう。 注意していなさい、あわてては 
  #     いけない。 それは起こらねばならないが、 まだ終わりでわない。  
  #  
  # - 7 民は民に、 国は国に敵対して立ち上がるであろう。またあちこちに、 飢饉 
  #     が起こり、 また地震があるであろう。  
  #  
  # - 8 しかし、 すべてこれらは 産みの苦しみの初めである。  
  #  
  # - 9 そのとき人々は、 あなたがたを苦しみにあわせ、 また殺すであろう。  
  #     またあなたがたは、 わたしの名のゆえにすべての民に憎まれるであろう。 
  #  
  # -10 その時、 多くの人がつまずき、 また互いに裏切り、 憎しみ合うであろう。 
  #  
  # -11 また多くの にせ預言者が起って、 多くの人を惑わすであろう。   

  #  
  # -12 また不法がはびこるので、 多くの人の愛が冷えるであろう。   
  #   

  # -13 しかし、 最後まで耐え忍ぶ者は救われる。   
  #  
  # -14 そして この御国の福音は、 すべての民に対して証をするために、全世界 
  #     に 宣べ伝えられるあろう。 そしてそれから最後が来るのである。
  #  
  # -15 預言者 ダニエルによって言われた 荒らす憎むべき者ガ、 聖なる場所に 
  #     立つのを見たならば  (  読者よ、 悟れ  ) 。  
  #  
  # ***-常供の燔祭が取り除かれ、 荒らす憎むべきものが 立てられる時から、  
  #     -------------------------------------------------------------  
  #     1290日(3年半) が定められている。 待っていて1335日 ( 45日=1ケ月半後 )
  #     ------------------------------------------------------------- 
  #     に至る者はさいわいです。                 ・ダニエル書 第12章11節   
  #     ------------------------------------------------------------- 
  # 

  # -16 そのとき、 ユダヤにいる人々は山に逃げよ。  
  #  
  # -17 屋上に居る者は、 家から物を取り出そうとして下におりるな。 
  #  
  # -18 畑にいる者は、 上着を取りにあとへもどるな。  
  #  
  # -19 その日には、 身重の女と乳飲み子を持つ女とは、 不幸である。  
  #  
  # -20 あなたがたの逃げるのが、 冬または安息日にならないように祈れ。  
  #  
  # -21 その時には、 世の初めから現代に至るまで、 かつてなく今後もない  
  #     ような 大きな患難が起こるからである。  
  #  
  # -22 もしその期間が縮められないなら、 救われる者は一人もないであろう。 
  #     しかし、 選民のためには、 その期間が縮められるであろう。 
  #  
  # -23 そのとき、 だれかがあなたがたに 「見よ、 ここにキリストがいる」、 
  #     また、 「あそこにいる」 と言っても、 それを信じるな。  
  #  
  # -24 にせキリストたちや、 にせ預言者たちが起って、 大いなるしるしと  

  #     奇跡とを行い、 できれば、 選民をも惑わそうとするであろう。 
  #  
  # -25 見よ、 あなたがたに前もって言っておく。  

  #  
  # -26 だから、 人々が 「見よ、 彼は荒野にいる」 と言っても、 出ていくな。 

  #     また、 「部屋の中にいる」 と言っても信じるな。  
  #   
  # -27 ちょうど、 稲妻が東から西にひらめき渡るように、 人の子も現れるで  
  #     あろう。  
  #  
  # -28 死体のあるところには、 はげたかが集まるものである。
  #  
  # -29 しかし、 その時起こる患難の後、 たちまち日は暗くなり、 月はその光を 
  #     放つことをやめ、 星は空から落ち、 天体は揺り動かされるであろう。  
  #  
  # -30 そのとき、 人の子のしるしが天に現れるであろう。 またそのとき、地の 
  #  
  #     すべての民族は嘆き、 そして力と大いなる栄光とをもって、 人の子が  
  #     天の雲に乗ってくるのを、 人々は見るであろう。  
  #  
  # -31 また、 彼は大いなるラッパの音と共に御使たちをつかわして、 天のはて  
  #     から はてに至るまで、 四方からその選民を呼び集めるであろう。  
  #  
  # -32 無花果の木からこの譬を学びなさい。 その枝が柔らかになり、 葉が出る 
  #     ようになると、 夏の近いことがわかる。  
  #  
  # -33 そのように、 すべてこれらのことを見たならば、 人の子が戸口まで近  
  #     づいていると知りなさい。  
  #  
  # -34 よく聞いておきなさい。 これらの事が、 ことごとく起こるまでは、 この 
  #     時代は滅びることはない。  
  #  
  # -35 天地は滅びるであろう。 しかし わたしの言葉は滅びることはない。  
  #  
  # -36 その日、 その時は、 だれも知らない。 天の御使達も、 また子も知らない、 
  #      ただ 父だけが知っておられる。  
  #  
  # -37 人の子の現れるのも、 ちょうど ノアの時 のようであろう 。 
  #  
  #*-*  
  #

  # ルカによる福音 第21章10節 ~ 36節 -

  #  
  #*-10 それから彼らに言われた、 「民は民に、 国は国に敵対して 立ち上がるで 
  #     あろう。  
  #

  # -11 また 大地震があり、 あちこちに疫病や 飢饉が起こり いろいろ恐ろしい
  #     ことや 天からの物凄い前兆があるであろう。  
  #

  # -12 しかし、 これらのあらゆる出来事のある前に、 人々はあなたがたに手を 
  #     かけて迫害をし、 会堂や獄に引渡し、わたしの名のゆえに 王や総督の前 
  #     に ひっぱって行くでしょう。  
  # 

  # -13 それは、 あなたがたが 証をする機会と成るであろう。  
  #

  # -14 だから、どう答弁しようかと、前もって考えておかないことに心を決め  
  #     なさい。  → ・ ・ ・ ・  
  #

  # -19 あなたがたは耐え忍ぶことによって、 自分の魂を勝ち取るであろう。 
  #

  # -20 エルサレムが軍隊に包囲されるのを見たならば、 その時は、滅亡が近づ 
  #     いたと覚りなさい。  
  #

  # -21 そのとき、ユダヤにいる人々に山へ逃げよ。 市中にいる者は、 そこから  
  #     出てゆくがよい。 また、田舎にいる者は市内に入ってはいけない。 

  #

  # -22 それは、 聖書に記された全ての事が実現する 刑罰の日であるからだ。  
  #      → ・ ・   
  # 

  # -25 また日と月と星に、 しるしが現れるであろう。 そして、 地上では、諸国  
  #     民が悩み、 海と大波との とどろきにおじ惑い、  
  #

  # -26 人々は世界に起ころうとする事を思い、 恐怖と不安で気絶するであろう 
  #     諸々の天体が揺り動かされるからである。  

  #

  # -27 その時、 大いなる力と栄光とを持って、 人の子が雲に乗って来るのを、  
  #     人々は見るであろう。  
  #

  # -28 これらの事が起こり始めたら、 身をお越し頭をもたげなさい。 あなた 
  #     がたの救いが 近ずいているのだから」。  -29 ・ -30 ・ -31 ・ -32 ・ -33 
  #     ・ -34  。  
  #

  # -35 その日は 地の全面に住む 全ての人に臨むのであるから。 
  #

  # -36 これらの おころうとしている すべての事から のがれて、人の子の前に 
  #     立つことが出来るように、絶えず目を覚まして祈っていなさい」。 

  #

  #                                                 ※- ルカによる福音書 第21章10節 ~ 36節 
  #

#########################################################################
 ※::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ※- 安心立命 -※ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::※
#########################################################################

 

 

*-----------------------------------------------------------------------*

 

 


◎--◎
 


  ・≪  も く じ  ≫ へ 戻る 

 

**

 

 2007年10月26日 ”風の道草”

 

                 

| | コメント (0) | トラックバック (0)