☆・季節の栞

2010年8月19日 (木)

秋の虫・暑さが続いています

**

※- 秋の虫が鳴き始めた・暑さが続いています

 

秋の虫が昨日(8月17日)当たりから本格的に鳴き始めた。

 

夏の初め頃から夜になると鳴いていた虫がいたが種類は分からない。

 

昼の暑さが未だに厳しい中で、夜聞く秋の虫の音は涼しさを感じる

 

*-*

 

 2010年 8月19日 愛(まな)

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月24日 (水)

メリー クリスマス 2008年








**

※- メリー・クリスマス 2008年

 

青い星空

 y1p0_ykiRVW9jncuozXgD46IgcMz63DunAEdKR9xqG82wbHMC8MINTlkA7qQlmeqonf9NzCq-QFvBoMerry Christmas ☆ y1p0_ykiRVW9jncuozXgD46IgcMz63DunAEdKR9xqG82wbHMC8MINTlkA7qQlmeqonf9NzCq-QFvBo y1p0_ykiRVW9jncuozXgD46IgcMz63DunAEdKR9xqG82wbHMC8MINTlkA7qQlmeqonf9NzCq-QFvBo

青い星空

                       

                          :

 


     

 

 

・Merry Christmas 

    ::::::::::::::::::::::::::: 

 

ヨハネによる福音書 第三章 十節 ~ 十七節

 

十  節  : イエスは彼らに答えて言われた、「 あなたはイスラエルの教師でありながら、これくらいのことがわからないのか。

 

十一節 : よくよく言っておく。私たちは自分の知っている事を語り、また自分の見たことをあかししているのに、あなたがたは私たちのあかしを受け入れない。 

 

十二節 : わたしが地上の事を語っているのに、あなたがたが信じないならば、天上のことを語った場合、どうしてそれを信じるだろうか。

 

十三節 : 天から下ってきた者、すなわち人の子のほかには、だれも天に上った者はない。

 

十四節 : そして、ちょうどモーセが荒野で蛇を上げたように、人の子もまた上げられなければならない。

 

十五節 : それは、彼を信じる者が、すべて永遠の命を得るためである 」。

 

十六節 : 神はそのひとり子を賜ったほどにこの世を愛してくださったそれは御子を信じるものがひとりも滅びないで、永遠の命を得るためである

 

十七節 : 神が御子を世に使わされたのは世をさばくためではなく、御子によって、この世が救われるためである

 

**

 


The Power of the Gospel


 

  I have complete confidence in the Gospel; it is God's power to save all who believe, first the Jews and also the Gentiles.

 

  For the Gospel reveals how God puts people right with himself: it is through faith from beginning to end.

 

  As the scripture says, "The person who is put right with God through faith shall live.


 

**

 

・ Jesus and Nicodemus

 

 "How can this be" asked Nicodemus.

 

 Jesus answered. "You are a great teacher in Israel, and you don't know this?

 

 I am telling you the truth: we speak of what we know and report what we have seen, yet none of you is willing to accept our message.

 

 You do not believe me when I tell you about the things of this word; how will you ever believe me, then, when I tell you about the things of heaven?

 

 And no one has ever gone up to heaven except the son of Man, who came down from heaven"

 

 As Moses lifted up the bronze snake on a pole in the desert, in the same way the Son of Man must be lifted up, so that everyone who believes in him may have eternal life.

 

 For God loved the world so much that he gave his only Son, so that everyone who believes in him may not die but have eternal life.

 

 For god did not sent his Son into the world to be its savior.

 

 Whoever believes in the Son is not judged; but whoever does not believe has already been judged, because he has not believed in God's only Son.

 

 This is how the judgment works: the light has come into the world, but people love the darkness rather than the light, because their deeds are evil.

 

 Anyone who does evil things hates the light and will not come to the light, because he dose not want his evil deeds to be shown up.

 

 But whoever does what is true comes to the light in order that the light may show that he did was in obedience to God.

 

**

 


☆・ From Paul


 

 From Paul, a servant of Christ Jesus and an apostle chosen and called by God to preach his Good News.


 

*-*

   


| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマス・イヴ 2008








**

Christmas Eve 2008

 


                                    

※- 聖この夜                                      

          Christmas Eve         

                             

                                    :

                                               :::::::::::::::::

                                              ::::::::::::::::::::::::: 

                                             ::::::::::::::::::::::::::::::::::

             

 

 

                        ( 讃美歌 - 109番 )


 

                           ☆きよし この夜 

 

                     一番
                      きよしこのよる   星はひかり
                      すくいのみ子は    まぶねの中に
                      ねむりたもう      いとやすく


No-1 

Silent night, holy night!         All is calm, all is bright.
Round yon Virgin, Mother and Child. Holy infant so tender and mild,
Sleep in heavenly peace,        Sleep in heavenly peace.

 

                      二番

                      きよしこのよる     み告げうけし
                      まきびとたちは     み子の御前に
                      ぬかずきぬ         かしこみて


No-2 

Silent night, holy night!         Shepherds quake at the sight.

Glories stream from heaven afar   Heavenly hosts sing Alleluia,
Christ the Savior is born!         Christ the Savior is born.

 

                   三番

                      きよしこのよる     み子の笑みに
                      めぐみのみ代の    
あしたのひかり
                      かがやけり       ほがらかに

No-3
Silent night, holy night!                    Son of God love's pure light.
Radiant beams from Thy holy face     With dawn of redeeming grace,
Jesus Lord, at Thy birth.                  Jesus Lord, at Thy birth.

 

※- STILL NACHT ( 静かなる NACHT ): ( 聖この夜 

◎- 原作者  ヨーゼフ・モール 

  ( 1792年にオーストリアのザルツブルグで生まれた )

 

◎- 作曲者  フランツ・グルーバー 

   ( 1787年にオーストリアで生まれる )

 

**

・ルカによる福音書 第二章 一節 ~ 二十一節

一節 : そのころ、全世界の人口調査をせよとの勅令が、皇帝 アウグスト から出た。

二節 : これは、クレニオ が シリアの総督であった時に行われた最初の人口調査であった。

三節 : 人々はみな登録をするために、それぞれ自分の町へ帰って行った。

四節 : ヨセフ も ダビデの家系であり、またその血統であったので、ガリラヤの町 ナザレを出て、ユダヤの ベツレヘムという タビデの町へ上っていった。

五節 : それは、すでに身重になっていた いいなづけの 妻マリヤ と共に、登録をするためであった。

六節 : ところが、彼らが ベツレヘムに滞在している間に、マリヤは月が満ちて、

七節 : 初子を産み、布にくるんで、飼葉おけの中に寝かせた。 客間には彼らのいる余地がなかったからである。

 八節 から 二十節 までは、その当時、その時間に羊飼いたちが夜中に羊の番をしていた。 そこに、主の御使いが現れ、きょう、ダビデの町に、あなたがたの救い主がお生まれになったことを告げる様子が書かれています )

 

二十一節 : 八日が過ぎ、割礼をほどこす時となったので、受胎の前に御使いが告げたとおり、幼子を イエス と 名づけた。

 

 

*-*

 



※- The Birth of Jesus Christ

 

  This was how the birth of Jesus Christ took place. His mother Mary was engaged to Joseph, but before they were married, she found out that she was going to have a baby by the Holy Spirit.

**

  At that time Emperor Augustus ordered a census to be taken throughout the Roman Empire. When this first census took place, Quirkiness was the governor of Syria. 

 

  Joseph went from the town of Nazareth in Galilee to the town of Bethlehem in Judea, the birthplace of King David. Joseph went there because he was a descendant of David.

 

  He went to register with Mary, who was promised in marriage to him. She was pregnant. And while they were in Bethlehem, the time came former to have baby. 

 

  She gave birth to her first son, wrapped him in cloths and laid him in a manger there was no room for them to stay in the inn.

 

**

 A week later, when the time came for the baby to be circumcised, he was named Jesus, the name which the angel had given him before he had been conceived.

 

*-*

           

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月18日 (金)

淡い新緑の頃

**
※- 淡い新緑の頃 - 若葉の頃の歳時記

4月になって、もう17日です。 暖かい日も多くなり若葉の成長を日々感じる季節と成りました。

ソメイヨシノの花は散りましたが今、八重桜が満開の時期を迎えて咲いています。

花の散った桜の木には、まだ、成長なかばの細い若葉が細い枝に上を向いて葉を広げようとしている。

そんな、ソメイヨシノの桜の木に、今尚、若葉に隠れて桜の花が所々に咲いていた。

そして、その花は桜が咲き始めた頃の花よりも大きな花を開いている。

太陽の光を浴びた若葉から栄養を供給され、桜の花も、その養分を受けて大きな花を咲かせているのか。

桜の木を遠めに見した風景には、裏の景色が透けている。でも、あと一週間もすれば桜の葉に覆われ見えなくなるでしょう。

淡い新緑が、周りを染めゆく今の景色をなぞると、若葉色の歳時記かな

*-*


 2008年 4月17日 ”風の道草”
     

              

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月21日 (水)

灯油価格・リッター90円


**

※- A kerosene price, liter = 90 yen.


 

  The season which passes over the middle of November and feels cold came.

 

  Now, the price of kerosene as well as a gas price is soaring. In the case of gasoline, since a gasoline tax and a consumption tax are included, it turns out that nature and a price become high.

 

  Kerosene is only a consumption tax. Is the liter of 90 yen an appropriate amount of money?  To be sure, kerosene is the same as airplane fuel (jet fuel).

 

  Anyone knows that the oil price is soaring. Even so, I think that the increasing rate of a kerosene price is high. The kerosene price of three years ago was a liter of 50 yen.

 

  It goes up every year and is 90 yen this year. I think so that the rise ratio of a kerosene price is high compared with gasoline etc

 

  If it goes by this state, a kerosene price next year has a high possibility of becoming a liter of 100 yen

 

*-*

           

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月17日 (土)

里も秋の色

**

※- 里も秋の色

 

横浜も秋の色が濃くなってきました。一週間で落葉樹の紅葉(黄葉)が進み街路樹の枯れ葉が歩道を覆っています。

 

この辺では、桜の木やイチョウの木が一番目立ちます。まあ、知らない木の方が多いですが落葉樹で大きな木といえば、桜の木とイチョウの木と言えます。

 

先週頃までは、まだまだ青い葉の方が多かったですが、ここ一週間で紅葉と同時に落葉が多くなりました。

 

朝の気温は、10度以下にはなってはいませんが、それなりに寒く感じる、きょう、この頃といったお天気です。

 

今年は遅くまで虫の鳴き声が聞こえていましたが、11月に入ると同時に聞こえなくなりました。

 

日中の最高気温が、きのう、きょうと 12度 ~ 13度ぐらいまでしか上がっていません。まだ、木枯らし一号は吹いてはいないとは思いますが ・・・ ?

 

里の紅葉は色ずくと共にパラパラと音を立てて舞い落ちて来る。楓や椛は紅葉している期間がそれなりにある様に思うのですが、里の紅葉は色ずきと共に落葉する感じですね。

 

今年の夏は暑かったことも関係あるのか、中途半端な紅葉のまま茶色になった枯れ葉が一面に広がって落ちています。

 

立冬も過ぎ、北の地方や山間部では雪も降り始めています。また、風邪を引いている方も見かけます。

 

たまたま、私のブログへ寄られた皆様、御自愛してください、ませませ!!

 

*-*

 

 2007年11月17日 ”風の道草”

 

            

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 1日 (木)

晩秋の訪れを感じる


**

※- 晩秋の訪れを感じる気温

 

きょうは晩秋というよりも初冬の訪れを感じるほど肌寒かった。

 

とは言っても、里の町は未だに紅葉は進んでいませんが、なぜか道路上には枯れた落ち葉が多く目立つようになって来ました。

 

紅葉しないで落ち葉となった枯葉が吹き溜まりを作っています。

 

夜になると、数は減りましたが寒さの中で、未だに秋の虫が鳴いている。

 

虫たちは、昨年よりは遅くまで鳴いている印象ですが、その虫の数や種類は数えられる程に少ない。

 

30日の日は、小雨が降っていましたが、その中でも所々の草むらで鳴いていた。

 

虫たちの世界でも、結婚相手が中々見付からない現象が起きているのでしょうか??

 

*-*

 

 2007年11月 1日 ”風の道草”

 

           

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月20日 (土)

虫の鳴声と晩秋

**

※- 秋の夜長と虫の声


ここ、2~3日、少し寒い夜の気温となり虫の鳴声も少なめでしたが、きょうは昼の気温も22度ぐらいと過ごし易いお天気となった。

夕方から虫たちの不揃いの鳴声が一斉に始まった。

間もなく平地でも木々の紅葉が始まる時期となり、虫たちも恋の歌を一生懸命に奏でている。

寒い夜は、虫たちの鳴声も少ないが、多少なりとも気温が上がると虫たちが元気に鳴きだす。

昨年もいつ頃まで虫たちが鳴いていたか、ブログに書いた記憶があるので、後で調べるとしよう 

*-*

 2007年10月20日 ”風の道草”

     

| | コメント (0) | トラックバック (0)