« お勧め・日本の御みやげ 2016年03月14日 | トップページ | 『ジカ熱』・小頭症リスクは14%以上 2016年03月18日 »

2016年3月18日 (金)

iPS細胞から高性能の“ミニ肝臓” 2016年03月17日

**
※- iPS細胞から高性能の“ミニ肝臓” 2016年03月17日

3月17日、NHK website ー: ヒトの iPS細胞 から大きさが数ミリの ”ミニ肝臓” を作り出す研究を進めている横浜市立大学の研究グループが、本物の肝臓と同じレベルで有害物質を処理することができる従来よりも高性能の”ミニ肝臓”を作り出すことに成功しました。

横浜市立大学の谷口英樹教授のグループは、ヒトのiPS細胞から大きさが数ミリの”ミニ肝臓”を作り出し、重い肝臓病の患者に複数個移植して、病気の肝臓の働きをサポートする臨床研究の計画を進めています。

グループでは今回、新たに肝臓の中を走る血管の細胞などもiPS細胞から作って、ミニ肝臓を作り出したところ、人体にとって有毒なアンモニアを無害な物質に変える機能がヒトの肝臓の細胞と同じレベルに高まったほか、アルブミンと呼ばれる血液中のタンパク質を作り出す機能もこれまでの2倍になるなど、大幅に機能を高めることに成功したということです。

グループでは、平成31年度にも重い肝臓病の患者への臨床研究を始める計画で、谷口教授は「実際の治療に向け大きく前進したと言える。iPS細胞は腫瘍を作るリスクも指摘されているので、そのリスクをどのようにコントロールしていくか、さらに研究を進めたい」と話しています

*-*

|

« お勧め・日本の御みやげ 2016年03月14日 | トップページ | 『ジカ熱』・小頭症リスクは14%以上 2016年03月18日 »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1419173/64509139

この記事へのトラックバック一覧です: iPS細胞から高性能の“ミニ肝臓” 2016年03月17日:

« お勧め・日本の御みやげ 2016年03月14日 | トップページ | 『ジカ熱』・小頭症リスクは14%以上 2016年03月18日 »