« アメリカの『ドラッグ・汚染は世界消費の半分』 | トップページ | 「混合医療」審査短縮? 2015年06月02日 »

2015年5月27日 (水)

平均寿命:日本人が84歳で世界最長 2015年05月15日

**
※- 平均寿命:日本人が84歳で世界最長 2015年05月15日

世界平均は=71歳―世界保健機関

2015年05月15日、世界保健機関(WHO)が13日に発表した「2015年版世界保健統計」によると、2013年の平均寿命は世界全体で=71歳、女性は=73歳、男性は=69歳で、1990年と比較した場合、男女とも=6歳延びたことが分かった

国別では、男女平均で日本が世界一の長寿国だった。海外メディアの報道を参考消息(電子版)が伝えた。

**
今回の世界保健統計によると、日本人の平均寿命は女性が=86.61歳で世界一、男性が=80.21歳で世界4位、男女平均が84歳で世界最長だった。

また、中国人の平均寿命は女性が=77歳、男性が=74歳、男女平均が=75歳で、米国人の平均寿命は女性が=81歳、男性が=76歳、男女平均が=79歳となっている。

男女別での世界一の長寿は、女性は日本人の86.61歳、男性はアイスランド人の=81.2歳だった。

全体的に見た場合には、各地の寿命は過去に比べていずれも延びている。

その中でも、90年と比較して大幅に寿命が延びた国には、
リビア(42歳→62歳)
エチオピア(45歳→64歳)
モルディブ(58歳→77歳)
カンボジア(54歳→72歳)
東ティモール(50歳→66歳)
ルワンダ共和国(48歳→65歳)などがあった。

一方、平均寿命が最も短かったのはアフリカ西部の国・シエラレオネの46歳だった。

また、サハラ砂漠以南の国の平均寿命は依然として短く、レソトは50歳、中央アフリカは51歳、アンゴラやチャド、コンゴは52歳だった (翻訳・編集/秋田)

*-*

|

« アメリカの『ドラッグ・汚染は世界消費の半分』 | トップページ | 「混合医療」審査短縮? 2015年06月02日 »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1419173/60153714

この記事へのトラックバック一覧です: 平均寿命:日本人が84歳で世界最長 2015年05月15日:

« アメリカの『ドラッグ・汚染は世界消費の半分』 | トップページ | 「混合医療」審査短縮? 2015年06月02日 »