« 「夏かぜ(ヘルパンギーナ」・ 都内で急増 2012年07月20日 | トップページ | 「iPS細胞」100歳のお年寄りで調べる 2012年07月28日 »

2012年7月20日 (金)

殺虫剤効かない「トコジラミ」が急増 2012年07月20日

**
※- 殺虫剤効かない「トコジラミ」が急増 2012年07月20日

       20120720tokojirami
7月20日、一時、国内ではほとんど報告がなくなった「トコジラミ」の被害が東京都などで急増しています。

専門家は海外から持ち込まれたものが人を介して広がってきているとして注意を呼びかけています。

最近見つかった「トコジラミ」は、一般的な殺虫剤が効かないことが多いということです。

**
トコジラミ」は、「ナンキンムシ」とも呼ばれる、体長が5ミリから8ミリほどの虫です。


血を吸われると強いかゆみがするのが特徴で、駆除が進んだ結果、昭和40年ごろから国内ではほとんど被害の報告はありませんでした。


ところが、東京都に寄せられた「トコジラミ」の被害の相談件数は、昨年度=255件と10年で7倍、大阪府で=86件、名古屋市で=15件の被害相談がある。


専門家はアメリカやヨーロッパで「トコジラミ」の被害が広がっていることや被害相談の中心がホテル旅館であることから、海外から持ち込まれた「トコジラミ」が人を介して少しづつ広まっていったとみています。


最近見つかった「トコジラミ」は一般的な殺虫剤が効かないことが多く、専門的な駆除が必要なケースがほとんどです。


厚生労働省健康局生活衛生課の奥野正和課長補佐は「被害を防ぐ正しい知識の普及など、必要な対策を講じていきたい」と話している

*-*

|

« 「夏かぜ(ヘルパンギーナ」・ 都内で急増 2012年07月20日 | トップページ | 「iPS細胞」100歳のお年寄りで調べる 2012年07月28日 »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1419173/46392306

この記事へのトラックバック一覧です: 殺虫剤効かない「トコジラミ」が急増 2012年07月20日:

« 「夏かぜ(ヘルパンギーナ」・ 都内で急増 2012年07月20日 | トップページ | 「iPS細胞」100歳のお年寄りで調べる 2012年07月28日 »