« 20歳で痩せ型女性は、妊娠糖尿病に注意 2012年06月28日 | トップページ | 「幹細胞培養液」に骨の再生促す効果 2012年07月01日 »

2012年7月 1日 (日)

高齢者にも「iPS細胞」で治療も 2012年06月29日

**
※- 高齢者にも「iPS細胞」で治療も 2012年06月29日

6月29日、老化したマウスの細胞から体のあらゆる組織や臓器になるとされる「iPS細胞」を作り、動脈硬化のマウスの治療に使った。

その結果、効果が見られたとする名古屋大学のグループがまとめ、高齢者のiPS細胞が治療に役立つことを示すと注目されています。

研究は、名古屋大学大学院医学系研究科の室原豊明教授らのグループです。

グループは、ヒトだとおよそ80歳に相当する老化したマウスと、胎児のマウスの両方から細胞を採取してiPS細胞を作り、その治療効果を比較しました。


両方のiPS細胞から血管になる前の細胞を作り出し、それぞれ8匹ずつ動脈硬化を起こしたマウスの足の筋肉に移植して14日間、観察したところ、いずれも新しい血管が作られていたということです。


血の流れの状態もほぼ同じ程度に改善されていました。


グループでは、高齢者の細胞から作ったiPS細胞でも血管の再生などに役立つ可能性があるとしています。


室原教授は、「心筋梗塞や動脈硬化などでバイパス手術やカテーテル手術が必要な重症患者の多くは高齢者だ。

そうした人たちが自分のiPS細胞で機能を改善させる新しい治療法が期待できる」と話しています

*-*

|

« 20歳で痩せ型女性は、妊娠糖尿病に注意 2012年06月28日 | トップページ | 「幹細胞培養液」に骨の再生促す効果 2012年07月01日 »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1419173/46055480

この記事へのトラックバック一覧です: 高齢者にも「iPS細胞」で治療も 2012年06月29日:

« 20歳で痩せ型女性は、妊娠糖尿病に注意 2012年06月28日 | トップページ | 「幹細胞培養液」に骨の再生促す効果 2012年07月01日 »