« 「脳の記憶」と「マグネシウム・イオン」の研究成果 2012年06月09 | トップページ | 「ES細胞」から「網膜」作り成功 世界初 2012年06月14日 »

2012年6月12日 (火)

「アトピー性皮膚炎・慢性化」の原因を解明 2012年06月12日

**
※- 「アトピー性皮膚炎・慢性化」の原因を解明 2012年06月12日

6月12日、NHK website - : アトピー性皮膚炎の症状を慢性化させる原因物質とメカニズムを解明したと、佐賀大学などの研究グループが発表しました。

新たな治療薬の開発につながると期待されています。

**
これは佐賀大学医学部の出原賢治教授などの研究グループが発表しました。

アトピー性皮膚炎は、かゆみを伴ったアレルギー性の皮膚疾患で、アレルギーの基になるダニや花粉などに接触しないようにしても、炎症が慢性的に続くことが知られています。

研究グループは、アレルギー物質による刺激とは別に、体内で炎症が継続するメカニズムがあると考えて研究を進めていました。

その結果、アレルギー物質が体内に入ったときに作られる「ペリオスチン」というタンパク質が別のタンパク質と結合した際に炎症を引き起こす物質ができるため、炎症が慢性的に続くことが分かりました。

マウスを使った実験で2つのタンパク質の結合を阻害する抗体を投与したところ、アトピー性皮膚炎が起きなくなったということです。

研究に当たった出原教授は「アトピー性皮膚炎の治療にはステロイド剤や免疫抑制剤が主に使われているが、今回の研究を基に新薬が開発されれば、副作用を心配せずに治療ができる」と話しています

*-*

|

« 「脳の記憶」と「マグネシウム・イオン」の研究成果 2012年06月09 | トップページ | 「ES細胞」から「網膜」作り成功 世界初 2012年06月14日 »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1419173/45628192

この記事へのトラックバック一覧です: 「アトピー性皮膚炎・慢性化」の原因を解明 2012年06月12日 :

« 「脳の記憶」と「マグネシウム・イオン」の研究成果 2012年06月09 | トップページ | 「ES細胞」から「網膜」作り成功 世界初 2012年06月14日 »