« 「高血圧」・ 新治療法の手術に成功 2012年04月24日 | トップページ | 病原体の退治=体温37度から 2012年05月09日 »

2012年5月 9日 (水)

脂肪細胞の特殊ホルモンが心筋梗塞改善 2012年05月08日

**
※- 脂肪細胞の特殊ホルモンが心筋梗塞改善 2012年05月08日

5月08日、脂肪の細胞で作られる特殊なホルモンが心筋梗塞の症状を改善することが、名古屋大学のグループの行ったマウスを使った実験で分かり、新たな治療法の開発などにつながると注目されています。

研究を行ったのは名古屋大学大学院医学系研究科の大内乗有教授らのグループです。

グループは、脂肪の細胞で作られる CTRP9 と呼ばれるホルモンに注目し、心筋梗塞の症状を起こしたマウスにこのホルモンを1回注射して24時間後の変化を調べました。

その結果、注射したマウスは、注射しなかったマウスに比べ、心筋梗塞によって心臓の細胞がえ死し白くなった部分がおよそ30%小さくなっていたということです。

さらに、心筋梗塞は肥満によるメタボリックシンドロームが原因となりますが、肥満のマウスを調べたところ、CTRP9の量が通常のマウスの半分程度と少なく、グループでは、このホルモンと心筋梗塞の因果関係を示しているとみています。

グループによりますと、心筋梗塞の症状を改善するホルモンとしては、これまでに「アディポネクチン」と呼ばれるホルモンが知られていて、今回のCTRP9は2つ目だということです。

大内教授は「心筋梗塞を防ぐには、まずはやせることだが、起きてしまった場合に、このホルモンを投与するなど、より効果的な治療法の開発につながるのではないか」と話しています

*-*

|

« 「高血圧」・ 新治療法の手術に成功 2012年04月24日 | トップページ | 病原体の退治=体温37度から 2012年05月09日 »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1419173/45198076

この記事へのトラックバック一覧です: 脂肪細胞の特殊ホルモンが心筋梗塞改善 2012年05月08日:

» 自宅で筋肉質に肉体改造 [メンズボディデザイン]
現役ボディデザインアドバイザーが 男のカラダを改造剃る方法を伝授!体脂肪を減らして健康的なダイエット さらにガッチリ体型に。 [続きを読む]

受信: 2012年5月31日 (木) 07時16分

« 「高血圧」・ 新治療法の手術に成功 2012年04月24日 | トップページ | 病原体の退治=体温37度から 2012年05月09日 »