« 関節リウマチ:早期診断の新基準導入 | トップページ | 歯のエナメル質の元・iPS細胞使い作製成功 2012年02月10日 »

2012年2月 3日 (金)

免疫細胞・神経侵入の仕組み解明 2012年02月03日

**
※- 免疫細胞・神経侵入の仕組み解明 2012年02月03日

2月03日-NHK website news - : 血液の中にある免疫細胞が、脳や脊髄に侵入し炎症を引き起こす仕組みを、大阪大学の研究グループが世界で初めて解明し、アルツハイマー病やパーキンソン病など、免疫細胞が症状を悪化させる病気の新たな治療法の開発に役立つと注目されています。

免疫細胞は、体内に侵入した病原体を殺す一方、脳や脊髄などの中枢神経に入り込み、アルツハイマー病やパーキンソン病などの病気を悪化させたりしますが、どのようにして神経に入り込むのか、その仕組みは分かっていませんでした。

大阪大学大学院の村上正晃准教授らの研究グループでは、マウスを使った実験を繰り返し、足などの末しょう神経が刺激されると、脳や脊髄の周辺にある血管に穴が出来て、免疫細胞が中枢神経に侵入していく「入り口」になることを突き止めました。

免疫細胞が中枢神経に侵入する仕組みが解明されたのは世界で初めてで、免疫細胞が症状を悪化させるアルツハイマー病やパーキンソン病などの新たな治療法の開発につながると期待されています。

研究を行った村上准教授は「入り口が分かったので、人為的に閉じたり広げたりすれば、免疫細胞の出入りをコントロールできるようになる。

免疫細胞が脳に入り込み症状を悪化させる病気を防いだり、逆に脳に免疫細胞をたくさん入れて、がんなどの治療ができたりするかもしれない」と話しています。

**
私見 : 「足などの末しょう神経が刺激されると」、脳や脊髄の周辺にある血管に穴が出来て、免疫細胞が中枢神経に侵入していく「入り口」になることを突き止めました ・・・ と有りますが、刺激とは如何なる物なのかが詳しく書かれていない

*-*

|

« 関節リウマチ:早期診断の新基準導入 | トップページ | 歯のエナメル質の元・iPS細胞使い作製成功 2012年02月10日 »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1419173/43970813

この記事へのトラックバック一覧です: 免疫細胞・神経侵入の仕組み解明 2012年02月03日:

« 関節リウマチ:早期診断の新基準導入 | トップページ | 歯のエナメル質の元・iPS細胞使い作製成功 2012年02月10日 »