« 不活化ワクチン接種・神奈川県 2011年12月15日 | トップページ | 重い肝硬変に新治療=骨髄液から細胞培養し点滴 2012年01月19日 »

2012年1月 9日 (月)

高脂血症・治療薬に、C型肝炎ウイルス感染防止効果 2012年01月09日

**
※- 高脂血症・治療薬に、C型肝炎ウイルス感染防止効果 2012年01月09日
1月09日-website- : 小腸からのコレステロール吸収を抑える高脂血症の治療薬に、C型肝炎ウイルス(HCV)の感染を防ぐ効果があることが、広島大と米イリノイ大のグループの共同研究で確認した。

 
将来、癌(がん)になる可能性が高いC型肝炎の治療法への応用が期待されます。
 
共同研究結果は、医学誌「ネイチャー・メディシン」電子版で、01月09日に発表される。
 
広島大病院の茶山一彰・院長らは、小腸の細胞で食べ物からコレステロールを吸収する際に働くたんぱく質「NPC1L1」が、肝臓細胞の表面にもあることに着目した。
 
ウイルスの体には、コレステロールが含まれているため、「NPC1L1」が「HCV感染」にも重要な役割があると考えました。
 
人間の肝細胞を移植したマウスを「HCV」に感染させる実験で、「NPC1L1」の働きを妨げる高脂血症治療薬「エゼチミブ」を事前に投与した7匹の内、5匹は感染しなかったという!
 
( 2012年01月09日 website )
 
*-*

|

« 不活化ワクチン接種・神奈川県 2011年12月15日 | トップページ | 重い肝硬変に新治療=骨髄液から細胞培養し点滴 2012年01月19日 »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1419173/43684212

この記事へのトラックバック一覧です: 高脂血症・治療薬に、C型肝炎ウイルス感染防止効果 2012年01月09日:

« 不活化ワクチン接種・神奈川県 2011年12月15日 | トップページ | 重い肝硬変に新治療=骨髄液から細胞培養し点滴 2012年01月19日 »