« 試験投稿です | トップページ | 「iPS細胞」で血小板量産・京大グループが開発 2011年12月13日 »

2011年11月26日 (土)

「前立腺癌」半数が放射線照射量が足りず 2011年11月26日

**
※- 「前立腺癌」半数が放射線照射量が足りず 2011年11月26日

11月26日、早期前立腺癌への放射線治療で、患者の半数が必要とされる放射線量を照射されていないことが調査で分かった。

手島昭樹・大阪大教授の研究チームは、2003年から 2005年の2年間、前立腺癌の放射線治療を実施している全国の大学病院と、がんセンター、それ以外の国公立病院を病院規模などを基に調査した。

その内容は、無作為に病院と患者を抽出して照射線量を調べた。

早期の前立腺癌は= 70シーベルト以上という大量の放射線を照射すれば根治が可能と言うことです。

ただし、この放射線量によって直腸粘膜の出血など、重い副作用が起こる危険がある事から、高度な照射技術が必要となります。

約400人を調べた結果から、照射量の全国的な傾向を推定したところ、平均照射量は= 68シーベルトに止まっていました。

調査結果から、患者の半数以上が、根治に必要な照射線治療を受けていない事が分かった。

病院の規模が小さい程、照射不足の傾向が強く、専門医らの不足が一因と考えられています

*-*

|

« 試験投稿です | トップページ | 「iPS細胞」で血小板量産・京大グループが開発 2011年12月13日 »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1419173/43155018

この記事へのトラックバック一覧です: 「前立腺癌」半数が放射線照射量が足りず 2011年11月26日:

« 試験投稿です | トップページ | 「iPS細胞」で血小板量産・京大グループが開発 2011年12月13日 »