« 男子へも子宮頸がん予防ワクチンを・米疾病対策センター 2011年10月 | トップページ | 抗生物質効かない肺炎が流行 2011年11月17日 »

2011年11月10日 (木)

世界で初めて・ES細胞で「下垂体」 2011年11月10日

**
※- 世界で初めて・ES細胞で「下垂体」 2011年11月10日
   
11月10日-NHK web news- : 体のあらゆる組織や臓器になるとされる「ES細胞」から、体内のホルモンのバランスをつかさどる器官「下垂体」を作り出すことに、世界で初めて理化学研究所などの研究グループがマウスを使った実験で成功しました。

研究を行ったのは、神戸市にある「理化学研究所」と「名古屋大学の研究グループ」です。

研究グループは、特殊な物質を使ってマウスのES細胞を刺激し、分裂させる実験を行ったところ、立体的な構造を持った組織が作られ、ホルモンのバランスをつかさどる器官「下垂体」になったということです。

この人工の下垂体を、下垂体を持たないマウスに移植したところ、エネルギーの代謝に関わるホルモンの量などが変化してマウスの運動量が増えたということで、研究グループでは人工の下垂体が本物と同様に機能したとみています。

下垂体を人工的に作り出したのは世界で初めてで、研究グループでは根本的な治療法がなかった成長ホルモンの分泌が止まり身長が伸びなくなる病気などの新たな治療法につながるとしています。

研究グループの笹井芳樹ディレクターは「今回の成功で新たな治療法の道筋が示せたと思う。複雑な器官を作った意義も大きく、再生医療の可能性がさらに広がった」と話しています。

この研究は10日発行のイギリスの科学誌・「ネイチャー」で発表されます

*-*

|

« 男子へも子宮頸がん予防ワクチンを・米疾病対策センター 2011年10月 | トップページ | 抗生物質効かない肺炎が流行 2011年11月17日 »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1419173/42959666

この記事へのトラックバック一覧です: 世界で初めて・ES細胞で「下垂体」 2011年11月10日:

« 男子へも子宮頸がん予防ワクチンを・米疾病対策センター 2011年10月 | トップページ | 抗生物質効かない肺炎が流行 2011年11月17日 »