« 4人に1人「精神疾患」に・WHO 2011年10月07日 | トップページ | 男子へも子宮頸がん予防ワクチンを・米疾病対策センター 2011年10月 »

2011年10月19日 (水)

日本人の「癌(がん)」半分は予防可能・国立がん研究センター 2011年10月

**
※- 日本人の「癌(がん)」半分は予防可能・国立がん研究センター 2011年10月19日

10月19日、日本人の癌(がん)は、喫煙やウイルスなどの感染によるものが多く、半分は予防できる原因で起きているとする調査結果を・国立がん研究センターが報告しています。

国立がん研究センターでは、平成17年に癌(がん)と診断された人の数を、リスクを押し上げる「喫煙」や「飲酒の習慣」、それに「ウイルスの感染」などがある人の数と照らし合わせ、日本人全体の癌(がん)の原因を分析した。

**

その結果、癌(がん)の原因で最も多いのは、

男性の場合は ---

「喫煙」で= 29.7%、次いで「肝炎ウイルスやピロリ菌」などの感染で= 22.8%、続いて「飲酒」で= 9%。

また、女性で最も多いのは ---

「感染で17.5%」、次いで「喫煙」で5%、「飲酒」で= 2.5%。

**

男女共に、がんの半分程は予防できる原因で起きているという調査結果となった。

「生活習慣や環境の改善で日本人の癌(がん)は確実に減らせる」としています。

一方、肥満が原因となる癌(がん)は、日本人の場合、男性で0.8%、女性で1.6%と少なく、アメリカ人の3分の1程度だったということです。

調査結果を公表した国立がん研究センターのグループは「今回の結果は日本人の癌(がん)全体を統計的に分析したものだが、個人レベルでもがんの要因のある人は、リスクを減らすよう努力して欲しい」と話しています

*-*

|

« 4人に1人「精神疾患」に・WHO 2011年10月07日 | トップページ | 男子へも子宮頸がん予防ワクチンを・米疾病対策センター 2011年10月 »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1419173/42584069

この記事へのトラックバック一覧です: 日本人の「癌(がん)」半分は予防可能・国立がん研究センター 2011年10月:

« 4人に1人「精神疾患」に・WHO 2011年10月07日 | トップページ | 男子へも子宮頸がん予防ワクチンを・米疾病対策センター 2011年10月 »