« 遺伝子操作で「緑色に光る猫」・エイズ治療に道 | トップページ | 神経幹細胞・移植で血糖値減少 2011年10月07日 »

2011年9月28日 (水)

新規エイズ患者が過去最多・厚生労働省 2011年09月27日

**
※- 新規エイズ患者が過去最多・厚生労働省 2011年09月27日

潜在的な感染者数の増加か?!

9月27日、厚生労働省のエイズ動向委員会は、エイズウイルス(HIV)感染に気付かずに発症したエイズ患者が、第2四半期(4~6月)に新たに136人の報告を受けた。

昭和59年の調査開始以来、3カ月間ごとの集計では過去最多だったと発表した。

岩本愛吉東京大教授(委員長)は「新規エイズ患者報告数の増加は、潜在的な感染者数の増加とHIV抗体検査の(受検)遅れを示唆している。 早期発見は、早期治療や感染拡大防止に結び付く。 積極的に抗体検査をしてほしい」とのコメントを発表した。

同じ期間に報告された発症前の新たなHIV感染者は217人で、直前の3カ月間と比較して減少した。

感染の有無を調べる自治体の抗体検査は3万1553件実施され、前年同期と比べて減少した。

「3.11・東日本大震災」の発生が影響している可能性があるという

*-*
    

|

« 遺伝子操作で「緑色に光る猫」・エイズ治療に道 | トップページ | 神経幹細胞・移植で血糖値減少 2011年10月07日 »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1419173/42074905

この記事へのトラックバック一覧です: 新規エイズ患者が過去最多・厚生労働省 2011年09月27日:

« 遺伝子操作で「緑色に光る猫」・エイズ治療に道 | トップページ | 神経幹細胞・移植で血糖値減少 2011年10月07日 »