« 抗生物質効かない淋病の菌 | トップページ | 遺伝子操作で「緑色に光る猫」・エイズ治療に道 »

2011年9月 9日 (金)

「乳がんに威力!」・ノーベル賞田中さんの新装置

**
※- 「乳がんに威力!」・ノーベル賞田中さんの新装置 2011年09月09日
9月09日-読売 web news -、ノーベル化学賞(2002年)の田中耕一・島津製作所フェローは9月8日、同賞受賞につながった質量分析装置を改良し、分析感度が最大1000倍に向上したと発表した。

この装置で、乳がん患者のたんぱく質に付いた生体物質(糖鎖)の判別に世界で初めて成功、患者によって糖鎖の種類が異なることを突き止めた。

今後、糖鎖の種類によって抗がん剤の効き具合に差が出るのかを調べる。

質量分析装置では、試料をイオンの状態にする。

田中フェローらは、イオン化を促す化合物を、これまでの固体から液体に変えるなどし、分析感度を上げた。

この装置を乳がん患者2人のがん細胞分析に応用した。

京都大との共同研究で、たんぱく質表面に付き、病気の発症などに影響する鎖状の糖鎖に着目。

乳がん細胞の増殖に関わるたんぱく質の糖鎖を分析した結果、感度が上がったことで、それぞれの糖鎖の種類が違うことがわかった

*-*

|

« 抗生物質効かない淋病の菌 | トップページ | 遺伝子操作で「緑色に光る猫」・エイズ治療に道 »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1419173/41591728

この記事へのトラックバック一覧です: 「乳がんに威力!」・ノーベル賞田中さんの新装置:

« 抗生物質効かない淋病の菌 | トップページ | 遺伝子操作で「緑色に光る猫」・エイズ治療に道 »