« 「手足口病・患者」、西日本中心に増加 | トップページ | 「iPS細胞」・作製効率50倍に »

2011年7月10日 (日)

筋萎縮性側索硬化症(ALS)・新治療薬 臨床試験へ

**
※- 筋萎縮性側索硬化症(ALS)・新治療薬 臨床試験へ 2011年07月10日
   
7月10日、全身の筋肉が動かなくなる難病、ALS=筋萎縮性側索硬化症の進行を抑える、新たな治療薬の臨床試験が来月にも始まる。

神経細胞を増やす「HGF」というたんぱく質を主な成分とするALSの治療薬。

ALSは、運動神経の細胞が破壊され、全身の筋肉が徐々に動かなくなる難病で、国内の患者はおよそ8500人とされています。

治療薬は、患者の脊髄に注射して神経細胞の再生を促し、症状の進行を抑えようというもの。

開発に当たった、東北大学や慶応大学などの研究では、神経細胞を保護し細胞どうしで情報を伝える物質の濃度を適切に保つといった効果が期待される ・・・ とか。

臨床試験は、来月(8月)にも東北大学病院で始まる見込みで、症状が比較的進んでいない患者12人に投与して、安全性や効果を判定する計画のようです。

記者会見した、東北大学神経内科・青木正志教授は「苦しむ患者さんの姿を見て、新たな治療を夢見てきた。できるだけ早く、薬として提供したい」と述べました

*-*
    

|

« 「手足口病・患者」、西日本中心に増加 | トップページ | 「iPS細胞」・作製効率50倍に »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1419173/40757016

この記事へのトラックバック一覧です: 筋萎縮性側索硬化症(ALS)・新治療薬 臨床試験へ:

« 「手足口病・患者」、西日本中心に増加 | トップページ | 「iPS細胞」・作製効率50倍に »