« 細胞を自在に作る技術開発 2011年03月02日 | トップページ | 携帯電話の電磁波で脳腫瘍リスク・WHO »

2011年5月25日 (水)

子供の心臓筋肉細胞増殖で機能改善に成功 2011年05月25日

**
※- 子供の心臓筋肉細胞増殖で機能改善に成功 2011年05月25日

- NHK web news -

5月24日、岡山大学病院は、心臓の難病がある1歳の女の子から心臓の筋肉の細胞を取り出し、増殖させて体に戻すことで、女の子の心臓の機能を改善させることに成功したと発表した。

子供に対して再生医療の効果が確認できたのは世界で初めてだということです。

これは、岡山大学病院の佐野俊二医師や王英正医師らのグループが記者会見をして明らかにした。

グループは、心臓の左心室が小さいという難病がある島根県の1歳1か月の女の子から、ことし3月、心臓の筋肉の細胞を取り出し、培養して増殖させました。

そして、安全性を確認したうえで、先月26日、細胞を女の子の体に戻しました。

24日に検査した結果、心臓の筋肉や心臓が送り出 す血液の量がそれぞれおよそ10%増えるなど、機能の改善が確認できたということです。

岡山大学病院によりますと、子どもに対して再生医療の効果が確認できたのは世界で初めてだということです。

佐野医師は「順調にいけば心臓の機能はさらに改善され、ほぼ通常どおりの生活を送ることができるようになる。今後は臓器移植を受けなくてもよくなるよう研究を進めたい」と話した

*-*
    

|

« 細胞を自在に作る技術開発 2011年03月02日 | トップページ | 携帯電話の電磁波で脳腫瘍リスク・WHO »

健康」カテゴリの記事