« 認知症の治療薬に心臓病の予防効果 | トップページ | 子供の心臓筋肉細胞増殖で機能改善に成功 2011年05月25日 »

2011年3月 2日 (水)

細胞を自在に作る技術開発 2011年03月02日

**
※- 細胞を自在に作る技術開発 2011年03月02日

3月02日、東京大学の研究グループは、「さまざまな細胞」を自動で鋳型に流し込み、立体的な組織を狙いどおりに作る技術を開発した。

「病気」や「ケガ」で失った臓器を復元する再生医療への希望が期待されている。

今回、発表されたのは、細胞の新たな立体加工技術開発で、東京大学・生産技術研究所「竹内昌治准教授の研究グループ」。

電子基板の製作に使う工作機械を応用して、マウスの細胞の塊が入った液体を直径およそ8ミリ、深さ1ミリのリング状の鋳型に流し込み、出来上がった立体的な組織を積み重ねる事で管のような組織を作った。

培養皿の中で、1週間ほど生き続けるものもあったという。

この技術を使えば、30秒ほどでさまざまな細胞を自動で鋳型に流し込み、体の中の臓器のような複雑な立体的な組織を狙いどおりに作ることができる・・・とか。

失った臓器を復元する再生医療に役立つのではないかと期待されています。

竹内准教授の話し: 「今回の方法で、3次元の複雑な組織を高速に作ることができます。将来的には、いろいろな種類の細胞からなる生体に近い臓器を作って医療に応用したい」

*-*
    

|

« 認知症の治療薬に心臓病の予防効果 | トップページ | 子供の心臓筋肉細胞増殖で機能改善に成功 2011年05月25日 »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1419173/39078212

この記事へのトラックバック一覧です: 細胞を自在に作る技術開発 2011年03月02日:

« 認知症の治療薬に心臓病の予防効果 | トップページ | 子供の心臓筋肉細胞増殖で機能改善に成功 2011年05月25日 »