« WordPress(blog)へ引越し。ページ・リンクが不完全 | トップページ | 認知症の治療薬に心臓病の予防効果 »

2011年1月12日 (水)

ES細胞で心臓ペースメーカー・マウスで成功 2011年01月12日

**
※- ES細胞で心臓ペースメーカー・マウスで成功
   
2011年01月12日、胚性幹細胞(ES細胞)を使って、心臓の拍動のリズムを刻むペースメーカー細胞を作ることに、鳥取大の久留一郎教授(再生医療)らがマウスで成功した。
   
細胞をマウスより大きいラットの弱った心臓に移植すると、心臓の拍動が活発になることも確認。
   
人でも実現すれば、不整脈などの根本治療になると期待される。
   
心臓の拍動は、司令塔であるペースメーカー細胞(洞結節細胞)の電気信号が制御している。
  
この電気信号に異常が発生すると不整脈となり、治療法として、電気刺激を与える心臓ペースメーカーの埋め込み手術がある。
  
国内では年間約6万人がこの手術を受けるが、電磁波の影響を受けやすいほか自律神経の活動に合わせてリズムを変えられないなどの欠点があった
  
*-*
   

|

« WordPress(blog)へ引越し。ページ・リンクが不完全 | トップページ | 認知症の治療薬に心臓病の予防効果 »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1419173/38441816

この記事へのトラックバック一覧です: ES細胞で心臓ペースメーカー・マウスで成功 2011年01月12日:

« WordPress(blog)へ引越し。ページ・リンクが不完全 | トップページ | 認知症の治療薬に心臓病の予防効果 »