« 39・9度 ( 2010年09月05日 ) 京都府京田辺市 | トップページ | インフルエンザで今年度初の学年閉鎖・静岡 »

2010年9月 7日 (火)

「イネ遺伝子」・カドミウムのコメ蓄積抑制

**

※- 「イネ遺伝子」・カドミウムのコメ蓄積抑制


「米」に「カドミウム」が蓄積しないよう制御するイネの遺伝子を岡山大などの研究チームが特定した - ニュース -

 

汚染土壌でも栽培できる品種の開発が期待される - 米科学アカデミー紀要電子版に2010年09月06日掲載 -

 

カドミウムは自然界に存在する重金属で、人体に蓄積されると腎機能障害などを招く。

 

イネの場合、根からカドミウムを吸収し、食用となる実の部分(コメ)や茎、葉に蓄積される。

 

日本ではイタイイタイ病などカドミウムによる健康被害が全国で起きたほか、途上国の鉱山周辺などでも問題化している。

 

同大の馬建鋒(ま・けんぼう)教授(植物栄養学)らは世界各地のコメの代表品種140種を同じ土壌で育てカドミウムの蓄積量を比較。

 

蓄積量の多いネパールの品種「アンジャナ・ダーン」(インディカ種)と、少ない日本の品種「日本晴」(ジャポニカ種)の遺伝子を調べた。

 

アンジャナ・ダーンは茎や葉など地上部分にカドミウムが多く含まれるが、根の蓄積量は少ない。

 

一方、日本晴は根には多く蓄積しているが、茎などにはほとんど蓄積されない。

 

馬教授らは農業生物資源研究所(茨城県つくば市)と共同で、植物の根の細胞にある遺伝子のうち、カドミウムを根にとどめる働きを持つ遺伝子「OsHMA3」を特定した。

 

日本晴のこの遺伝子をアンジャナ・ダーンに組み込むと、カドミウムの多くは根にとどまった。

 

遺伝子組み換え技術でこの遺伝子を大量に増やした日本晴は、汚染土壌で栽培してもコメからカドミウムがほとんど検出されなかった

 

*-*

   

|

« 39・9度 ( 2010年09月05日 ) 京都府京田辺市 | トップページ | インフルエンザで今年度初の学年閉鎖・静岡 »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1419173/37249018

この記事へのトラックバック一覧です: 「イネ遺伝子」・カドミウムのコメ蓄積抑制:

« 39・9度 ( 2010年09月05日 ) 京都府京田辺市 | トップページ | インフルエンザで今年度初の学年閉鎖・静岡 »