« 成人「百日ぜき」急増 2010年6月1日 | トップページ | インスリン維持の機構解明 日米チーム »

2010年6月 8日 (火)

アレルギー抑制分子を発見

**

※- アレルギー抑制分子を発見・筑波大


2010年6月7日、体内でのアレルギー反応を抑制する分子を筑波大の渋谷彰教授らのグループが突き止め、米科学誌ネイチャーイムノロジー電子版に発表した。

 

花粉症やぜんそくなどアレルギー性疾患に共通する新たな治療薬開発につながることが期待される。
 

アレルギーは、原因となる「抗原」が全身にある肥満細胞と結び付き、同細胞内にあるヒスタミンなどの化学物質が放出されて症状を起こす。

 

ヒスタミンの働きを抑える薬が開発されているが、既に放出された後の対症療法にとどまり、効果は限定的という。
 

研究グループは、肥満細胞上にあるアレルギー反応を抑えるとみられる分子を発見。

 

この分子を活性化させると、同細胞からの化学物質の放出が半分程度に減少することを見いだした

 

*-*

     

|

« 成人「百日ぜき」急増 2010年6月1日 | トップページ | インスリン維持の機構解明 日米チーム »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1419173/37249051

この記事へのトラックバック一覧です: アレルギー抑制分子を発見:

« 成人「百日ぜき」急増 2010年6月1日 | トップページ | インスリン維持の機構解明 日米チーム »