« アレルギー抑制分子を発見 | トップページ | 植物遺伝子・気温を記憶して季節見極め開花 »

2010年6月28日 (月)

インスリン維持の機構解明 日米チーム

**

※- インスリン維持の機構解明・化学物質が作用 日米チーム

 

6月27日、妊娠に伴い、血糖値を下げるインスリンの効果が低下するが、インスリン分泌細胞が増えて血糖値上昇を抑えている。

 

この細胞増殖は、化学物質「セロトニン」の作用によることをマウス実験で解明したと、綿田裕孝順天堂大教授と弘前大など日米のチームが27日付米医学誌ネイチャーメディシン電子版に発表した。

 

細胞が十分に増えないと妊娠糖尿病などになる恐れがある。

 

セロトニンは人間や動物の体内にあり、消化管の運動や精神活動への作用が知られている。

 

綿田教授はセロトニンの働きを促進させることで妊娠糖尿病の治療法になる可能性がある。

 

インスリンの分泌低下や肥満などで起きる、2型糖尿病の治療にもつながるかもしれないと話している。

 

綿田教授らは、妊娠期のマウスでは、インスリンを分泌する膵臓のベータ細胞で、セロトニン合成酵素に関係する遺伝子がよく働いていることを見つけた。

 

培養したベータ細胞にセロトニンを投与する実験でベータ細胞が増殖。

 

また妊娠期のマウスにセロトニンの働きを抑える薬を投与すると、ベータ細胞が増えず血糖値が上がった

 

*-*

     

|

« アレルギー抑制分子を発見 | トップページ | 植物遺伝子・気温を記憶して季節見極め開花 »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1419173/37249050

この記事へのトラックバック一覧です: インスリン維持の機構解明 日米チーム:

« アレルギー抑制分子を発見 | トップページ | 植物遺伝子・気温を記憶して季節見極め開花 »