« 「ノアの方舟」・アララト山頂で発見 | トップページ | 女子児童に「子宮頸がんワクチン」取り組み »

2010年5月 8日 (土)

「iPS細胞」研究施設が京都大学に完成

**

※- 「iPS細胞」の基礎から応用研究施設が京都大学に完成

 

5月8日、さまざまな組織や臓器の細胞になる「iPS細胞」について、基礎から応用まで一貫して研究を行う世界で初めての施設が、京都大学に完成しました。

 

京都市左京区の京都大学の「iPS細胞・研究所」は、国と京都大学が47億円をかけて建設された。

 

世界で初めて「iPS細胞」の作成に成功した山中伸弥教授が、初代の所長に就任した。

 

8日に開かれた記念式典で、「世界のどこにも負けないすばらしい施設で、患者に役立つ研究ができるよう新たな決意で努力したい」と述べた。

 

研究所は、地上5階、地下1階で、さまざまな分野の研究者が交流できる広い実験室のほか、将来、患者の治療に使う場合を想定して、安全で高品質の細胞を作ることができる施設が設けられている。

 

これまで複数の建物に分かれていた研究室が集まり、18の研究グループが基礎研究から薬の開発や治療への応用まで一貫して研究に当たる。

 

「iPS細胞」に特化した研究所は世界で初めてだということで、山中教授は「再生医療や薬の開発を進め、10年後には安全性を確かめる臨床試験の段階に入ることを目指したい」と話しています

 

*-*
   

|

« 「ノアの方舟」・アララト山頂で発見 | トップページ | 女子児童に「子宮頸がんワクチン」取り組み »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1419173/37249061

この記事へのトラックバック一覧です: 「iPS細胞」研究施設が京都大学に完成:

« 「ノアの方舟」・アララト山頂で発見 | トップページ | 女子児童に「子宮頸がんワクチン」取り組み »