« 肝臓幹細胞:皮膚から作成 | トップページ | 成人「百日ぜき」急増 2010年6月1日 »

2010年5月31日 (月)

がん移転抑制の可能性も・大阪大

**

※- がん抑制の可能性も・大阪大
 

たんぱく質が「伝令」細胞をリンパ管に押し込む働きを発見した。

 

ウイルスや細菌などが体内に侵入したことを感知した伝令役の細胞を、たんぱく質が押し込むようにして免疫細胞のあるリンパ節へ誘導する仕組みを、「大阪大・免疫学フロンティア研究センター」の熊ノ郷淳教授らが明らかにした。

 
このたんぱく質の働きを調節することで、ワクチンの効果を高めたり、関節リウマチなどの自己免疫疾患を治療したりできるほか、がんの転移を抑制できる可能性もあるという。

 

30日付の米科学誌ネイチャー・イムノロジー電子版に掲載された

 

*-*

   

|

« 肝臓幹細胞:皮膚から作成 | トップページ | 成人「百日ぜき」急増 2010年6月1日 »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1419173/37249056

この記事へのトラックバック一覧です: がん移転抑制の可能性も・大阪大:

« 肝臓幹細胞:皮膚から作成 | トップページ | 成人「百日ぜき」急増 2010年6月1日 »