« 体内時計、細胞分化後2週で始動 | トップページ | RSウイルス感染症・乳幼児持つ親注意を »

2010年2月 8日 (月)

B型、貧血リスク低い=遺伝子個人差

**

※- B型、特に女性は貧血リスク低い=遺伝子個人差

 

血液検査に関連-46種を発見・理研、東大。

 

理化学研究所と東京大の研究チームが、約1万5000人分の遺伝子の個人差をコンピューターで解析し、血液検査の検査値20項目と関連する遺伝子46個を見つけた。

 

項目によっては個人ごとに血液検査の「正常値」が変わる可能性もあるといい、疾患のより正確な診断に役立つという。8日、米科学誌ネイチャー・ジェネティクスに発表した。
 

理研ゲノム医科学センターの鎌谷直之副センター長と東大医科学研究所の松田浩一准教授らは、医科研に登録されている患者1万4700人分の遺伝情報と臨床検査の情報を解析。

 

1人当たり計50万カ所の遺伝子の個人差(一塩基多型=SNP)と血液検査結果との関連を統計的に調べた。
 

その結果、ガンマGTPやコレステロール値など20の検査項目について46個の遺伝子に新たな関連性が見つかった。
 

この中で、血液型の違いをもたらす遺伝子が、ヘモグロビンの濃度と関連を示すことや、細胞の老化に関連する遺伝子が赤血球の数と関連することが判明。

 

特にB型の女性は、貧血のリスクが全体の平均より約21%低いことが分かった

 

*-*

     

|

« 体内時計、細胞分化後2週で始動 | トップページ | RSウイルス感染症・乳幼児持つ親注意を »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1419173/37249083

この記事へのトラックバック一覧です: B型、貧血リスク低い=遺伝子個人差:

« 体内時計、細胞分化後2週で始動 | トップページ | RSウイルス感染症・乳幼児持つ親注意を »