« 帯状疱疹患者、10年で2割増 | トップページ | 10/22 新型インフルエンザ急増 »

2009年10月14日 (水)

新型インフルエンザで4歳の男児死亡

**

※- 新型インフルエンザで4歳の男の子が死亡 -web news-

 

新型インフルエンザに感染していた東京都内の4歳の男の子が、急性脳炎のため、入院先の病院で死亡した。

 

新型インフルエンザに感染して死亡した人の中で、これまでで最も低い年齢だということです。


 

東京都によりと、死亡したのは都内に住む4歳の男の子です。

 

男の子は、今月4日に40度近い熱が出て、自宅近くの医療機関でインフルエンザ治療薬のタミフルの投与を受けましたが、帰宅途中に体がけいれんし始めたため、そのまま救急車で運ばれて、別の病院に入院した。

 

入院後は意識がなくなり、自力呼吸も困難な状態で、遺伝子検査の結果、新型インフルエンザに感染していることが判明した。

 

集中治療室で治療を続けてきましたが、13日に急性脳炎のため死亡しましたが、男の子には基礎疾患は無かったという。

 

厚生労働省によると、新型インフルエンザに感染して死亡したのは、感染の疑いのある人を含めて24人目。

 

4歳はこれまでで最も低い年齢だという。

 

新型インフルエンザに詳しい岡山大学の森島恒雄教授は「流行が広がるにつれ、4歳や5歳という小さな子どもがインフルエンザ脳症になって重症化するケースが増えており、今後も、多くの患者が予想される」と話している。

 

「症状が急速に悪化するケースが見られるので、十分な注意が必要」。

 

「けいれんや意識障害など、重症化の兆候が見られる場合には、直ちに医療機関を受診する必要がある」と話してる

 

*-*

     

|

« 帯状疱疹患者、10年で2割増 | トップページ | 10/22 新型インフルエンザ急増 »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1419173/37249136

この記事へのトラックバック一覧です: 新型インフルエンザで4歳の男児死亡:

« 帯状疱疹患者、10年で2割増 | トップページ | 10/22 新型インフルエンザ急増 »