« 新型インフルエンザで小学生死亡、2人目 | トップページ | 新型インフル国産ワクチン初出荷 »

2009年10月 8日 (木)

都内、新型インフルで5歳男児が死亡

**

※- 都内、新型インフルで国内最年少 5歳男児が死亡

 

10月8日、東京都によると、新型インフルエンザに感染した都内の5歳の男児が6日にインフルエンザ脳炎で死亡したと発表した。

 

厚生労働省によると、国内の死者は感染疑い例も含め22例目。

 

東京都によると、男児に既往症などはなかったという。

 

10月2日に男児は発熱などの症状がみられ、自宅近くの医療機関を受診した。

 

帰宅し、翌3日午前に40度の高熱となり、再度受診した。

 

簡易検査でA型インフルエンザ陽性の反応があり、タミフルを投与された。

 

同日夕から嘔吐(おうと)やひきつけのほか、意識障害も起き、別の医療機関で頭部を検査したところ、脳炎が疑われ入院していた

 

*-*
   

|

« 新型インフルエンザで小学生死亡、2人目 | トップページ | 新型インフル国産ワクチン初出荷 »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1419173/37249145

この記事へのトラックバック一覧です: 都内、新型インフルで5歳男児が死亡:

« 新型インフルエンザで小学生死亡、2人目 | トップページ | 新型インフル国産ワクチン初出荷 »