« 新型インフルエンザで4歳の男児死亡 | トップページ | 豚からも新型インフルエンザ・大阪 »

2009年10月23日 (金)

10/22 新型インフルエンザ急増

**

※- 新型インフルエンザ急増 10月22日

 

新型インフルエンザで医療機関を受診する患者が急増し、「警報」や「注意報」のレベルに達した自治体は少なくとも22都府県と、前の週に比べて倍近くに増え、全国的に感染が拡大していることがNHKのまとめでわかりました。

各都道府県は、全国に4800ある医療機関でインフルエンザの患者の数を調べ、それぞれの地域での流行状況を把握しています。

NHKが全国の都道府県に問い合わせたところ、先週1週間に医療機関1か所当たりの患者数が10人を超え、本格的な流行が近づいているとみられる「注意報レベル」となったのは少なくとも21都府県に上り、前の週の11都府県の倍近くになっていました。

このうち、新たに注意報レベルを超えたのは滋賀県や京都府、茨城県、岩手県、佐賀県などです。

また、医療機関1か所当たりの患者数が30人以上と警報レベルを超えた自治体は、前の週は北海道だけでしたが、新たに愛知県が31.62人となったことがわかりました。

国立感染症研究所の安井良則主任研究官は「毎年のインフルエンザでは患者が増加する地域もあれば逆に減る地域もあるなどばらつきがみられるが、新型では東京や大阪など大都市圏を中心に患者が増え続けている。

 

小児科や休日診療所などに患者が押し寄せているので、医療機関がパンクしないよう早く態勢を整えることが必要だ」と話しています

 

*-*

   

|

« 新型インフルエンザで4歳の男児死亡 | トップページ | 豚からも新型インフルエンザ・大阪 »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1419173/37249133

この記事へのトラックバック一覧です: 10/22 新型インフルエンザ急増:

« 新型インフルエンザで4歳の男児死亡 | トップページ | 豚からも新型インフルエンザ・大阪 »