« 新型・ワクチンは1回で十分 | トップページ | 都内、新型インフルで5歳男児が死亡 »

2009年9月22日 (火)

新型インフルエンザで小学生死亡、2人目


**

※- 新型インフルエンザによる小学生死亡、2人目

 

9月21日、新型インフルエンザに感染した滋賀県守山市の小学一年生(7歳)の男の子がインフルエンザ脳症のため、入院先の病院で死亡した。

 

新型インフルエンザに感染して小学生が死亡したのは国内で2人目。

 

滋賀県によりますと、男の子は今月19日に発熱などの症状を訴え滋賀県内の医療機関を受診しました。

 

20日から40度6分の熱を出して意識不明の状態になり、タミフルの投与を受けるとともに滋賀医科大学附属病院で人工呼吸器を付けて治療が続けられていた。

 

しかし、21日になって体温が34度台まで下がるなど容態が悪化し、21日午後9時半ごろ、インフルエンザ脳症のため死亡した。

 

男の子は遺伝子検査で、新型インフルエンザの感染が確認され、男の子が通う小学校では今月、新型インフルエンザによる学級閉鎖をしていた。

 

小学生が新型インフルエンザに感染して死亡したのは、今月、横浜市で死亡した小学校6年生の男の子に次いで国内で2人目となった

 

*-*

     

|

« 新型・ワクチンは1回で十分 | トップページ | 都内、新型インフルで5歳男児が死亡 »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1419173/37249147

この記事へのトラックバック一覧です: 新型インフルエンザで小学生死亡、2人目:

« 新型・ワクチンは1回で十分 | トップページ | 都内、新型インフルで5歳男児が死亡 »