« ピロリ菌除菌とB型インスリン抵抗症 | トップページ | パーキンソン病に遺伝子治療 »

2009年8月10日 (月)

iPS細胞の作成、数十倍効率化・京大

**

※- iPS細胞の作成、数十倍効率化・京大  -website-

 

身体のあらゆる組織や細胞になりうる人工多能性幹細胞(iPS細胞)の作製効率を数十倍高めることに、京都大学の山中伸弥教授らのグループが成功した。

 

特定の遺伝子の働きを止める方法で、課題だった作製効率の低さを改善した。

 

この遺伝子の制御法を改善すれば、安全で効率のよい作製法の確立につながり、再生医療や難病治療など実用化を加速すると期待される。

 

9日付の英科学誌ネイチャー電子版に発表する。激しい研究競争を背景に、山中教授らとは別に同様の成功をした京都大の川村晃久・特定助教と米ソーク研究所など他の4グループの研究も同時掲載される。

 

山中教授らは、がん抑制遺伝子「p53」が、iPS細胞の作製時に活発に働くことに注目。

 

がん化のおそれがある細胞の増殖を止めたり、細胞死に導いたりするp53が働かないようにした皮膚細胞からiPS細胞を作製した。

 

その結果、06年に山中教授らが開発した4遺伝子を細胞に組み込むマウスを使った最初の作製法で、数%だった作製効率が約20%に向上。

 

ヒトの皮膚細胞を使っても、千個の細胞から数個だった作製効率を数十倍高める効果があった。

 

さらに、遺伝子の組み込みにウイルスを使わない安全性が高い方法でも、マウスの実験で、約10万個の細胞から、p53が働いたままではほとんどできなかったiPS細胞を約100個作ることができた。

 

がん化を防ぐ役割のp53の働きを止めた状態が続くと、iPS細胞ががん化する可能性が高まるが、特殊な操作や薬剤でp53の働きを一時的に抑える方法は確立されている。

 

山中教授は「iPS細胞を作るときだけp53を抑えるよう工夫すれば、安全で効率の高いiPS細胞の作製法につながる」と話している

 

*-*
     

|

« ピロリ菌除菌とB型インスリン抵抗症 | トップページ | パーキンソン病に遺伝子治療 »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1419173/37249176

この記事へのトラックバック一覧です: iPS細胞の作成、数十倍効率化・京大:

« ピロリ菌除菌とB型インスリン抵抗症 | トップページ | パーキンソン病に遺伝子治療 »