« 新型インフル、ワクチンの複数接種効果 | トップページ | 脳血管に女性ホルモンが有効 »

2009年4月 7日 (火)

ピロリ菌+たばこ、胃がんリスク11倍

**

※- ピロリ菌+たばこ、胃がんリスク11倍

 

胃の粘膜に細菌ヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)がいると、胃がんになるリスクが高まる。

 

特にたばこを吸っていると、そのリスクが跳ね上がることが、九州大グループによる福岡県久山町の住民の長期追跡調査でわかった。

 

ピロリ菌感染がなく、喫煙もしない人と比べると、胃がんリスクは11倍になるという。

 

88年に健康状態や生活習慣を調べた40歳以上の男性約1千人のその後を02年まで追跡した。

 

全体の半数が喫煙者で、77%にピロリ菌がいた。

 

調査期間中に胃がんになったと確認されたのは68人で、

 

内訳はピロリ菌感染・喫煙者が411人中37人、

 

ピロリ菌感染・非喫煙者が412人中24人、

 

ピロリ菌非感染・喫煙者が121人中6人、

 

ピロリ菌非感染・非喫煙者が126人中1人だった。

 

塩分摂取量の多少や胃腸の潰瘍(かいよう)にかかった経験の有無、年齢など、胃がんの発症に関係しそうな要素の影響を除いて、胃がんリスクを計算すると、ピロリ菌感染者は非感染者の2.7倍。

 

喫煙者は非喫煙者の1.8倍だった。

 

さらにピロリ菌感染と喫煙の有無で四つのグループに分けて検討すると、最もリスクが低い「ピロリ菌非感染で、たばこも吸わない」人と比べ、非感染の喫煙者は5.8倍、喫煙しない感染者は6.9倍。

 

感染と喫煙が重なると11.4倍だった。ピロリ菌で胃が傷むのに加え、たばこの発がん物質にさらされる影響が大きいらしい。

 

日本では40代以上の男性の7割、女性の6割ほどがピロリ菌に感染しているといわれ、年間約10万人が新たに胃がんと診断されている。

 

除菌が有効とみられているが、公的な医療保険が使えるのは胃潰瘍などの患者に限られている。

 

研究の中心になった清原裕教授は「除菌は胃がん予防の大きな手段だが、ピロリ菌だけが胃がんを起こすわけではない。

 

除菌をする人にはまず禁煙が必要だ」といっている

 

*-*

     

|

« 新型インフル、ワクチンの複数接種効果 | トップページ | 脳血管に女性ホルモンが有効 »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1419173/37249199

この記事へのトラックバック一覧です: ピロリ菌+たばこ、胃がんリスク11倍:

« 新型インフル、ワクチンの複数接種効果 | トップページ | 脳血管に女性ホルモンが有効 »