« 脳血管に女性ホルモンが有効 | トップページ | 豚インフルエンザが人へ感染 »

2009年4月19日 (日)

ES細胞で毛を生えさせた

**

※- ES細胞で毛を生えさせた

 

松本歯科大講師がマウス実験「人でも試したい」

  

胚(はい)性幹細胞(ES細胞)を使い、毛を新しく生えさせることに松本歯科大の八巻真理子講師(幹細胞生物学)がマウスの実験で成功した。

 

脱毛の治療法の開発などに役立つ成果で、日本再生医療学会誌5月号に発表する。

 

八巻講師は、ES細胞だけでは毛を新生させることが難しいことから、皮膚細胞と共同で様々な器官を作る間葉系細胞に着目。

 

マウスの胎児の歯から間葉系細胞を取り出し、皮膚の細胞の元になるマウスES細胞と混ぜた塊にして培養した。

 

その結果、48個の塊のうち約4割で毛が1~2本生えたことを確認。

 

細胞の増殖を促すたんぱく質を加えると、毛ができる割合は約6割に上がった。

 

この塊を、マウスの背筋に移植すると12匹すべてで毛が生えてきた。

 

毛に栄養を送る毛乳頭もできていた。

 

八巻講師は「ES細胞と、他の機能を持つ別の間葉系細胞を組み合わせれば、違う器官が形成されるかも知れない。

 

まずは、人のES細胞を使って毛髪ができるか試したい」としている

 

*-*
   

|

« 脳血管に女性ホルモンが有効 | トップページ | 豚インフルエンザが人へ感染 »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1419173/37249192

この記事へのトラックバック一覧です: ES細胞で毛を生えさせた:

« 脳血管に女性ホルモンが有効 | トップページ | 豚インフルエンザが人へ感染 »