« スズメの生息数、半世紀前の1割 | トップページ | 更年期診断、病気を見逃す »

2009年2月 4日 (水)

ヒトiPS細胞をマウスに移植

**

※- ヒトiPS細胞をマウスに移植 -web news-

 

・脊髄損傷改善…慶大チーム

 

様々な細胞に変化できる人の「新型万能細胞(iPS細胞)」から作った神経幹細胞を、脊髄(せきずい)を損傷したマウスに移植し、症状を改善させることに慶応大学の研究チームが成功した。

ヒトiPS細胞を使って治療効果が確認されたのは世界で初めて。

交通事故などで脊髄を損傷した人の治療に道を開く成果として注目される。

脊髄損傷は、背骨の中を走る中枢神経が傷つき、脚などの運動機能が失われる疾患。

中枢神経が切断されると回復しないとされる。

これまでマウスのiPS細胞を使って、脊髄損傷マウスの治療は成功していたが、人の細胞を移植すると免疫の拒絶反応を受け、治療は難しかった。

同大の岡野栄之教授(生理学)らは、免疫反応をなくしたマウスを活用。脊髄の一部を傷つけて後ろ脚をマヒさせた後で、ヒトiPS細胞から作った神経幹細胞を移植した。

その結果、4週間後には後ろ脚に体重をかけて前脚と連動して歩けるまでに回復した。

一方、自然治癒にまかせたマウスは後ろ脚をピクピク動かせる程度で、立つのは無理だった。

iPS細胞を使った再生医療では、移植した細胞のがん化が課題とされるが、7週間たっても腫瘍(しゅよう)は発生していない。

岡野教授は「今後、半年以上、腫瘍ができないことを見守り、iPS細胞の安全性を確認する必要がある。

そのうえで、サルなどで実験し、人への実用化につなげていきたい」としている


*-* 2009年 2月 4日

     

|

« スズメの生息数、半世紀前の1割 | トップページ | 更年期診断、病気を見逃す »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1419173/37249225

この記事へのトラックバック一覧です: ヒトiPS細胞をマウスに移植:

« スズメの生息数、半世紀前の1割 | トップページ | 更年期診断、病気を見逃す »