« IPS細胞・安全性をあげる | トップページ | 方針に集中する »

2008年10月16日 (木)

小児がん「神経芽腫」の遺伝子

**

※- 小児がん「神経芽腫」、原因遺伝子  -web news-

 

小児がんの一種で、治療が難しい神経芽腫の原因遺伝子を東大医学部の研究グループが発見した。

 

この遺伝子がつくる酵素の働きを抑えることで、新たな治療法の開発が期待できるという。

 

16日付の英科学誌「ネイチャー」(電子版)に発表した。

 

神経芽腫は4歳以下の患者が9割を占める乳幼児疾患。国内で年間約1000人が発症し、患者の約3割は治療が難しい。

 

24年前に関連遺伝子が見つかったが、有効な治療法の開発には結びついていない。

 

研究グループは患者215人のゲノム(全遺伝情報)を分析。

 

そのうち18人で、細胞の増殖にかかわる遺伝子が変異したり、通常の数十倍にコピーされて増えたりして、神経のもとになる細胞をがん化させ、神経芽腫を引き起こしたことを突き止めた。

 

詳しく調べたところ、この遺伝子がつくる酵素が異常に活性化していることが判明。

 

酵素の働きを阻害すれば、治療が難しい患者の約3割で症状の改善が期待できるという。

 

小川誠司特任准教授は「この酵素は肺がんと関係があり、阻害剤の研究が進んでいる。

 

神経芽腫の治療にも生かせるかもしれない」と話している

 

*-*
   

|

« IPS細胞・安全性をあげる | トップページ | 方針に集中する »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1419173/37249310

この記事へのトラックバック一覧です: 小児がん「神経芽腫」の遺伝子:

« IPS細胞・安全性をあげる | トップページ | 方針に集中する »