« 小沢代表・代表質問 | トップページ | 小児がん「神経芽腫」の遺伝子 »

2008年10月10日 (金)

IPS細胞・安全性をあげる

**

※- 「iPS細胞」: ウイルス使わず安全に  -web site-

 

- 山中教授グループ - 

様々な細胞に変化できる新型万能細胞(iPS細胞)を、発がんなどの危険性があるウイルスを使わずに作ることに、京都大の山中伸弥教授らのグループがマウスで成功した。

 

10日付の米科学誌サイエンスに掲載される。
 

山中教授らは、これまで皮膚の細胞に3~4種類の遺伝子を組み込んだレトロウイルスを感染させる方法でiPS細胞を作っていた。

 

しかし、このウイルスは細胞の染色体を傷つけ、がんを起こす恐れがあった。

 

研究グループは、染色体を傷つけず、細胞内で2~3日で分解されるプラスミドと呼ばれる環状のDNAに注目。

 
4遺伝子のうち三つと、一つを別々のプラスミドに組み込み、マウスの胎児の皮膚細胞に導入、iPS細胞を作ることに成功した。

 

山中教授は「新世代のiPS細胞といえる」と話している

  

*-*

     

|

« 小沢代表・代表質問 | トップページ | 小児がん「神経芽腫」の遺伝子 »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1419173/37249313

この記事へのトラックバック一覧です: IPS細胞・安全性をあげる:

« 小沢代表・代表質問 | トップページ | 小児がん「神経芽腫」の遺伝子 »