« カレーに記憶力 | トップページ | 「サリドマイド」承認へ »

2008年8月26日 (火)

ES細胞、遺伝子操作を自在に

**

※- ES細胞、遺伝子操作を自在に -web news-

 

埼玉医大と京大が基本技術

埼玉医科大学と京都大学は代表的な万能細胞である「ヒト胚(はい)性幹細胞(ES細胞)」の遺伝子を自在に操作できる基本技術を開発した。

この技術を使うと100%近い確率でES細胞から心臓や神経の細胞など望む細胞を作れるようになる可能性がある。

ES細胞と同様に様々な細胞を作れるとされる新型万能細胞(iPS細胞)にも応用可能とみられ、再生医療や新薬の開発に役立つという。

成果は国際的な学術論文誌である米科学アカデミー紀要(電子版)に26日、発表した。

ES細胞やiPS細胞は万能細胞と呼ばれ、体を構成する様々な細胞に変化する。

ただ、心臓や神経の細胞など個別の細胞を作るには、それぞれ特定の遺伝子の働きを促す必要がある。

外部からES細胞などの中に別の遺伝子を確実に運び込むことができれば、望む細胞を効率よく作れると考えられている


*-*

     

|

« カレーに記憶力 | トップページ | 「サリドマイド」承認へ »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1419173/37249334

この記事へのトラックバック一覧です: ES細胞、遺伝子操作を自在に:

« カレーに記憶力 | トップページ | 「サリドマイド」承認へ »