« ヒトES細胞から血小板 | トップページ | 原油先物・110ドル突破 »

2008年3月12日 (水)

新型インフルで厚労省研究班


**

※- 鼻に噴射、新ワクチン開発

 

   インフルエンザ予防

 

新型インフルで厚労省研究班 - web site -

 

世界的な流行と大被害が予想される新型インフルエンザに、すばやく対応できる新ワクチンを厚生労働省研究班が開発した。

 

新ワクチンは鼻に吹きつけるだけなので、注射器などがいらず、途上国でも使いやすい。

 

マウスとサルで効果を立証した。人での治験を2010年から始める予定だ。

 

研究班長の長谷川秀樹・国立感染症研究所感染病理部第二室長らは、ベトナムで04年に高病原性鳥インフルエンザH5N1に感染した患者から得たウイルスを使い、病原性をなくす処理をした。

 

これに、粘膜の免疫を刺激する補助剤をまぜて新ワクチンをつくった。

 

従来のワクチンは、血中の免疫細胞だけを刺激してウイルスに対抗する抗体をつくる。

 

このため、ウイルスが体内に感染しないと効果は出ない。

 

新ワクチンは粘膜を刺激し、粘膜の外に抗体を分泌する免疫反応を起こさせる。

 

鼻腔(びくう)に入ったウイルスが粘膜にくっつく前に、この抗体が撃破する。

 

従来の抗体と働き方が違うため、遺伝子の細かな違いにかかわらず防御効果を発揮するのが特長だ。

 

新型ウイルス登場前に製造でき、発生直後からすばやく対応できる。

 

研究班は、このワクチンをマウスの鼻に1カ月間に2回吹きつけ、2週間後にウイルスにさらし、ワクチンの効果を調べた。

 

その結果、新ワクチンを吹きつけたマウス5匹はすべて生き残ったが、吹きつけなかったマウスは12日以内にすべて死んだ。

 

また、同じH5N1型でも遺伝子の一部が異なる株への効果をみるため、97年の香港株と05年のインドネシア株でも調べ、同様に死亡を防ぐことを確かめた。

 

H5N1型なら、流行年や地域による遺伝子の違いを超えて高い効果があった。

 

サルの実験でも、ワクチンを使わなかったサルは肺炎を起こしたが、使ったサルは元気で、鼻やのどからもウイルスは見つからなかった。

 

インフルエンザウイルスの型は理論上144通りある。

 

新型インフルエンザはH5N1型から出る可能性が高いとみる専門家は多いが、予測は難しい。

 

H5N1型以外の新型インフルエンザ発生も視野に入れ、研究班メンバーの喜田宏・北大教授(獣医学)は、人に感染する可能性が高い136通りのウイルスを収集した。

 

長谷川室長は「集めたさまざまな型のウイルスをもとに、新ワクチンの事前準備が可能で、発生直後にすばやく対応できる」と話す



*-*

           

|

« ヒトES細胞から血小板 | トップページ | 原油先物・110ドル突破 »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1419173/37249487

この記事へのトラックバック一覧です: 新型インフルで厚労省研究班:

« ヒトES細胞から血小板 | トップページ | 原油先物・110ドル突破 »