« ネット遮断、違法コピー者 | トップページ | 次世代ワクチンの働く仕組み解明 »

2008年3月17日 (月)

「万能ワクチン」実現へ道筋


**

※- 「万能ワクチン」実現へ道筋 -Web Site-

 

感染研などが新物質開発。

 

国立感染症研究所と日油などは、様々なタイプのインフルエンザウイルスの増殖を抑えるのに有望な新物質を開発した。

 

従来のワクチンとは異なり、ウイルスが感染した細胞を攻撃するのが特徴。動物実験で効果を確かめた。

 

発生が懸念される新型インフルエンザをはじめ、どんなインフルエンザにも効く「万能ワクチン」の実現につながる成果で、引き続き動物で効果と安全性を調べる。

 

開発したのは感染研、日油、北海道大学、埼玉医科大学のチーム。

 

体にウイルスが侵入すると、免疫という仕組みが働く。ワクチンはこの仕組みの働きを高める。

 

従来のワクチンは、ウイルスを直接攻撃する免疫の働きを強める。だがウイルスは表面の構造が変わりやすく、いったん変わると既存のワクチンは効かなくなる

 

*-*

   

|

« ネット遮断、違法コピー者 | トップページ | 次世代ワクチンの働く仕組み解明 »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1419173/37249477

この記事へのトラックバック一覧です: 「万能ワクチン」実現へ道筋:

« ネット遮断、違法コピー者 | トップページ | 次世代ワクチンの働く仕組み解明 »