« マナ と 俎板 ( まな板 ) | トップページ | 「エアロゲル」驚きの断熱素材 »

2007年10月22日 (月)

骨の壊し屋と女性ホルモン

**

※- 骨の壊し屋・女性ホルモンが抑制

 

東大教授チーム解明 2007年 9月 9日 - web news -



閉経後の女性が骨粗鬆症(こつそしょうしょう)になりやすい詳しいメカニズムを東京大の加藤茂明教授(分子生物学)のチームが突き止め、7日付の米専門誌セルに発表する。

閉経で女性ホルモンが減ると、「骨の壊し屋」の細胞が増えてしまうためだという。新たな治療薬の開発に役立つと期待される。

体内では新しい骨ができる一方、古い骨が壊れている。この新陳代謝のバランスが崩れ、壊れるほうが増えたのが骨粗鬆症だ。国内では1000万人を超えるという。

女性ホルモンのエストロゲンが減ると骨粗鬆症になりやすいことは知られている。ただ、骨の新陳代謝のバランスが崩れる仕組みは不明だった。

骨をつくる骨芽細胞を多くの研究者が調べている中、加藤教授は骨を壊す「破骨細胞」に注目。マウスの破骨細胞でエストロゲンが働かないようにすると、骨がすかすかになった。

逆に、エストロゲンを働かせると破骨細胞の数が減った。

加藤教授は「閉経してエストロゲンが減ると破骨細胞が増えすぎ、骨が減ってしまうのだろう」とみている。

野田政樹・東京医科歯科大難治疾患研究所長は「破骨細胞に対するエストロゲンの作用を示した画期的な成果だ

。新たな治療薬への道を開くと期待される」と話す

*-* 

 2007年10月22日

        

|

« マナ と 俎板 ( まな板 ) | トップページ | 「エアロゲル」驚きの断熱素材 »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1419173/37249763

この記事へのトラックバック一覧です: 骨の壊し屋と女性ホルモン:

« マナ と 俎板 ( まな板 ) | トップページ | 「エアロゲル」驚きの断熱素材 »