『トコジラミ』の駆除依頼が急増 2019年05月29日

**
※- 『トコジラミ』の駆除依頼が急増 2019年05月29日

20190529

5月29日、NHK website -:日本を訪れる外国人旅行者が増える中、海外から持ち込まれる害虫のリスクについて学ぶセミナーが開かれました。

専門家によると先進国では、おさまっていた「トコジラミ」の被害が再び出始めているとして、衣類や寝具を清潔に保つなど対策の徹底を呼びかけました。

このセミナーは、東京オリンピック・パラリンピックの開催などで日本を訪れる外国人旅行者が増える中、海外から持ち込まれる害虫への注意を呼びかけようと害虫駆除を手がける会社が都内で開きました。

この中で講演した国立環境研究所の五箇公一室長は、先進国でいったんおさまっていたトコジラミの被害が世界中で再び出始めていると指摘しました。

トコジラミは体長が5ミリから8ミリほどの「ナンキンムシ」とも呼ばれる害虫で、血を吸われると強いかゆみを引き起こすのが特徴です。

五箇室長は「東京大会を契機としてさらにトコジラミが国内に入ってくるリスクがある」と話し、衣類や寝具を清潔に保つなど対策の徹底を呼びかけました。

また、セミナーを開いた会社で害虫駆除を担当する齋藤祐輔さんによりますと、トコジラミの駆除依頼の件数は、去年までの4年間でおよそ5倍に急増したということです。

齋藤さんは「トコジラミの生息場所は例えばカーテンレールの中など目に見えないところが非常に多い。小さなところも見逃さないことが防衛策になる」と話していました

*-*

| | コメント (0)

2019年9月17日 (火)

「RSウイルス感染症」・「 百日せき」など患者増加 2019年09月17日

**
※- 「RSウイルス感染症」・「 百日せき」など患者増加 2019年09月17日

主に子どもが感染し、激しいせきが続く「RSウイルス感染症」や、「百日せき」といった呼吸器の感染症の患者が多い状態が続いています。

特に赤ちゃんがかかると重症化するおそれがあり、専門家は、早めに医療機関を受診するよう呼びかけています。

RSウイルス感染症は、主に子どもが感染し、発熱やせきなど、かぜに似た症状の出る病気で、肺炎を引き起こすなど重症化することがあります。

国立感染症研究所によりますと、全国およそ3000の小児科の医療機関で、今月8日までの1週間にRSウイルス感染症と診断された患者は9842人と、前の週から2000人以上増えました。

定点当たりの患者数が最も多い宮崎県や佐賀県などの九州地方を始め、全国各地で例年より早く患者が増えています。

一方、百日せきは主に子どもで激しいせきが続く細菌が原因の感染症で、肺炎を引き起こすなどして重症化することもあります。

ことし、全国の医療機関から報告された患者数は1万1953人で、去年1年間の数をすでに超え、都道府県では、東京都で995人、福岡県で756人、千葉県で710人などと、散発的に感染が続いています。

国立感染症研究所によりますと、ことしに入って生後6か月未満の赤ちゃん、少なくとも100人が百日せきで入院したということです。

感染症に詳しい群馬パース大学の木村博一教授は「どちらの感染症も赤ちゃんがかかると重症化しやすいので、せきなどが続くようなら早めに医療機関にかかってほしい。手洗いやマスクの着用なども徹底してほしい」と話しています

*-*

| | コメント (0)

2019年8月23日 (金)

特殊な3Dプリンターで人工血管作り移植へ 2019年08月23日

**
※- 特殊な3Dプリンターで人工血管作り移植へ 2019年08月23日



医療・佐賀大学研究計画

特殊な3Dプリンターでヒトの細胞を組み立てて人工血管を作り、人工透析を受けている患者に移植する臨床研究の計画を佐賀大学の研究グループが国に提出したことが関係者への取材でわかりました。

3Dプリンターで細胞だけで作った人工血管をヒトに移植するのは世界初とみられ、グループは計画が受理されればこの秋にも臨床研究を始めることにしています。

関係者によりますと臨床研究の計画を提出したのは、佐賀大学医学部の中山功一教授と伊藤学助教らの研究グループです。

グループではヒトの細胞を培養し「バイオ3Dプリンター」と呼ばれる特殊な装置で立体的に組み立て人工血管を作ることに成功し、半年間ブタに移植したところ、通常の血管として機能するだけでなく従来の樹脂製の人工血管と比べて丈夫で、拒絶反応のリスクが少ないことなどが確認されたということです。

関係者によりますとヒトへ移植した場合の安全性を確認するため、国が認定した外部の委員会と学内の審査委員会の承認を得て、人工透析を受けている患者に移植する臨床研究の計画を22日、国に提出したということです。

3Dプリンターによって細胞だけで作った人工血管をヒトに移植するのは世界初とみられるということです。

人工透析の患者は繰り返し針を刺すため血管が傷みやすく、細胞から作った人工血管を使うことで負担軽減につながると期待され、グループは計画が受理されれば患者を募り、ことし秋にも臨床研究を始めることにしています。

細胞で作った人工血管とは

この人工血管を作り出すのは中山教授らが独自に開発した「バイオ3Dプリンター」です。

プリンターではまず培養皿に並ぶ穴に管を差し込み、穴の中にある細胞の固まりを取り出します。

この管の先にあるのが直径0.5ミリほどの細胞の固まりです。

そしてもう一つの工夫が、この細い針を並べた小さな「剣山」のような部品です。

プリンターにセットされた剣山に細胞の固まりを規則正しく刺していき、チューブ状の形に組み上げます。

そのあと1か月から2か月ほどかけて液体の中で培養を続け、最後に剣山を抜きます。

このときには細胞の固まりどうしがくっついて血管の形ができているのです。

直径は = 7ミリ ほど。

本物の血管と同じような弾力があります。

管の内側に血圧のおよそ10倍の圧力をかけても耐えられるということです。

人工血管をブタに移植した実験では通常の血管と同じように血液がとおり、半年にわたって機能することが確認され、グループはヒトに移植する臨床研究に向け準備を進めてきました

*-*

| | コメント (0)

2019年8月11日 (日)

『痛風薬』で『アルツハイマー病』治療臨床試験 2019年08月10日

**
※- 『痛風薬』で『アルツハイマー病』治療臨床試験 2019年08月10日

中国で臨床試験実施の可能性―中国メディア

アルツハイマー病の治療に、現在すでに痛風薬として応用されている=フェブキソスタット(フェブリク錠)が効くという。

20190809

その臨床試験を中国で行う計画が進んでいる。

人々の寿命が延び、社会が高齢化していくにつれて、認知症が社会問題となっている。

認知症のタイプの中で最も多いとされているのが、アルツハイマー病によって起こるアルツハイマー型認知症だ。

そのアルツハイマー病の治療に、現在すでに痛風薬として応用されている『フェブキソスタット(フェブリク錠)』が効くという。

その臨床試験を中国で行う計画が進んでいる。

北京市の産業発展促進会で7日、日本のNeSA合同会社医薬開発コンサルタント・日本医科大学名誉教授で医学博士の西野武士氏、鳥取大学医学部附属病院診療教授・神経病理診断科長の加藤信介氏、北京大学第三医院神経内科主任医師の肖衛忠氏ら日中の医学専門家による座談会が行われ、アルツハイマー病予防・治療、新薬研究開発、両国学者間の相互理解・学術交流促進について討議が行われた。

中国産業発展促進会や日中産学官交流協会など関連機関の代表らも今回の座談会に参加し、日本で研究開発された新薬フェブキソスタットの中国での臨床試験や導入などについて意見を交換した。

痛風薬フェブキソスタット開発の理論的指導者である西野武士氏によると、アルツハイマー病患者の脳では、まずアミロイド蛋白に次いでタウ蛋白が沈着し、その後脳萎縮が始まり、記憶障害が起こる。

さらに進むと臨床症状が現れるようになる。

西野氏は研究の過程で、尿酸量を低下させる痛風薬として開発したフェブキソスタットがアミロイド蛋白とタウ蛋白の沈着を抑制できることを実証し、アルツハイマー病治療薬としても有効であると考えた。

アルツハイマー病モデルマウスに対しフェブキソスタットを投与したところ、アミロイド蛋白沈着の遅延、タウ蛋白沈着の遅延、アルツハイマー病行動進行の遅延がみられた。

このアルツハイマー病モデルマウスは鳥取大学医学部附属病院診療教授の加藤信介氏が世界で初めて生み出したもので、ヒトアルツハイマー病の病理的特徴である老人班と神経原線維変化と同一の構造物を持っている。

報道によると、アルツハイマー病は世界で治療薬開発の成功率が最も低い疾病だという。

成功に至らない原因について西野氏は、従来のアルツハイマー病治療薬はアミロイド蛋白とタウ蛋白を取り除くことに重点を置いていたからだと考えている。

一方、西野氏らが開発した新薬は、アミロイド蛋白とタウ蛋白の沈着を抑制することに重きを置いている。

西野氏によると、アルツハイマー病に罹患すると脳が委縮していき、元の状態を回復することは難しい。

したがって、早期発見と早期治療がカギとなる。

西野氏の研究チームが開発した新薬は病情の進行を遅らせることを重視している。

新薬は患者の生活の質を大きく改善するだけでなく、家族や社会の負担を軽減し、社会的経費の削減につながる。

フェブキソスタット自体はすでに痛風薬として長年応用されており、これを基にして開発された新薬は比較的安全性が保障されている。

しかも、蛋白の沈着を抑制することに重きを置いており、作用原理がほかの薬と異なるため、服用効果も期待できる。

西野氏らはこの新薬の臨床試験を中国で行う計画を進めており、座談会ではその可能性や具体策についても意見交換が行われた。

**
中国産業発展促進会副会長の李小軍氏は座談会で、「近年、中国は健康や保養といったテーマを非常に重視している。8月5日、国務院弁公庁は21部門・委員会からなる養老サービス部門間合同会議の設立を許可する文書を発した。同文書は「この合同会議は公章を持たず、公式通達も出さない」としており、これは重要なシグナルでもある。この措置により、国内外の先進的医薬や技術の中国における応用が大きく後押しされることになるだろう。協会では中日の専門家に対し交流と協力の場を提供し、国民の健康に役立つプロジェクトが実施され、技術が応用されるよう促していく」と述べた。
**

アルツハイマー病は最もよくみられる認知症タイプで、認知症の60%以上を占めるという。

中国のアルツハイマー病患者はすでに1千万人以上と、世界最多となっており、しかも年間30万人以上のペースで増えているという -Record China(提供/人民網日本語版・編集/AK)

*-*

| | コメント (0)

2019年7月16日 (火)

「手足口病」流行拡大・過去10年で最多 2019年07月16日

**
※- 「手足口病」流行拡大・過去10年で最多に 2019年07月16日

主に幼い子どもが感染し、手足や口に発疹ができる「手足口病」の流行が拡大しています。

患者数はこの時期としては過去10年で最も多くなっており、国立感染症研究所は今後ピークを迎える可能性が高いとして、手洗いなど、予防を徹底してほしいと呼びかけています。

「手足口病」は、手や足、それに口の中などに発疹ができるウイルス性の感染症で、幼い子どもではまれに脳炎などの重い症状を引き起こすことがあります。

国立感染症研究所によりますと、今月7日までの1週間に、全国のおよそ3000の小児科の医療機関から報告された患者数は3万1065人で、1医療機関当たりでは9.79人となりました。

この時期としては過去10年で最も大きな流行となっています。

都道府県別では、福井県で=31.13人、石川県で=26.76人、香川県で=17.11人、三重県で=17.05人、滋賀県で=16.41人、などとなっていて、流行の中心がこれまで最も多かった九州地方から、中部地方など東に移ってきています。

流行は、今後1週間から2週間でピークを迎える可能性が高いということで、国立感染症研究所の藤本嗣人室長は「特に幼い子どもがいる家庭や保育園などでは、オムツの適切な処理やこまめな手洗い、それにタオルを共有しないなど予防を徹底してほしい」と呼びかけています。

< 都道府県別の患者数 >

各都道府県ごとの1医療機関当たりの患者数は次のとおりです。(冒頭の全国地図の具体的なデータです)(全国の1医療機関当たりの患者数は9.79人です)

北海道 1.86人
青森県 3.83人
岩手県 1.83人
宮城県 2.64人
秋田県 0.43人
山形県 6.27人
福島県 15.66人
茨城県 12.41人
栃木県 5.83人
群馬県 4.83人
埼玉県 11.03人
千葉県 14.22人
東京都 9.72人
神奈川県 10.31人
新潟県 11.11人
富山県 13.28人
石川県 26.76人
福井県 31.13人
山梨県 4.08人
長野県 3人
岐阜県 8.08人
静岡県 7.7人
愛知県 9.76人
三重県 17.05人
滋賀県 16.41人
京都府 11.21人
大阪府 8.78人
兵庫県 15.19人
奈良県 9.32人
和歌山県 10.3人
鳥取県 16.21人
島根県 9.91人
岡山県 9.65人
広島県 7.92人
山口県 15.57人
徳島県 5.09人
香川県 17.11人
愛媛県 10.84人
高知県 16.07人
福岡県 13.1人
佐賀県 12.35人
長崎県 8.93人
熊本県 10.42人
大分県 6.39人
宮崎県 2.33人
鹿児島県 5人
沖縄県 1.38人

*-*

| | コメント (0)

2019年6月25日 (火)

「手足口病」この時期として過去10年で最多 2019年06月25日

**
※- 「手足口病」この時期として過去10年で最多 2019年06月25日

20190625

6月25日、NHK website ー:主に幼い子どもが感染し、手足や口に発疹ができる「手足口病」の患者数が、この時期としては過去10年で最も多くなり、国立感染症研究所は特に幼い子どものいる家庭では、こまめに手を洗うなど予防を徹底してほしいと呼びかけています。

「手足口病」は、手や足、それに口の中などに発疹ができるウイルス性の感染症で、主に幼い子どもが感染します。

まれに脳炎などの重い症状を引き起こすことがあり、例年、夏場に患者数が最も多くなります

国立感染症研究所によりますと、今月16日までの1週間に、全国およそ3000の小児科の医療機関から報告された患者数は1万2700人余りと、前の週から3800人余り増えました。

1医療機関当たりの患者数は4.02人となり、この時期としては過去10年で最も多くなりました。

1医療機関当たりの患者数を都道府県別にみると、佐賀県で16.91人、福岡県で15.66人、鹿児島県で12.76人、大阪府で10.05人などと、九州地方のほか近畿地方の一部で多くなっています。

ことしは特に「コクサッキーA6」という型のウイルスが多く検出されていて、このウイルスが流行すると患者数が多くなる傾向がみられるということです。

国立感染症研究所の藤本嗣人室長は「感染しても症状がはっきり出ずにウイルスを排出する例もあり、特に幼い子どもがいる家庭などでは、オムツを適切に処理したり、こまめに手洗いをしたりするなどして、予防を徹底してほしい」と呼びかけています

*-*

| | コメント (0)

«防水スプレーの危険性 2019年