2018年5月26日 (土)

『カボチャ』 など 「ウリ科の野菜」、苦味に毒 2018年05月26

**
※- 『カボチャ』 など 「ウリ科の野菜」、苦味に毒 2018年05月26日

ズッキーニ・ウリ科カボチャ属 カボチャ・ウリ科・カボチャ属

ウリ科ズッキーニカボチャ食中毒脱毛・初の症例報告

 

5月26日、【AFP=時事】 『苦みのある・カボチャなどの 『ウリ科植物』 は強い毒性を持っていることがあり、脱毛症の原因にもなり得るとする論文が米国医師会(AMA)の雑誌「JAMA皮膚科学(JAMA Dermatology)」の 2018年05月号 に掲載された。

 

論文では、苦いカボチャを食べた女性2人が食中毒になり、その後、体毛が抜けた症例が報告されている。

 

フランスの皮膚科医フィリップ・アスリー(Philippe Assouly)氏は特異な2つの症例を報告し、ありふれた植物が持つ毒性と、脱毛症の間に存在するこれまで知られていなかった関係を明らかにした。

 

1人目の患者はフランスの女性で、苦みのあるカボチャスープを食べた直後に吐き気を覚えて嘔吐と下痢が1日程度続き、1週間後に 頭髪 陰毛が抜け始めた。

 

アスリー氏の論文によれば女性の家族も同じ食事を取ったが女性より少ない量のスープしか飲んでおらず、食中毒の症状は出たものの脱毛症には至らなかったという。

 

2人目の患者も女性で、ウリ科の野菜が入っている食事をしたところ激しい嘔吐を伴う食中毒の症状が出た。

 

一緒に食事をしていた人たちはこの野菜が苦かったため、この野菜を食べなかった。

 

この女性は約3週間後に頭髪がかなり抜け落ち、脇や陰部も重度の脱毛症状を起こした。

 

ウリ科の植物食中毒で脱毛確認されたのはこれらの事例が初めて

 

ウリ科の植物は有毒で苦みのあるククルビタシンという成分を含んでいる場合がある。

 

この苦みはウリ科の栽培植物では品種改良によって取り除かれているが、昆虫によって栽培品種が他花受粉し、野生や観賞用の植物と交雑することがある。

 

アスリー氏はAFPに対し「ウリ科の苦みは一種の警告だと受け止めるべきだ」として、「子どもに残さず食べるよう強いるべきではない」と述べた。

 

アスリー氏によれば、3年前にドイツでズッキーニが入ったシチューを食べたことによるククルビタシン中毒で1人が死亡している

 【翻訳編集】  AFPBB News

*-*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月23日 (月)

『ギラン・バレー症候群』・免疫抑制の薬 2018年04月23日

**
※- 『ギラン・バレー症候群』・免疫抑制の薬 2018年04月23日

重症患者の70%余が回復


4月23日、NHK website -: 急に手足の筋力が低下して後遺症が出るおそれがある病気「ギラン・バレー症候群」の治療で、従来の方法に加えて免疫の働きを抑えるとされている薬を投与すると重症患者の70%余りが回復したという研究結果を千葉大学などがまとめました。

ギラン・バレー症候群は、かぜや下痢など感染症の症状が出たあと、急に手足の筋力が低下する病気で、細菌やウイルスに感染したことをきっかけに、体内で作られた抗体が誤って自分の神経を攻撃することが原因と見られています。

血液製剤などを投与するこれまでの治療法では、患者の20%ほどにまひなどの後遺症が出ることが課題となっていました。

千葉大学医学部附属病院など全国13の医療機関で作る研究グループは、発症から2週間以内の重症患者34人を対象に、従来の治療法に加えて「エクリズマブ」という薬を投与した際の効果を調べる臨床試験を行いました。

エクリズマブには免疫機能の一部を抑制する効果があるとされ、半年後には、投与した患者の74%が走れるようになり、ほぼ後遺症がなかったということです。

千葉大学医学部附属病院の桑原聡教授は「新たな治療法の可能性を確認できた。さらに研究を進めて、実際に医療の現場で利用できるようにしたい」と話しています。

≪ 国内で年間1400人が発症 ≫

ギラン・バレー症候群は、手や足などの神経に障害が起きる病気で、急にしびれや脱力などの症状が出て、重症の場合、呼吸不全を起こすケースもあります。

細菌やウイルスに感染したことをきっかけに、体内で作られた抗体が誤って自分の神経を攻撃することが原因と見られ、国の研究班の調査では国内で年間1400人ほどが発症しているということです。

症状が治まれば再発は少ないということですが、血液製剤などを使った従来の治療法では患者のうち20%近くに後遺症があり、発症直後に神経へのダメージをいかに抑えるかが課題となっていました。

千葉県内に住む69歳の女性は、26年前に40度近くの高熱が出たあと手足に力が入らなくなり、1週間ほどで首から下が動かなくなりました。

リハビリを続けた結果、手すりなどにつかまって歩けるようになりましたが、今でも移動の際には車いすなどが必要で、早期の診断と適切な治療の重要性を訴えています。

女性は「自分が発症したときにはリハビリしかありませんでした。若い人でも発症することがあると聞いているので、新しい治療法ができれば、すばらしい」と話しています

*-*

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年4月 8日 (日)

『ヒノキ花粉』が急増・記録的飛散 2018年04月08日

**
※- 『ヒノキ花粉』が急増・ 都内で記録的飛散 2018年04月08日

2018年04月08日・ヒノキ花粉

NHKの動画リンクは、数日で削除される事が多いです
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180408/k10011394841000.html?utm_int=news_contents_news-main_006

4月08日、NHK website -:今年の花粉症は「長くて、つらい」と感じている方、多いのではないでしょうか。

その原因が、スギ花粉の後、ピークを迎える『ヒノキ花粉』の記録的な多さです

東京都が観測している12の地点のうち9つの地点で、先月下旬、1日の飛散量としてはこれまでで最も多い量が観測されていたことがわかりました。

専門医は、体の不調を感じる人は医療機関を受診するよう呼びかけています

*-*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月13日 (火)

肝臓の細胞”若返り”に成功 2018年03月13日

**
※- 肝臓の細胞”若返り”に成功 2018年03月13日

20180313

治療法開発につながる可能性

3月13日、NHK website -: ヒトの肝臓の細胞を特殊な化合物を使って肝臓の元となる細胞に変化させることに国立がん研究センターのグループが成功し、将来的に重い肝臓病の新たな治療法の開発につながる可能性がある成果として注目されます。

国立がん研究センターのグループは、ヒトの肝臓の細胞に2種類の特殊な化合物を加えることで、肝臓の細胞の元になる「肝前駆細胞」に変化させることに成功したということです。

この肝前駆細胞は培養して大量に増やすことができ、肝臓の細胞が傷ついたマウスに注入したところ、2か月ほどで傷ついた細胞のほとんどが注入した肝前駆細胞から変化した肝臓の細胞に置き換わったということです。

グループによりますと、ヒトの肝臓の細胞を化合物で肝前駆細胞に変化させたのは世界で初めてだということで、今月開かれる日本再生医療学会で発表することにしています

国立がん研究センターの落谷孝広分野長は「操作はとても簡単で、将来的には重い肝臓病の新たな治療法の開発につながる可能性がある」と話しています

*-*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 9日 (金)

マダニ媒介の感染症・前年比1.5倍 2018年03月08日

**
※- マダニ媒介の感染症・前年比1.5倍 2018年03月08日

2018年03月08日・マダニ媒介=1.5倍

3月08日、NHK website -: マダニ が媒介する SFTS「重症熱性血小板減少症候群」と呼ばれる感染症を発症したとして報告された去年の全国の患者数は= 89人と、前の年のおよそ= 1.5倍となり、この5年で最も多かったことが国立感染症研究所のまとめでわかりました

SFTS=「重症熱性血小板減少症候群」は、主に原因となるウイルスを持つマダニにかまれることで感染し、発熱や下痢などの症状が起きて、国内での 致死率 はおよそ= 20% に上るとされています。

国立感染症研究所のまとめによりますと、去年、SFTSを発症したとして全国から報告された患者の数は= 89人 と、前の年のおよそ 1.5倍 となり、統計をとっているこの5年で最も多くなりました。

都道府県別では、宮崎県で=13人 と最も多く、次いで山口県で= 12人、長崎県と鹿児島県で= 11人と西日本を中心に20府県から報告されました。

また、初めて大阪府と福井県で患者が報告されたほか、SFTSが、からヒトに感染した例も初めて報告されました。

国立感染症研究所の西條政幸部長は「 SFTS を疑って診断する医師が増えたことに加え、マダニ の活動も活発だった可能性がある。 これから登山や農作業などで草むらに入る人が増える季節になるが、長袖長ズボン を着用するなど マダニ にかまれない対策を十分にしてほしい」と話しています

*-*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«“ヒルドイド” 処方規制見送り・確認強化へ 2018年01月28日