2018年9月29日 (土)

『産後・うつ病』・出産後1年未満の自殺が最多 2018年09月05日

**
※- 『産後・うつ病』・出産後1年未満の自殺が最多
 2018年09月05日

9月05日、出産した後、1年未満の間に自殺した女性はおととしまでの2年間に少なくとも92人いた、国立成育医療研究センターの調査で初めてわかりました。

出産後1年未満の女性の死因では最も多く、専門家は、多くが産後のうつが関係しているとみて、母親の支援体制を充実させることが必要だとしています。

出産した後、女性は体調や生活リズムが大きく変化することなどで10人に1人の割合でうつになると指摘されていますが、自殺にまで至るケースがどれくらいあるのか、実態はわかっていませんでした。

国立成育医療研究センターのグループは、一昨年(おととし)までの2年間のデータを使って、出産後1年未満に死亡した女性の死因を調べた結果、自殺が92人と最も多く、次いで、がんが70人、心疾患が24人と続きました。

自殺のあった時期では、出産後1か月ですでに10人に上り、1年を通して起きていたほか、年齢別にみると、35歳以上で自殺に至る割合が高くなっていました。

グループによりますと、出産後の女性の自殺の実態が明らかになるのは初めてで、多くが産後のうつなどが関係しているとみています。

産後のうつの対策をめぐっては、国は昨年度から、出産まもない母親の心の問題を含めた健康状態を把握する取り組みを支援する制度を始めましたが、初年度に実施した自治体は4%にとどまっていて、国立成育医療研究センター研究所の森臨太郎部長は「自殺の背景にある産後のうつのリスクの高い人を早期に見つけて支援につなげることが必要で、早急に対策を実施していくことが大切だ」と話しています。

< 調査の結果 >

今回の調査は、国の人口動態統計を活用し、一昨年までの2年間の出生票や死亡票などのデータを突き合わせて、自殺と考えられるケースを選び出して分析しました。

その結果、自殺した時期について、出産後、
1か月は10人、
2か月は6人、
3か月と4か月は10人、
5か月は4人、
6か月は8人、
7か月は9人、
8か月は10人、
9か月は13人、
10か月は7人、
11か月は4人、
12か月は1人と
1年を通して起きていました

また、10万件の出産のうち自殺した母親の割合をみると、
20歳未満が=4.3、
20歳から24歳が=4.2、
25歳から29歳が=2.5、
30歳から34歳が=3.6、
35歳から39歳までが=8.0、
40歳以上8.335歳以上で高い傾向を示しました。

さらに、出産回数でみると、
1人目が=6.4
2人目が=3.2、
3人目が=2.3、
4人以上が=4.2となり、初産の女性で高い傾向がありました。

このほか、今回の研究では妊娠中の自殺が3人、死産後の自殺が7人いたこともわかったということです。

< 産後の、うつ病は >

産後の、うつは体調や生活リズムなどが大きく変化することなどで起き、育児不安やストレスなどに加え、過去にうつ病になったことがあることや、妊娠中からの強い不安、それに、家族からのサポートの不足などもリスクを高める要因になると考えられています。

専門家や関連する学会のガイドラインによりますと、不眠や食欲の低下、それに興味や喜びといった感情の喪失などが特徴で、母親としての責務が果たせるのかといった自責の念が現れることもあります。

症状が重くなると自殺の危険があるほか、将来的な育児放棄や虐待につながることもあるとされています。

10人に1人ほどの割合で発症すると言われていて、必ずしも早期に見つける体制が十分ではなく、課題になっています。

妊産婦の自殺の実態や産後の、うつとの関連などについては、これまで東京23区で調査が行われたことがありますが、全国的な実態はわかっていませんでした。

国は新たな自殺総合対策大綱を去年取りまとめるなどして、産後の、うつに対してはリスクの高い人を早期に見つけて支援につなげることが必要だと指摘しています。

< 専門家・リスクがある人の早期発見が重要 >

妊産婦の自殺を防ぐためには、今後、どのような対策を行っていくべきなのか。

国立成育医療研究センター研究所の森臨太郎部長は、重要なポイントの1つは、産後の、うつのリスクがある人の早期発見だとしています。

そのうえで、現状では昨年度から国が始めた取り組みが自治体や国民に十分に浸透していないとして、自治体などへの周知を進めるべきだと指摘しています。

また、改めて出産は体の問題だけでなく、心の健康の確保も重要であるという認識を持ち、母親が遠慮なく助けを求めたり、関係者がその情報を迅速に共有できたりする仕組み作りを充実させるべきだとしています。

さらに、将来的には、今回の研究のような自殺件数の把握に加え、詳細な原因まで追跡できるデータベースを作り、データの分析からその時々の有効な対策が打てるようにしていくべきだとしています。

< 産後の、うつ病で苦しむ母親 >

神奈川県内に住む40代の女性は一昨年、第一子となる長女を出産しました。
初めての子育てで協力者は夫のみという環境でしたが、それでも「しっかり育てたい」と子育てに向き合っていたと言います。

すると、産後3週間を過ぎたころから、心身の不調を感じ始めます。

体に加え、心も休まらずこれ以上心身がもたないと感じ、「子どもを育てる自信がない。私には無理なのかもしれない。死にたいほど苦しい」と思い悩むようになりました。

不眠や食欲不振にも襲われ、思い描いていたような母親になれていないと感じ、気分が沈んで外出も避けるようになりました。

さらに、室内でも、スマートフォンで子育ての情報を調べるたびに、周囲の母親のいきいきとした育児の様子が目に入って落ち込む日々が続き、夫に「死にたいほどつらい」と漏らす日もあったと言います。

産後3か月目に受診した病院で、医師が下した診断は産後の、うつ病でした。

夫が早めに帰宅するなどして協力して子育てを行い、症状は落ち着いているものの、現在も睡眠導入剤などの5種類の薬の服用を続けています。

女性は「いちばん症状が重いときは暗い中を歩んでいる感じでした。うつうつとしていて、ほかのお母さんのように子育てもできず、生まれてきてくれた子どもや夫にも心配をかけて本当に申し訳ないという気持ちでした。ただ、その状態でも子どもを残していなくなるわけにもいかず、産後の母親は本当に逃げ場がないと感じていました」と話していました

*-*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 6日 (木)

高齢者の『てんかん発症増加』 2018年09月05日

**
※- 高齢者の『てんかん発症増加』 2018年09月05日

医師会が無料検診 東京都 大田区

9月05日、NHK website -:突然、発作を起こして意識を失うこともある「てんかん」について、高齢者が発症するケースが増えているとして、東京・大田区の医師会が病気を見過ごさないよう無料の検診を始めました。

「てんかん」は、突然発作を起こして意識を失うこともある慢性の脳の疾患で、子どもだけでなく高齢者が発症するケースが増えているとされています。

しかし、けいれんを伴わず物忘れ言語障害など目立たない症状が多く、認知症と間違われるなどして、病気が見過ごされやすいと指摘されています。

病気を発見し治療薬を服用すれば多くの場合、症状が改善するため、大田区の3つの医師会はことし7月から、高齢者を対象にした無料の認知症検診にてんかんのチェック項目を加えました。

「動作が止まることがある」 、「何をしていたか覚えていないことがある など、てんかんの患者によく見られる症状が起きていないか確認しています。

「てんかん」の疑いがある場合には、医療機関で詳しい検査を受けるように勧めます。

医師会によりますと、こうした取り組みは全国でも珍しいということです。

蒲田医師会の高瀬義昌理事は「隠れている『てんかんの患者』を見つけ出し、うまく治療にのせて行きたい」と話していました。

また、静岡県熱海市にある国際医療福祉大学熱海病院でも、今月から人間ドックにてんかんを見過ごさないための脳波などの検査を新たに加えることにしています。

< 交通事故につながるケースも >

高齢者の「てんかん」が見過ごされることで、交通事故につながるケースがあることもわかってきました。

香川県高松市に住む光本和代さん(71)は4年前、買い物帰りに車を運転していて道路を横断する歩行者に衝突し、大けがをさせました。

光本さんは事故を起こしたことに気付かずそのまま走り去り、ひき逃げなどの疑いで逮捕されました。

その後の検査で、「てんかん」を発症していたことがわかり、裁判では「意識障害が生じていたため、事故を認識していたとは認められない」として無罪になりました。

光本さんは事故を起こす数年前から時々ぼーっとしたり、口の中に違和感を感じたりすることがあり、複数の病院を受診しましたが、いずれの病院でも「異常なし」と診断されていました。

光本さんは「てんかん」の治療薬を服用し始めると、症状が改善したということです。

光本さんは「いくつもの病院を訪ねたが異常なしと言われるばかりで、不安な思いでいたやさきに事故を起こしてしまった。ほかにも自分と同じように病気が見過ごされている人がいると思われるが、事故は自分だけでなく、全然関係ない人まで巻き込んでしまうので、早期に発見して治療を受け事故を防いでほしい」と訴えていました。

こうした「てんかん」による高齢者の事故について調査している医師がいます。

仙台市にある広南病院の大沼歩医師は、過去に診察した50歳以上の患者のうち、車を運転している81人について詳しく分析しました。

その結果、およそ4割にあたる33人が「てんかん」の治療を受ける前に、運転中に発作を起こしていたことがわかりました。

そして、そのうちの半数の16人は前の車に追突したり、路肩に衝突するなどの事故を起こしていたということです。

大沼医師はこうした事故も、「てんかん」を見過ごさず、適切に治療をしていれば防げたと考えています。

大沼医師は「高齢の『てんかん患者』は治療薬が効きやすく発作が抑えられるので、医療機関が早期に発見し治療を進めることが大切だ。自覚症状がない場合も多いので周囲の人の気付きも重要だ」と話していました。

< 認知症と間違われ治療が遅れた高齢者も >

「てんかん」を発病した高齢者の中には、一時、認知症と診断されて治療が遅れた人もいます。

札幌市に住む羽山潔さん(85)は70歳を超えてから突然、倒れ込んだり、物忘れをしたりするようになりました。

羽山さんの当時の手帳やノートには「数分間と思われる記憶喪失が年に数回ある」、「カラオケサークルの新年会で歌っている最中に一瞬意識を失った」などと記されています。

羽山さんは一時、認知症と診断され2年近く治療薬をのみ続けましたが、症状は改善しませんでした。

その後、別の病院で脳波の検査を受け、てんかんを発病していることがわかり、治療薬を服用すると症状がよくなったといいます。

羽山さんは「当時は突然意識を失うのが不安で、趣味のカラオケや社交ダンスも中断して外出を控えていましたが、今は発作もなく、趣味も再開し、安心して生活しています」と話していました。

羽山さんを診察し、高齢者の「てんかん」に詳しい旭川医科大学の千葉茂教授によりますと、高齢になってから発症する「てんかん」の発作は、物忘れをしたり、ぼーっとしたりすることが多く、家族から認知症と疑われたり、医療機関で誤診されるケースがあるということです。

千葉教授は国内にいる高齢者の「てんかん患者」は50万人を超えると推計していて、「誰でもかかりうる身近な病気であり、早期に診断して的確な治療につなげることが大切だ」と話しています

*-*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 3日 (金)

夏かぜ「ヘルパンギーナ」患者数警報レベル 2018年08月03日

**
※- 夏かぜ「ヘルパンギーナ」患者数警報レベル 2018年08月03日

2018年08月03日・ヘルパンギーーナ

幼い子どもがかかりやすく、一般に夏かぜと呼ばれる感染症の「ヘルパンギーナ」の患者数が山形県新潟県、それに静岡県で警報レベルを超え、専門家は手洗いなど感染予防の対策を徹底するよう呼びかけています。

 

「ヘルパンギーナ」は幼い子どもがかかりやすく、夏に患者が増えることから一般に夏かぜとも呼ばれるウイルス性の感染症で、38度を超える発熱や、口の中に水ぶくれができるなどの症状が特徴です。

 

国立感染症研究所が先月22日までの1週間に、全国のおよそ3000の医療機関からの報告をまとめたところ、1医療機関当たりの患者数が、山形県で8.33人、静岡県で7.48人、新潟県で6.63人と国の警報基準である6人を上回りました。

 

また、同じように、夏かぜの一つとされ、口や手足に発しんなどが出る「手足口病」も、5月上旬から大幅に患者数が増えていて、特にことしはウイルスのタイプから重い症状を引き起こすおそれがあるとして、手洗いを十分に行うほか、手を拭くタオルを共有しないなど感染予防の対策を徹底するよう呼びかけています。

 

国立感染症研究所感染症疫学センターの藤本嗣人第4室長は、「例年と比べて特別に大きな流行になる兆しはないが、患者数は増えていて、子どもが集まる施設や幼い子どもがいる家庭では注意してほしい」と話しています

*-*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月10日 (火)

アニサキス症に『正露丸』 2018年07月09日

**
※- アニサキス症に『正露丸』 2018年07月09日

正露丸・大幸薬品 が 痛み緩和で特許

アニサキス症に正露丸 大幸薬品が痛み緩和で特許

20180709

アニサキス症 の 症状を和らげるという 正露丸 

   
正露丸の製造販売元である大幸薬品(大阪府、柴田高社長)は2014年、アニサキスの活動を抑える効果があるとし、正露丸の主成分・
木クレオソートの活用に関する特許を取得した。

大きな波紋を呼んだ昨年(2017年)のアニサキス騒動。

水産業界内では「騒ぎすぎ」との声が大半を占める中、「正露丸をのめば大丈夫」と言う業界関係者もいる。

木クレオソートはアニサキス症用薬剤としては「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」(薬機法)で認められていないため、用途として表向きにはうたえない。ただ活用に関する特許は取得している。

木クレオソートは = ブナマツ などの原木から得た木タールを精製した液体。

腸内細菌のバランスに影響を及ぼすことなく、腸の調子を整えることができる。

同社は木クレオソートについて、アニサキス症の予防・症状改善のための薬剤としての活用に関する特許(特許第5614801号)を取得している。

特許には、木クレオソートを用いたアニサキス症回復例を明示。

関本貢嗣氏ら「木クレオソート含有医薬品(正露丸)が効果を示したアニサキス症の2症例」(”ドイツ医学誌Hepato-Gastroenterology vol.58“に掲載)によると、アニサキス症が疑われた患者が服用すると、鋭い腹痛1~2分 で消失した。

患者から動きがないアニサキス幼虫が見つかり、アニサキス症と診断。処方箋なく回復した。

木クレオソートには、食事中または食後の服用で、症状が軽減されたり、起こさなかったりと、アニサキス症の発症予防を期待する報告もある。

胃アニサキス症などを発症して内視鏡摘出が必要になった場合に木クレオソートを含む正露丸を服用すると、
アニサキスの動きが鈍くなって痛みが和らぐ他、摘出が容易になる。

正露丸の薬機法上の効能は、軟便、下痢、食あたり、水あたり、吐き下し、くだり腹、消化不良による下痢、むし歯痛。同社は、用法用量通りの服用、様子を見て医療機関での受診を勧める。

*-*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 9日 (月)

警戒:中国広州市当局が外来昆虫「サシガメ」の捕獲に懸賞金 2018年07月07日

**
※- 警戒中国広州市当局が外来昆虫 「サシガメ」 の捕獲に懸賞金 2018年07月07日

20180707recordchina_

7月09日、
Record China -:中国メディアの観察者によると、広東省広州市疾病予防控制中心(予防コントロールセンター)は5日、市内全域の住民に向け、南米の風土病で全世界への拡大が懸念さえているシャーガス病を媒介するとして、サシガメ という 昆虫の捕獲に8元(約133円)の賞金を支払うと発表した。

シャーガス病「新型エイズ」とも呼ばれるという。

シャーガス病は中南米を中心に全世界で600万~700万人が感染している伝染病。媒介するのはサシガメという昆虫で、感染してから十数年、長い場合には30年近くも発症せず、いったん発症するとリンパ節・肝臓・脾臓の腫脹、筋肉痛、心筋炎、さらに心肥大や心臓の破裂、脳脊髄炎など重篤(じゅうとく)な病状を引き起こす。

シャーガス病の名は、1909年にこの病気を初めて発見したブラジル人医師/研究者のリベイロ・ジュスティニアーノ・シャーガスにちなむ。従来は南北米大陸だけに見られた病気だったが、近年は世界各地に広がることが懸念されている。

また、シャーガス病はヒトだけでなく哺乳類の多くが感染する人獣共通感染症だ。病原体は原虫であるクルーズトリパノソーマ。

媒介となるサシガメは実際にはサシガメ科の昆虫の総称で、南米原産の約90種のサシガメのうち、約50種からシャーガス病の病原であるクルーズトリパノソーマが検出された。

ヒトへの感染を引き起こす危険が高いのは家屋に住む場合がある 『ブラジル・サシガメ』 『メキシコサ・シガメ』『ベネズエラ・サシガメ』 『アカモン・サシガメ』4種と考えられている

観察者はシャーガス病について、感染の発見が難しく、予防ワクチンが存在せず、発症して症状が進行した場合には有効な薬がないと紹介。

そのため「新型エイズ」と表現する専門家もいるという。

広州市疾病予防コントロールセンターによると、市内の多くの地区でサシガメの可能性がある昆虫を見たり、可能性がある昆虫に刺される事例が発生している。

2016年には広東省仏山市で、ヒトがサシガメに刺されたと確認された事例があるという  (翻訳・編集/如月隼人)

*-*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«梅毒患者、増加の一途 2018年06月27日