2019年3月 6日 (水)

iPS細胞から角膜移植 2019年03月05日

**
※- iPS細胞から角膜移植 2019年03月05日

条件付きで了承、国の部会

3月05日、NHK website -: iPS細胞から作った目の角膜の組織を患者に移植して、視力を回復させる大阪大学などの臨床研究が国の部会で条件付きで了承されました。

iPS細胞を使った角膜の再生医療は世界で初めてで、角膜移植を待つ患者の新たな選択肢になるか注目されます。

厚生労働省の部会で了承されたのは、大阪大学西田幸二教授らのグループが計画している臨床研究で、角膜が濁って視力が大きく低下し、失明することもある「角膜上皮幹細胞疲弊症」の患者4人にiPS細胞から作ったシート状の角膜の組織を移植し、1年間、安全性と有効性を確認します。

国の部会は5日、計画について審議し、患者4人のうち2人が終わった段階で国の部会に報告することなどを条件に了承しました。

iPS細胞を応用した角膜の再生医療は世界で初めてで、臨床応用に向けた国の手続きが終わったのは目の網膜の難病やパーキンソン病、それに重い心臓病などに続いて6件目です。

計画では元になるiPS細胞は京都大学で保管されているものを使い、数百万個の細胞で角膜の組織を作る計画で、拒絶反応を抑える免疫抑制剤については2例目までは使用して、その後は状況をみて、使用するか検討することにしているということです。

グループは今後、対象となる患者を選定し、早ければことし6月から7月ごろには1例目の移植を行いたいとしています。

厚生労働省によりますと、角膜の移植はアイバンクに事前に登録した人などが亡くなったときに角膜を提供してもらい行っていますが、提供者が減っていて、去年3月の時点で角膜の移植を待つ人の数は全国で1600人余りいるということです。

グループでは、安全性と有効性が確認できれば対象となる病気を広げていきたいとしています。

西田教授は「ここからがスタートで、安全に迅速に臨床研究を行い、早く標準的な治療になるよう実施していきたい。角膜移植では角膜を提供してくれるドナーが不足しており、補うような役割を果たせればと思っている」と話していました。

臨床研究計画と角膜移植の現状

今回の臨床研究の対象となるのは「角膜上皮幹細胞疲弊症」と呼ばれる病気で、角膜の最も外側にある「角膜上皮」と呼ばれる組織が病気やけがなどで傷ついて白く濁り、視力が低下するほか、悪化すると失明することもあります。

国内の患者数は500人ほどと推定されていて、現在は主に亡くなった人から提供された角膜を移植することによって治療が行われています。

今回の臨床研究の計画ではiPS細胞を使ってシート状の「角膜上皮」を作り、4人の患者に移植する計画です。

「日本アイバンク協会」などによりますと、角膜を提供するために事前に登録している人の数は平成4年に7万人余りいましたが、去年3月の時点では、およそ1万人に減少しています。

角膜を提供した人は年間およそ850人になのに対して、さまざまな角膜の病気で移植を待つ人は1600人以上いて、すぐには移植を受けられないことが課題になっているということです

*-*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月29日 (火)

インフル新薬「ゾフルーザ」に『耐性持つウイルス』 2019年01月29日

**
※- インフル新薬「ゾフルーザ」『耐性持つウイルス』 2019年01月29日

2019年01月29日・インフル薬耐性菌

1月29日、NHK website -: 去年から販売がはじまった「新しいインフルエンザの治療薬『ゾフルーザ』 」 について、この薬が効きにくく変化した耐性ウイルスが検出されたことが国立感染症研究所の調査で明らかになりました。

専門家は耐性ウイルスには不明な点があることから十分に検討して使用すべきだと話しています。

治療薬「ゾフルーザ」 児童2人から耐性ウイルス検出

インフルエンザ治療薬の「ゾフルーザ」という名前で販売されている、「バロキサビルマルボキシル」は、去年3月に販売が始まったばかりで、これまでよりも少ない1回の服用で効果が期待できるとされています。

国立感染症研究所が定期的に行っているインフルエンザの調査で、先月、この薬を使った小学生2人から薬が効きにくく変化した耐性ウイルスが検出されたということです。

耐性ウイルスはこの薬の効果が大幅に低下していましたが、ほかの4つのインフルエンザ治療薬は効果があったということです。

この耐性ウイルスに病原性があるかなど詳しい性質はわかっていないということです。

「ゾフルーザ」を製造する塩野義製薬が国の認可を受けるために行った臨床試験では、成人では9%余り、12歳未満の子どもでは23%余りで耐性ウイルスを検出したということです。

また、耐性ウイルスが検出された患者は、発熱などの症状が出る期間が一般の患者よりも成人では13時間余り長くなったとしています。

製造する会社「現在解析行っている」

塩野義製薬は「薬を使うことでウイルスが耐性を持つことは認識しており、このウイルスが病原性があるのかどうかなど現在解析を行っている。今後、詳細がわかり次第、速やかに情報を公表していきたい」とコメントしています。

医師「非常に大きなメリット 十分検討して使用を」

日本感染症学会のインフルエンザ委員会の委員を務めるけいゆう病院の菅谷憲夫医師は「この薬は1回の服用で効果が出るなど、非常に大きなメリットがある。一方で、耐性ウイルスが出やすく、変化したウイルスにどのような病原性があるかなど性質には不明な点があることから十分に検討して使用すべきだ」と話しています。

日本では5種類の薬

日本で認可されているインフルエンザ治療薬は「ゾフルーザ」のほか、タミフルなど従来から使われている4種類の薬の合わせて5種類あります。

タミフルなど従来のインフルエンザの治療薬は、細胞の中で増えたウイルスが、細胞の外に出ることを妨げることで効果を発揮します。

一方、ゾフルーザはウイルスが細胞の中で増えることを妨げる薬です。

タミフルは1日2回、5日間服用するほか、薬を吸入して使うリレンザも1日2回、5日間使用するとされています。

ゾフルーザはウイルスの増殖を抑えるため1回の服用ですみ、医療現場ではその使いやすさが評価されています。

しかし、『ゾフルーザ を製造する塩野義製薬が国の認可を受けるために行った臨床試験では、成人の=9.7%、12歳未満の=23.4%に耐性を持つウイルスが検出されたという結果が報告されています。

また、耐性ウイルスが検出された患者は、発熱などの症状が出る期間が一般の患者よりも成人では13時間余り長くなったとしています。

国立感染症研究所の調査では、タミフルは耐性ウイルスが検出される割合が=1% から 2% ほど。。 リレンザ』 はこれまで耐性ウイルスが検出された報告はないとされていて、ゾフルーザは耐性ウイルスが出現しやすい傾向があると指摘されていました。

今回、検出された耐性ウイルスに対して、ゾフルーザの効果は大幅に低下していましたが、ほかの4つの薬は効果があったということです。

耐性ウイルスにはどのような病原性があるかなど、まだ不明な点が多く、国立感染症研究所や製薬会社などがウイルスの分析を進めていて、ゾフルーザについて専門家は、十分に検討して使用すべきだと話しています

*-*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月17日 (木)

新たな『がん患者』過去最多100万人近く 2019年01月17日

**
※- 新たな『がん患者』過去最多100万人近く 2019年01月17日

新制度で正確に集計

1月17日、NHK website -:国内で新たにがんと診断された患者は、平成28年の1年間でのべ100万人近くとなり、過去最多となりました。

新たな制度で把握した、これまでより正確な患者数だということです。

日本人の死因で最も多いがんについて、厚生労働省は研究などに役立てようと、医療機関に患者の情報の届け出を義務づけてデータベースで管理する「全国がん登録」という制度を平成28年から始めました

この制度で把握した患者数が初めて公表され、平成28年の1年間に国内で新たにがんと診断された人はのべ= 99万5132人でした。

別の制度によって把握された前の年の患者数と比べると10万人余り多く、過去最多となっています。

がんの種類別では、

男性で最も多いのが

胃がんで= 9万2600人、
前立腺がんが= 8万9700人、
大腸がんが= 8万9600人などとなっています。

女性で最も多いのは

乳がんで= 9万4800人、
大腸がんが= 6万8400人、
胃がんが= 4万1900人などとなっています。

厚生労働省は「今回公表したデータはこれまでより正確な実態を反映している。

これを分析することで、医療の質の向上やがん予防の推進につなげていきたい」と話しています

*-*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 7日 (月)

「おなかに優しい牛乳」中標津町:北海道 2019年01月07日

**
※- 「おなかに優しい牛乳」中標津町:北海道 2019年01月07日

20190107

1月07日、NHK、website -:北海道中標津町の農協が「おなかに優しい牛乳」として、消化されにくいとされる成分を含まない牛乳の販売を始めました。

この牛乳は、中標津町農協が「なかしべつ牛乳プレミアム」として先月発売しました。

農協によりますと、牛乳のたんぱく質の「ベータカゼイン」には消化されやすいものと、されにくいとされるタイプの2つがあり、一般的にはどちらも含まれるということです。

農協は、牛の遺伝子を調べて消化されにくいとされるタイプを含まないと判明したおよそ30頭の牛から搾乳し、農協の工場で週に200本ほど製造しているということです。

ニュージーランドなどではこうした牛乳はすでに普及しているということです。

中標津町農協の高橋勝義組合長は「少しずつ牛の頭数を増やして多くの人に飲んでもらえるようにしていきたい」と話しています

*-*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 4日 (火)

『意欠陥・多動性障害の子』・脳に共通の特徴発見 2018年12月04日

**
※- 『意欠陥・多動性障害の子』・脳に共通の特徴発見 2018年12月04日

12月03日、NHK website -:物事に集中できない『ADHD』「注意欠陥・多動性障害」の子どもの脳に共通して見られる特徴があることを福井大学の研究グループが発見し、将来的に正確な診断に応用できる可能性があるとしています。

ADHDは子どもの時に発症する発達障害の一つで、注意力を持続できないほか、落ち着きがないなどの症状が現れ、投薬や生活環境に配慮するなどの治療が行われますが、自閉症などほかの障害と症状が似ているケースがあり、正確な診断が課題になっています。

福井大学の友田明美教授のグループは、日本やアメリカなどでADHDと診断された男の子120人余りの脳の形態をMRIと呼ばれる装置で調べ、どのような特徴があるか調べました。

その結果、およそ7割のADHDの子どもの脳では、脳の前頭葉と呼ばれる部分にあり感情をつかさどると言われる「眼窩前頭皮質」と呼ばれる部分の厚みが増して表面積が小さくなるなど、脳のおよそ20か所で形態の特徴が見られたということです。

グループは、今回の『解析はAI人工知能』を使うことで発見できたとしていて、これまでの症状の観察と画像解析を組み合わせることで、将来的に正確な診断に応用できる可能性があるとしています。

友田教授は「今後さらに精度を上げ、正確な診断を支援できるシステムをつくっていきたい」と話していました

*-*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«『急性弛緩性麻痺』=手足がマヒ 2018年11月09日